観光を主軸とした知の拠点形成のための戦略的大学連携

大学生の皆様へ|高校生の皆様へ|地域の皆様へ

連携大学の教員が協力して集中講義を開催

 テレビ会議システムを利用した前期集中授業、教養科目「メンバーとして学ぶプロジェクトマネジメント」を開催しました。
 本授業では和歌山大学・信愛女子短期大学の教員が指導をおこなう共同授業の形態を取ります。
6月15日に開催された第1回目の授業におきましては、和歌山大学が発信元となり、和歌山大学8名、和歌山信愛女子短期大学13名が受講しました。また近畿大学生物理工学部、和歌山高専からも聴講生が参加しました。

 

・・・授業を担当した秋山先生のコメント・・・
 今回の授業はメンバーとしてプロジェクトマネージメントを実践的に学ぶことが目的です。コンセプト弁当をチームで企画することが、プロジェクトの目的です。
 1回目の授業では、プロジェクトとは何か?マネージメントとは何かに関して簡単に学びました。
 2回目(6/17実施予定)はお弁当プロジェクトを実施する意義(ステークホルダーとの関係)、3回目(6/24実施予定)ではお弁当の設計に関して(食育の観点から考えるお弁当)を、テレビ授業にて学びます。
 その後、受講生が一同に会して、お弁当の設計を行います。
後期にはプロジェクトマネージャとしての授業が予定されております。まずはこの前期授業で、プロジェクトマネージメントの概略を体験しながら学んで貰えたらと考えています。

 


 


このページのTOPへ