国立大学法人 和歌山大学

国立大学法人 和歌山大学

Contents

2016年度 企画展(1)「和歌祭―茶屋小四郎が出した芸能(連尺・母衣・長刀振)―」について

平成28年4月12日(火)より、企画展「和歌祭―茶屋小四郎が出した芸能(連尺・母衣・長刀振)―」を開催しています。

茶屋小四郎は、徳川家の御用商人で呉服商の茶屋四郎次郎の四男で、和歌祭には30反の大母衣や長刀振りなど、人々をあっと驚かせる芸能を出していました。
またその兄弟たちも同様に御三家に仕え、尾張などでも母衣を出すなど現在に残る祭礼の風流(ふりゅう)を作り上げていきました。

本展ではこの茶屋家の祭礼への出資を中心に、祭礼とそのパトロンについて考える機会となればと考えています。


チラシ



**********
期 間 平成28年4月12日(火)〜5月27日(金)
    10:30〜16:00
会 場 紀州経済史文化史研究所展示室
閉館日 土・日・祝 および附属図書館閉館日
**********

≪関連イベント≫
○和歌祭御船歌練り歩き
日時:平成28年4月13日(水)12:30〜13:10
場所:和歌山大学シンボルゾーン〜附属図書館前
出演:唐舩御船歌連中

○和歌祭見学会
日時:平成28年5月15日(日)10:00〜
会場:紀州東照宮境内紀州研ブース



本展は、「平成28年度文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業」の一環として行うものである。