地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2012年8月

2012年08月

この日の宇宙カフェ、ナビゲーターは5月に宇宙教育研究所に着任されたばかりの小谷朋美特任助教。

H24.8.29宇宙カフェ小谷先生.JPG

小谷先生のデビューを見ようと(?)多くの方がご参加くださり大盛況!

夏休み中ということもあってか、中学生・高校生も参加してくれていました♪

H24.8.29宇宙カフェ6.JPG

さて今回は「太陽系外惑星の探知」ということで、前半は「太陽系」の惑星のお勉強。

太陽系で地球外生命体がいそうな惑星のお話も。火星からの隕石には微生物がいたような穴があったり、土星の衛星タイタンにも地球外生命体がいるのでは・・・と思わせるものがあったり。

実は結構宇宙には生命体がいるのかも?!いるなら会ってみたいなぁ・・・

前半が終わったところで一休み。

宇宙カフェは常連さんも多く(今回は、初めてという方の方が多かったですが)、休憩中も宇宙研の先生方と談笑が。こういう交流が生まれるのもカフェの魅力ですね。

H24.8.29宇宙カフェ3.JPG

後半はいよいよ「太陽系外惑星」のお話!

2012年8月27日までになんと778個の太陽系外惑星が発見されているそうですよ!

そんなに見つかっているのかとびっくりしました!!

なかでも有名なのがいくつかあってこちらはパルサー惑星

H24.8.29宇宙カフェ.JPG

このような惑星を紹介してくださったあと、どうやって惑星を発見するのかというお話もしてくださいました。

肉眼では見られない太陽系外惑星・・・・

でもいつか自分で発見してみたいですね!

小谷先生、楽しいお話をありがとうございました!

 

 

さて、次回の宇宙カフェは9月24日(月)。

テーマは「RAIKOと小型衛星新時代」で、秋山演亮宇宙教育研究所所長がナビゲーターを務めます。

詳しい内容はこちらから→http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2012/08/9-raiko.php

カテゴリ:活動報告

タグ:宇宙カフェ

2012年08月30日 15:44

 

9月の宇宙カフェのご案内です。

前回1月にご登場された秋山演亮宇宙教育研究所所長が再び登場されます!今回は先日「こうのとり」3号機に搭載され宇宙へ旅立った「RAIKO」と小型衛星についてお話くださいます。

 

テーマ:RAIKOと小型衛星新時代

ナビゲーター:秋山 演亮(宇宙教育研究所所長)

日 時:平成24年9月24日(月) 18:30~20:00頃

場 所:和歌山大学まちかどサテライト(和歌山市本町2-1 フォルテワジマ6階)

対 象:中学生~一般

参加費:無料(ただしお茶代100円)

定 員:20名(先着順)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

    (当日参加申込み可)

     FAX:073-488-2889

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 宇宙カフェ

2012年08月30日 14:52

この日の科学教室は、電気についての実験をしました!

坂本先生②.JPG 坂本先生.JPG

はじめに電磁誘導について少し実験しました

電磁誘導とはコイルのそばで磁石を動かすと、コイルの両端に電気が発生するというもの!

本当にコイルに磁石を近づけると電気は流れるのか・・・

電磁誘導②.JPG 電磁誘導③.JPG 電磁誘導④.JPG

さらに、磁石を使いコイン選別の実験!コインの材質によって落ちる速度が変わり、どのコインなのか選別ができるというもの☆ 実は自動販売機に仕組みもこれ!!

今日は一円玉と十円玉で実験です!落ちる速度が変化しコインの飛ぶ距離に変化はあるのか・・・

磁石を付けたのもと付けていないもので実験しました

コイン選別機.JPG ←手前が磁石を付けたもので、奥が何もないもの

コイン選別実験.JPG コイン選別実験③.JPG コイン選別実験②.JPG

みんなで飛んだ距離を測定しました!ちなみに一円玉はアルミで十円玉は銅ですが・・・

一円玉は近くに落ちて、十円玉は遠くに飛ぶという結果に☆

次の実験は、水中電球実験!水を入れたビーカーに電球を入れて電流を流すと果たして点灯するのか!?

さっそく・・・

水中電球.JPG 水中電球点灯.JPG  点灯しています!

では、ここからファラデーモーターをみんなで作りました!

ファラデーモーターとは、人物の名前でファラデーさんが考えたモーター

ファラデー作り.JPG ファラデー作り③.JPG

ファラデー作り②.JPG ←ファラデーモーター☆電池に乗っている導線がくるくる回ります!

