国立大学法人 和歌山大学

国立大学法人 和歌山大学

Contents

第2回公開研究会について

 今回の研究会は、古代あら現代に至る地形の変遷や万葉集、うつほ物語、源氏物語という古代の代表的文学に関する研究から和歌浦を考えるというものです。今回の公開研究会は、とくに所員以外の研究者の方々のご協力を得て開催の運びになったものですが、和歌浦に関する学術研究のいっそうの発展の契機になればと考えております。

******************************

報 告 水 田 義 一 (和歌山大学)  「和歌浦をめぐる地形と景観の変容」

     村 瀬 憲 夫 (近畿大学)     「万葉集和歌の浦玉津島の歌
                                             ―その「開放性」について―」

    三 木 雅 博 (梅花女子大学)   「平安前期宮廷文学と和歌の浦
                                             ―<吹上>の登場をめぐって―」

    金 田 圭 弘 (大阪府立大学)   「紫の上と和歌の浦とのつながり
                                             ―『源氏物語』若紫巻に詠まれた和歌の浦―」

*****************************

日  時  平成20年10月26日(日) 13::00〜17:00

場  所  和歌浦地区会館

入場無料   定員50名

主催 : 紀州経済史文化史研究所
協力 : 和歌山県教育委員会/和歌山市教育委員会