観光を主軸とした知の拠点形成のための戦略的大学連携

大学生の皆様へ|高校生の皆様へ|地域の皆様へ

和歌山県・持続可能な観光まちづくりフォーラムin高野山

和歌山県・持続可能な観光まちづくりフォーラムin高野山

   主 催: 和歌山6大学・高専 戦略的大学連携支援事業
         (主管:和歌山大学・高野山大学)
   後 援: 高野山真言宗総本山金剛峯寺・高野町・高野町商工会
 
 2004年7月、「紀伊半島の霊場と参詣道」の世界遺産登録が正式に決定されました。これにより和歌山県内の観光地が、あらためて世界的な関心を集めることになりました。今回フォーラムを開催する高野町は、紀伊半島の北の入口にあたり、真言密教の根本道場として各地から参詣の皆様を受け入れてきました。
 今回のフォーラムでは、高野町の現状を確認しながら、今後の町の歩むべき道を現場から考えてたいと思います。
  


               記
 1.日 時: 2009年7月11日(土) 午後1時〜5時
 
 
 2.テーマ: いま、持続可能な地域が日本を変える
         〜未来への挑戦を「高野山」から考える〜
           


 3.会 場: 高野山大学 本館2階 201号教室
        ※事前申込み不要。定員は当日先着200名。

 4.プログラム:
   【13:00】     開会あいさつ
              三吉 修 氏(和歌山大学理事)
   
   【13:00〜14:40】 基調講演「先進地に見る自立と持続可能な地域のあり方」
              山田桂一郎 氏
              (スイス・ツェルマット観光局日本部マーケティング・セールス担当
                          日本語インフォメーションセンター代表)
   
   【14:40〜15:00】 コメント
              出口 竜也 氏(和歌山大学観光学部教授)
   
   【15:00〜16:50】 パネルディスカッション 
  
             《パネリスト》
              中本 芳也 氏(高野町商工会長)
              楠  博州 氏(伊都青年会議所 直前理事長)
              松山 典子 氏(NPO法人高野山異文化交流ネットワーク代表)
              出口 竜也 氏(和歌山大学)
              山田桂一郎 氏(JTIC.SWISS代表)   
       
             《コーディネーター》
              尾上 恵治 氏 (高野山まちづくり研究会・金剛峯寺境内案内人)
   
   【16:50】     閉会あいさつ  
              藤村 隆淳 氏(高野山大学学長)
   
   【17:00】     終 了


             《進 行》
              藤吉 圭二 氏(高野山大学准教授) 






 5.問合せ:
        和歌山大学  TEL:073−457−8505
               (平日:9:00〜17:00) 

    
        高野山大学  TEL:0736−56−2921

               (平日:9:00〜17:00)




 
 6.その他:
   シンポジウム当日は、高野山内で町を歩きながらさまざまなジャンルの作品をめぐる
  「ハッピーメイカー 2009」が42組のアーチストによって開かれています。
   あわせてお楽しみ下さい。


 
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 

 
 【和歌山6大学・高専 戦略的大学連携支援事業】とは
 

  和歌山県下の高等教育機関(大学・高専)が集まってつくっている協力組織で、
 文部科学省の「戦略的大学連携支援事業」に採択され事業助成を受けています。
  今回のシンポジウムもその一環として開催されます。ウェブサイトにおいで下さい。
 
              ↓  ↓  ↓
 

         http://www.wakayama-u.ac.jp/lci/  
● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 
   
 

フォーラム実施報告

高野山大学文学部 藤吉圭二教授

 本フォーラムは、観光とまちづくりという戦略的大学連携支援事業の趣旨を生かすべく、
かねてより高野山大学の藤吉が参加していました「高野山まちづくり研究会」および関係者
による取組みの成果を踏まえて実施されました。

 
 山田桂一郎氏は、国交省より「観光カリスマ」の称号も得ておられ、観光の活性化と
地域の活性化とをどのように結びつけていくかについて、示唆に富む基調講演をしていただきました。
 山田氏の提起された理念としての「観光まちづくり」を、高野山という具体的な地域で
どのように展開していくか、そこで取り組むべき課題にはどのようなものがあるかについて、
高野山の観光に密接な関連を持つ各界よりパネリストを迎え、さらに、和歌山大学観光学部より
観光に関する学識経験者を加えて、それぞれの立場から問題提起が行なわれました。
 
 参加者は120名を数え、その地域は高野山、伊都郡、かつらぎ町などの近辺だけでなく、
和歌山県内では田辺市など紀南地方、近畿圏では奈良、大阪、京都、神戸など、
その他では長野、東京、神奈川などからも来場を得て、パネルディスカッション後半には
フロアからも活発な発言がなされました。
 
   
   
   

このページのTOPへ