ホーム「教養の森」とは?「21世紀」問題群

「教養の森」とは?
「教養の森」とは?

「21世紀」問題群

img_21century.png

この授業は、私たちが今、生きている世紀(「21世紀」)に特有の、緊急の問題群の中から、和歌山大学が特に「重要だ!」と判断する問題を選び出し、年度毎に、その年のテーマを設定し、開講する授業です。

皆さんは、先行する世紀(「20世紀」)の様々な遺産を引き継ぎ、正(プラス)の遺産も負(マイナス)の遺産も含めて、新しい世紀を生きていく(より明瞭に言えば、生きていかざるをえない)人々です。

そのためには、皆さんが今、生きている世紀(「21世紀」)の成り立ちと、その現場において、何が問われなくてはならない課題であるのかを、しっかりと認識し、理解する必要があるのではないでしょうか?

この授業では、原則的に学内外の有識者の講義を聴きながら、皆さん自身の感受性や思考力を養うべく、学生と教員の間で、何度も議論の場を設ける予定です。今年度は、以下の授業科目を開講します。

主な授業科目名
21世紀サイエンス論
21世紀大学論
21世紀ミュージアム学
21世紀KUMAGUSU学
Survey of Pre-Modern Japanese Poetry in Translation
Survey of Pre-Modern Japanese Prose in Translation
21世紀倫理学

教養の森に関するお問い合わせはこちらまで 和歌山大学学生センター 学務課

| 所在地:〒640-8510 和歌山県和歌山市栄谷930 | 電話番号:073-457-7130 |

Copyright ©2012 - 2017 Wakayama University