国立大学法人 和歌山大学

国立大学法人 和歌山大学

Contents

研究会

 No. 日時 発表者名 題目
1 1979.11.24 高嶋 雅明 『和歌山県貴族院多額納税者互選人名簿』について
2 1980.4.26 小山 靖憲 紀州の荘園について
3 1981.4.25 藤本 清二郎 近世後期有田郡山保田地域の経済構造
―山村地域総合調査報告―
山田 良治 林業・山村賃労働の形態と動向
―和歌山県清水町の事例にふれつつ―
4 1982.10.16 後藤 正人 紀州橋本の自由民権と戸谷新右衛門の顕彰
5 1983.6.4 小山 靖憲 栄谷と周辺地域の歴史的環境
山田 昇 和歌山県教育史の課題
6 1984.2.4 橋本 和幸 和歌山の地域社会の変貌
南 清彦 和歌山の林業について
―国有林,民有林の推移を中心に―
7 1984.6.9 柏原 卓 三浦家文書と「家乗」
村瀬 憲夫
藤本 清二郎
8 1985.6.9 水田 義一 紀州国井上本庄絵図について
森川 博 和歌山の水
9 1985.11.6 村瀬 憲夫 万葉集・大宝元年紀伊国行幸歌群をめぐって
小山 靖憲 紀伊国桛田荘絵図の再検討
10 1986.6.28 藤本 清二郎 近世前期紀州徳川藩の家老体制
―三浦家文書による一考察―
柏原 卓 『家乗』の言語―引用部を中心に―
11 1986.11.22 泉 健 和歌山のわらべ歌研究(その1)―和歌山市内・1957年―
小山 靖憲 弁慶と義経
12 1987.6.13 山田 良治 80年代の地域開発と土地問題―京都府の事例を中心に―
後藤 正人 南方熊楠と自由民権
13 1987.12.5 米田 頼司 和歌山県下にみる地域社会の変容と保健婦の役割について
佐藤 和正 中上健次について
14 1988.4.13 小山 靖憲 高野山御手印縁起と荘園制
藤本 清二郎 近世高野寺領成立に関する覚書
15 1988.11.26 平澤 啓 紀州と江戸期共通語
重松 知恵子 フランス革命期のアルザス―革命下の中央と地方―
16 1989.6.10 河合 康夫 工業化と地域―ドイツを中心に―
山田 良治 和歌山の食料消費生活
17 1989.12.2 柏原 卓 和歌の浦の文芸資料と景観語彙
米田 頼司 漁村地域の生活と変容と諸相―和歌山市田野浦の場合―
18 1990.6.2 米田 頼司 和歌浦の開発と環境問題
藤本 清二郎 江戸・明治前期における和歌浦の牡蠣海苔業
19 1990.6.29 藤本 清二郎 近世の玉津島神社と奠供山
藤森 勉 オーストラリア東海岸における観光リゾート開発
―日豪関係を中心に―
20 1991.12.14 森川 博 地域・運動・調査
21 1992.6.30 水田 義一 17世紀フランスの要塞都市を巡って
22 1992.12.8 副島 昭一 中国の風土と生活―'91〜'92中国滞在の印象―
23 1993.7.6 藤本 清二郎 「紀州藩文庫」の構成と国学所の蔵書
柏原 卓 紀州藩文庫の漢籍の特徴―「学習館」を中心に―
水田 義一 兵学寮(KRIEGSSCHULE)の蔵書の内容と収集法
24 1993.12.7 山田 良治 近現代,田辺木材業の発展過程
池際 博行 我が国の機械製材の発展過程と和歌山市周辺の製材業
25 1994.6.21 上村 雅洋 安藤家田辺領の在方
26 1995.7.12 瀧野 邦雄 紀州藩文庫所蔵『大日本史』について
27 1995.12.12 近藤 隆二郎 「写し霊場」の解釈と位置づけについて
―和歌山における八十八ヶ所・三十三ヶ所の分布パターンを求めて―
28 1996.6.28 海津 一朗  東国武士の見た中世紀伊国―紀伊守護豊島有経と三上領― 
29 1996.12.13 島津 俊之 紀州研所蔵「和歌山市街地図」の景観年代について
30 1997.6.27 橋本 卓爾 地域開発・都市化の進展と農業
―泉州地域を中心として―
31 1997.11.18 山本 健慈 地域と大学―和歌山県における生涯学習の現状と課題―
32 1998.6.16 奥 俊信 漁村地域小学生のふるさと認識調査
―和歌山市加太地区のケーススタディー―
33 1998.12.15 神吉 紀世子 地図と口述から復元する原風景
―公害地域:西淀川における地域景観復元の試み―
34 1999.6.25 本多 友常 傾斜環境における住まいの変容
―雑賀崎の住空間調査から―
35 1999.12.17 瀧野 邦雄 紀州藩文庫の漢籍について
36 2000.6.27 柏原 卓 石橋生庵日記(『家乗』)に見える李梅渓関連記事
37 2000.9.22 藤本 清二郎 大学がもつ学術資料
―紀州研所蔵資料及び「和大教育史」資料―
38 2000.12.8 江利川 春雄 戦前期和歌山の英語教育と教科書
39 2001.6.26 藤本 清二郎 明治二年頃「和歌山藩領絵図」について
40 2001.12.11 シンポジウム 歴史教科書を考える
副島 圓照 アジアとの関係を中心に
川本 治雄 社会科教育の流れの中で
重松 知恵子 女性・子供・ジェンダー
海津 一朗  教科書採択の現在 
41 2003.12.8 富田 晃彦 「日本の星の地名、和歌山の星の地名」
「郷土の星の伝承者」
42 2007.7.1 シンポジウム  太田城水攻めと出水堤防―フィールドミュージアム雑賀惣国―
宇民 正 河川工学から
軽部 大蔵 土質工学から
北野 隆亮 考古学から
額田 雅裕 地理学から
弓倉 弘年 歴史学から
43 2008.5.24 公開研究会
鳴海 祥博 和歌浦天満宮神社の社殿構成について
米田 頼司 民衆に開かれた聖地としての和歌浦
―名古屋城本丸御殿対面所次の間障壁画と和歌浦の成立から―
柏原 卓 近世和歌浦と文芸
菅原 正明 和歌浦妹背山の聖域化について
藤本 清二郎 近世の玉津島神社と紀州徳川藩・朝廷
44 2008.10.26 2008年度第2回公開研究会
水田 義一 和歌浦をめぐる地形と景観の変容
村瀬 憲夫 万葉集和歌の浦玉津島の歌―その「開放性」について―
三木 雅博 平安前期宮廷文学と和歌の浦―<吹上>の登場をめぐって―
金田 圭弘 紫の上と和歌の浦とのつながり
―『源氏物語』若紫巻に詠まれた和歌の浦―
45 2009.4.19 米田 頼司 明治期の和歌祭