ホーム「教養の森」とは?「教養の森」ゼミナール

「教養の森」とは?
「教養の森」とは?

「教養の森」ゼミナール

img_kyoyo.png

少人数制の、演習形式の授業です。志望者を全学部、全学年から募り、複数の教員が常時、共同で授業を担当し、一貫した教養教育の指導に当たります。 このゼミナールの修了者には、本学認定の「修了証書」(diploma)が授与されますし、このゼミナールには併せて、一般の聴講生(いわゆる「社会 人」)が参加することのできる「教養の森」プログラムが設けられ、夜間や週末、大学の夏季休暇期間等を利用して、皆さんと一般の聴講生が車座になり、大学 とは何か、教養とは何か、を語り合う場が産み出される予定です。

これまで大学には、ゼミナールと言えば専門教育のゼミナールしか存在しておらず、もっぱら単独の教員の個別の指導を受け、そこで卒業 論文を書くための場がゼミナールでした。本学では、そのようなゼミナールを教養教育の中に設け、複数の教員が複数年に亘り、抜本的で本来的な、教養教育の 指導に当たるための場を作り出しました。和歌山大学が全国(それどころか、世界)の他大学に先駆けて取り組む、独自の授業科目ですので、充分に期待してい ただけると共に、自信を持って、お勧めの出来る授業科目です。

主な授業科目名
「教養の森」ゼミナール
「教養の森」ゼミナール(古典講読)

教養の森に関するお問い合わせはこちらまで 和歌山大学学生センター 学務課

| 所在地:〒640-8510 和歌山県和歌山市栄谷930 | 電話番号:073-457-7130 |

Copyright ©2012 - 2017 Wakayama University