観光を主軸とした知の拠点形成のための戦略的大学連携

大学生の皆様へ|高校生の皆様へ|地域の皆様へ

「和歌山県の古民家を訪ねる写真展」が終了しました(報告)


   「和歌山県の古民家を訪ねる写真展」が終了しました
11月6日から12日まで和歌山市のフォルテワジマにて開催いたしました写真展には県内外から、のべ700人近い方々に来場いただきありがとうございました。
  展示場には和歌山信愛女子短期大学 千森督子教授が撮影した70点余の県内各地の古民家の写真が展示され、ゆったりとした雰囲気の中で、それぞれの民家の写真をとおして、家屋、また地域の歴史を感じていただけたのではと思っています。
 開催期間中にはNHK和歌山放送局とテレビ和歌山の取材があり、11/8(月)の午後にそれぞれ、数回放映され、さらにNHKは翌朝の近畿版でも放送されました。こうした事もあり、翌日以降も他府県からの方を含め、毎日100名以上の方の来場がありました。そして、来場いただいた方からはいろいろな質問や感想などもいただき、その反響に驚いております。
 また、本写真展では共催の「ニュース和歌山」社から、来場の方の中から抽選で3名の方に展示写真が贈られるイベントもあり、その発表は11月14日の公開講座「和歌山県の古民家探訪」の場で発表されました。

このページのTOPへ