次に先生が取り出したのは、段ボール・やかん・空き缶・・・

「なんでもスピーカー」と名付けられたこれらですが、これがスピーカーになるということ!!?

何でもスピーカ―段ボール.JPG 何でもスピーカーやかん.JPG 何でもスピーカ―缶.JPG

何でもスピーカー様子.JPG 

みんなが見守る中、音楽はノイズが入ることなくキレイに流れました!

今日はファラデーモーターに続き、スピーカーも作りましょう!みんなが作るのはプラスチックのコップスピーカーです

出来たスピーカーをアンプにつなぎ、声を出してみましょう♪♪

スピーカー作り③.JPG スピーカー作り⑤.JPG 

スピーカー本体.JPG ←これがみんなの作ったスピーカー☆

大成功!スピーカーになってみんなの声が聞こえてきました!

今日の科学教室で電気の力がすごいということがわかりましたね!

これで本日の科学教室は終了です!次回は9月1日(土)開催☆

お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:科学教室

2012年08月21日 09:26

この日の歴史かふぇのテーマは「天下統一をはばんだ鉄砲伝来ー世界の紀州鉄砲初めて物語ー」

案内人は、和歌山大学紀州経済史文化史研究所副所長でもあり和歌山大学教育学部教授の

海津一朗先生にお話しをして頂きました!先生の隣に座っているのは、今日の助手の学生さん☆

海津先生④.JPG  海津先生⑤.JPG

和歌山が誇る「雑賀孫一」、鉄砲衆として有名ですね

しかし、どうしてこのような鉄砲集団がいたのか

鉄砲は武士の兵器としては卑怯とされていた時代に

その鉄砲を伝えたのが「倭寇」という存在だといわれています

さらに倭寇とは、密貿易を行う貿易商人のことで、主に日本人多かったといわれているのです

また、紀伊半島は盗賊と言われていたというのですが、倭寇と和歌山は関わりがあるのか、孫一との関わりは・・・

興味深いお話しから始まった今回の歴史かふぇ

先生のお話しを聞きながら真剣にメモを取られる方も

参加者メモ取り.JPG  参加者②.JPG

そもそも鉄砲はポルトガルの商品だったと言われています

その鉄砲を倭寇が取り扱っていて、種子島へ伝えたとされています

種子島に鉄砲の製造法が伝わると雑賀衆は、いち早く鉄砲を用いた戦術を考案し、雑賀孫一率いる雑賀衆たちは優れた鉄砲集団へと成長したのですが・・・

海津先生ボード.JPG 

なんと和歌山には倭寇の本拠地が最後まで残っていたそうですよ!!

少しずつ倭寇についての実態がわかってきた今、和歌山と、そして雑賀衆との関わりが紀州の歴史の謎を新たに紐解けるかもしれませんね!

 

最後に学生さん手作りの雑賀孫一の紙芝居を披露してくれました

タイトルは「孫一どんとやたがらす」です☆

紙芝居.JPG  紙芝居②.JPG

紙芝居参加者.JPG  紙芝居参加者②.JPG

絵もすごく上手く、語りもなかなかのものでした!

 

楽しいお話ばかりで、もっと聞きたかったですが時間はあっと言う間に過ぎていき、本日の歴史かふぇは終了しました

海津先生、本日はありがとうございました!

そして、ご参加頂きましたみなさまも、ありがとうございました☆

 

次回の歴史かふぇのお知らせ!

10月中旬頃開催!日程などの詳細はまちかどHPにてご案内します。

ぜひ、ご参加下さい!

カテゴリ:活動報告

タグ:歴史かふぇ

2012年08月17日 14:49

 

みなさま、夏休みはいかがお過ごしでしょうか?

まちかどサテライトでは夏休みにも科学教室を開催中です♪

そしてもう9月開催の科学教室のご案内☆

和歌山市内で科学教室を開催しているボランティア団体を迎え、「本物の科学体験」をお送りします。

9月1日(土)

13:30~15:15

小学1年生以上

定員:20名

 

「電気回路とテスターで遊ぼう!

 講師:小林 照雄(わかやまSTC)

    赤阪 健司(わかやまSTC代表)

 

申込み締切

824日(金)

16

9月15日(土)

13:30~15:15

小学3年生以上

定員:20名

「芳香剤(ほうこうざい)をつくろう!」

 講師:中村 文子(和歌山大学教育学部教務職員)

    坂本 文博(きのくにサイエンスラボ)

 

申込み締切

97日(金)

16

※小学生の方は保護者の送迎を基本とします

 

場 所:和歌山大学まちかどサテライト(和歌山市本町2丁目1番地 フォルテワジマ6F)

参加費:無料

定 員:各回20名 (応募者多数の場合、抽選)

申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。 (参加申込書をご利用ください)

      FAX:073-488-2889  E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

問合わせ:和歌山大学まちかどサテライト (TEL:073-488-2888)

詳細についてはチラシをご覧ください。

 

201209010915科学教室チラシ.pdf

科学教室参加申込書(0901・0915).pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 実験

2012年08月10日 19:18

この日の科学教室は、実験・工作が行われました☆ 前の机には工作の準備がたくさん!!

