はじめにお読みください

「ひろば」は、教養教育について学生・教職員が対話できるオープンな場を提供するものです。
単なる記号選択式のアンケートでは不可能な「生の声」のやり取りを交わすことで、教員・職員・学生それぞれに新たな気づきを得てもらうことを期待して設置されました。

しくみと使い方

形式は、以前からインターネット上にある「スレッド型掲示板」に似ています。 学生から担当教員に対して授業内容について質問したい、教員が受講生に対してアンケートを取りたい等々、何か新たにやり取りを始めたいことがあれば、新規に発言を開始=トピックを立てることができます。 また、既存のトピックについてコメントを付けることができます。

学生・教職員は、学術情報センターの各自のアカウントでログインすれば、対話の場に参加することができます。

書き込みは、発言者の実名付きで公開されます。 公開されれば、それは実名付きで全世界に公開したのと同じであることに注意してください。

Topics&Timelinesには、大きく分けて、個々の教養科目に限らない教養教育全般についての話題および「教養の森」センターについての対話の場と、各科目についての個別の対話の場があります。

学期初めの履修計画の参考にしてもらうため、新たな書き込みはできませんが、前年度に開講されていた科目についてもTopics&Timelinesが公開されます(2016年度以降)。

【重要】書き込む場合は自己責任で書き込んでください。

教職員のみなさんへ

議論が授業内容から離れてしまった場合には、その場をこの「ひろば」とする意義が無くなるケースも考えられます。 その場合、「教養の森」センターとしては、関係教職員・学生間で別途アポイントメントを取り、対面での話し合いの場を設けることを推奨します。 冷静な対処を期待します。

(2015年6月26日 改訂)