国立大学法人 和歌山大学

国立大学法人 和歌山大学

Contents

2009年度特別展について

 本年の特別展では、「紀伊半島からカリフォルニアへの移民」をテーマに、南カリフォルニアの漁港ターミナルアイランドの一角サンピードロへの移民者にまつわる品々を中心に展示します。1868(明治元)年、153名の日本人がハワイに渡ったのが、わが国の移民のはじまりとされています。その後、北米、カナダ、オーストラリア、ブラジル等世界各地に渡った人々がいます。
 本展示では、それから100年以上を経ていまや消失しつつある記憶を呼び覚ますと共に、移民者として苦労を重ね、今日世界で活躍する日本人の礎を築いた先人達の歴史を振り返ります。

<展示期間>
2009年11月16日(月)〜12月18日(金)
10:30〜16:00  ※16:00までにご来館ください。
休館/土・日・祝 ただし11月21日(土)・22日(日)は開館します。
<会場>
紀州経済史文化史研究所展示室 (附属図書館3階)

チラシPDF   チラシ2PDF      展示品一覧PDF

◆ 『展示・掲示コーナー』での展示


関連するイベント

シンポジウム
  「和歌山から世界への移民―先人の歴史を学び、新たな国際交流へ」

 日 時 2009年11月28日(土)  13:30〜
 会 場 フォルテ・ワジマ3階 フュージョンミュージアム ニット×トーイ  多目的ホール
 主 催 和歌山大学観光学部

 
ブラジル写真パネル展・虹の架け橋

      2009年12月5日(土)〜2010年1月24日(日)
      和歌山ビック愛 8階 和歌山県国際交流センター
 主 催 (財)和歌山県国際交流協会/和歌山県中南米交流協会/JICA大阪国際センター