和歌山大学岸和田サテライトのホームページ。和歌山大学の保有する高等教育機能を活用して、泉州・南大阪地域のニーズに対応した諸種の高等教育及び生涯学習・地域連携事業を実施しています。

ホーム  >  友の会  >  泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会(仮称)

泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会(仮称)

「 泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会(仮称)」の発足


2016年度に、岸和田サテライト10周年企画「GIS活用プログラム」が進められ、岸和田サテライトと岸和田サテライト友の会が、マッピング実行委員会を立ち上げ、1年間を通じてマッピングの取り組みを模索しながら進めました。

    

活動を通して、地図づくりの楽しさを知るとともに、まちの魅力や課題を再認識したり、「情報(データ)」の重要性を学んだりしてきました。
また、活動の延長上には、地域をより良くすることに少しでもつながることができるのではないか、ということにも気づき始めました。

2016年度「GIS活用プログラム」の総仕上げとして開催した、IODD「岸和田おーぷんでーたそん2017」は、自治体職員、大学教員、学校教員、地域住民など多くの方に参加いただきました。

1年間の活動を通じて、「このままこの活動を終わらせるのはもったいない」との思いから、岸和田サテライト友の会のメンバーが中心となり、マッピング実行委員会を発展的に解消し、新たな自主活動グループを立ち上げることとなりました。

そして、2017年4月に、「泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会(仮称)」が立ち上がりました。

活動の方針と内容

【活動の方針】
①ゆるく・息の長い取り組みをめざす
②マッピングパーティを進めながら、新たなメンバーを獲得する
③マッピングパーティを進めるとともに、オープンデータやGISに関連した学習・取り組みを進める

【活動の内容】
①月1回程度のマッピングパーティの開催
OpenStreetMap・LocalWikiの編集
②活動の記録化(ブログ・SNSの活用)
③オープンデータやGISに関する学習
④マッピングの活動を通じて、新たなつながりをつくっていく(他団体との連携等)

活動告知・報告

活動報告ブログ「泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会(仮称)」
Facebookページ「泉州らへんでオープンデータとGISを楽しむ会(仮称)」
LocalWiki「岸和田」「泉大津」