国立大学法人 和歌山大学

国立大学法人 和歌山大学

Contents

第14回学内研究交流会/巡検 道成寺の文書・芸能と日高川流域の宗教文化について

平成28年8月28日(日)に、第14回学内研究交流会を、29日(月)に「巡検 道成寺の文書・芸能と日高川流域の宗教文化」(特別展関連イベント ワークショップ)を開催します。

これまで学内で開催しておりました学内研究交流会を、今回は、和歌山県立博物館の学習室にて、開催します。
また、「巡検 道成寺の文書・芸能と日高川流域の宗教文化」では道成寺において、小野俊成氏の絵解きの実演いただきます。


チラシ

日 時 平成28年8月28日(日)
    13:00〜17:00(受付開始12:30〜)
会 場 和歌山県立博物館 2階学習室
入 場 無料

報 告 「西国三十三所巡礼とその空間―粉河寺を中心に―」
    大橋 直義(和歌山大学/紀州研副所長)

    「紀三井寺為光開創神話の創出」
    海津 一朗(和歌山大学/紀州研幹事)

    「高野山開創演技に基づく聖域形成の痕跡―仏像からみる―」
    大河内 智之(和歌山県立博物館)

    「芸能の流行と「史跡」の形成―説教浄瑠璃の発展をとおして―」
    吉村 旭輝(和歌山大学/紀州研専任教員)


日    時  平成28年8月29日(月)
      7:30〜18:00(受付開始6:45〜)
集合場所  JR和歌山駅東口セブンイレブン付近(7:20までに集合)
参 加 費  交通費・食費等、実費を申し受けます(先着順)

実演・案内 小野 俊成(道成寺院主)

講   演   「安珍・清姫伝説と後日譚―二つの道成寺伝説の芸能とその類型―」
      山路興造(民俗芸能学会理事)

巡  検  道成寺・紀道神社・下阿田木神社・上あ田木神社・清姫墓・福厳寺など(予定)

※参加予定の方は、チラシ2枚目最後に記載している連絡先までお願いします。