地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 活動報告 > 10月22日の宇宙教室!

10月22日の宇宙教室!

まちかど楽交では初めてとなる宇宙教室がこの日開催されました!

なんと担当して下さったのは和歌山大学観光学部教授の尾久土先生です。

DSCN1541.JPG

テーマは「大震災を宇宙から振り返る」という内容! まずは、尾久土先生の自己紹介から始まりました☆

お話は「空を見るということは過去を見ること」という内容から始まり、宇宙は一体どこまで

さかのぼれるのかという内容に…。宇宙が誕生したのは137億年前だそうです! 

それ以上はさかのぼれないと…。137億年前…想像できない(>_<)

では、さっそく今回の本題でもある大震災を宇宙から振り返ります!! 3月には東日本大震災が起こりましたが、それ以前の宇宙規模での大震災は熊本県のカルデラ噴火があり、次いでは隕石落下! 

実は恐竜が絶滅したのは隕石落下によるものらしいです。この隕石落下により、

津波が地球3周もしたそうです…怖いです…尾久土先生が「もしかしたら明日隕石が落ちるかも」と…(T_T) 

DSCN1542.JPG

更に話は続き、はやぶさ2の計画が進んでいるそうです! このはやぶさ2はアミノ酸を宇宙から持ち帰ろうという重大な使命を託されています。

さらに開発が進み、打ち上げに成功したら、もしかしたら宇宙からアミノ酸を持って帰ってくるかも!?

これでもし、持ち帰ったアミノ酸の構成が人間と同じなら私たちは宇宙人いうことになるんですって!!! 笑

DSCN1540.JPG   DSCN1538.JPG

締めくくりに、先生が「ときどき空を見上げてください。人生に悩んだ時は宇宙も70%未確認なんだから、くよくよしないでください。」と話して下さりました。なんだか元気が出ますね!!

 

今回の宇宙教室は本当にユーモアのあるお話で楽しく聞かせてもらいました☆ありがとうございました!

参加して下さった方も、みなさん「楽しかったです」という意見が多数あり、スタッフも嬉しかったです!

またこのような宇宙教室が開催される機会があればぜひ参加してみてください!

また「宇宙カフェ」も毎月1回開催されているので、こちらも要チェック☆

カテゴリ:活動報告

タグ:宇宙教室

2011年10月29日 13:26