観光を主軸とした知の拠点形成のための戦略的大学連携

大学生の皆様へ|高校生の皆様へ|地域の皆様へ

『和歌山だから作れるお弁当』販売会(案内)11/27

 戦略的大学連携支援事業の一つであり、単位互換授業である、「私たちが考える『和歌山だから作れるお弁当』」で学生が考案したお弁当を販売いたします。
 本講座は、和歌山の郷土料理や食育、地産地消についても学ぶと共に、いろいろな事業を遂行する際、必要となる計画立案力やチームワークなどを実践的に学ぶことを目的に行ってきました。
 講座ではこれまで、テレビ授業や試食販売会、アンケート調査などの6回の講座を行い、参加した和歌山信愛女子短期大生、和歌山大生が最終的に次の2種類の和歌山らしい弁当を作り上げました。
        @「和歌山産秋のたまて箱」2段弁当(¥800)
        A「和歌盛り弁当」1段弁当(¥500)

 今回、この2種類の弁当を11月27日(土)午前9時から、和歌山駅1階「MIO」フードスクエア及び阪和道上り線「紀の川サービスエリア」の2か所にて販売いたします。各100食の販売予定です。
 学生たちが工夫した食材や取り合わせなど、その味を楽しんでいただければと思います。

このページのTOPへ