実験準備.JPG 実験準備②.JPG

まず先生が用意したのはブーメラン!このブーメランは飛ばすと自分のところに戻ってきます!

先生が一度、挑戦!!

ブーメラン試し.JPG ブーメラン試し②.JPG

そして見て下さい!先生が事前に作ってくれていた、いろんな形や大きさのトンボたち

様々なトンボ.JPG

下の写真は、虫刺されの時にぬるあの薬の箱で作ったトンボです!

きんかん飛ばし③.JPG  きんかん飛ばし.JPG

実際に飛ばすと・・・赤と黄色の円がキレイでした!

紙トンボはお菓子の箱などで作れる簡単なトンボです☆お気に入りの箱で、好きな柄のところを切ってトンボを作ってもおもしろいかもしれませんね☆

そして、おもしろいのがこの「ゆびぱっちんトンボ」このかわいい名前は先生が名付け親 笑

ゆびぱっちん.JPG ゆびぱっちん②.JPG

飛ばし方は、簡単!!指でパチン!とわまして飛ばします(^_^)v これは牛乳パックで作りました!

それでは、みんなでブーメランとトンボを作ってみましょう!

ブーメランから・・・

二本の厚紙を重ねてホッチキスでパチン!と止めます

ブーメラン作り.JPG ブーメラン作り②.JPG

次はトンボ作り・・・

先生が前もって切ってくれていた紙と竹串をボンドで接着します!

紙トンボ作り②.JPG 紙トンボ作り③.JPG

紙トンボ作り⑥.JPG 紙トンボ作り④.JPG

出来たトンボは真ん中の台へ・・・

作品台.JPG

では竹トンボ・・・

先生が配った竹☆これも簡単!竹と竹串をボンドで接着!

竹トンボ作り.JPG 竹トンボ作り②.JPG

みんなのお楽しみ☆できた作品をさっそく飛ばしてみました!

飛ばし②.JPG 飛ばし④.JPG

飛ばし③.JPG 飛ばし.JPG

先生から飛ばすコツをしっかり伝授してもらいましたね(*^_^*)

うまく飛ばすのには、「重さ」とトンボの「角度」が決め手なんですよ☆

教室内にはトンボがたくさん飛んでいました!みんなで高さ比べもしましたね!

本日の科学教室は終了です 次回は9月1日(土)!お楽しみに!!

補足・・・

実はスタッフも作りました☆

スタッフ作.JPG ←力作のブーメラン (スタッフはホッチキスで止めただけ 笑)

スタッフ作②.JPG ←これまた力作の竹トンボ (先生に作ってもらいました 笑)  

カテゴリ:活動報告

タグ:科学教室

2012年08月09日 14:29

では、始まりました☆土曜楽交(中学生編)の3回目です!

教室の中に入るとボードには・・・

前回のおさらいと書かれていました!あっ!あのフレクサチューブですね!

DSCN5689.JPG  DSCN5686.JPG

裏返し方の発表が終わると・・・

そして、本日も登場しました!i pad☆ まずは使い方などを練習・・・みんな使い慣れるのが早いです!!

DSCN5705.JPG

DSCN5690.JPG  DSCN5691.JPG

最初は、「わかやま名所クイズ」をしました

DSCN5693.JPG  DSCN5692.JPG

加太淡島地区のクイズから始まり、紀伊風土記の丘など様々な和歌山クイズに挑戦!!

しかし一台余ったi pad・・・前回の「一生懸命!県名パズル」のことがあったのでスタッフは挑戦できる度胸なんてありませんでした 笑

では二時間目!みんなでクイズ作り☆ これはi padだからこそできるクイズ作りで、写真や画像を取り込んだり・・・

DSCN5727.JPG DSCN5735.JPG

地図をカッシャ!!と保存したり・・・

DSCN5731.JPG

クイズの文章を考えたり・・・

DSCN5730.JPG  DSCN5734.JPG

出来たクイズは、みんなで挑戦!!

DSCN5742.JPG  DSCN5743.JPG

DSCN5744.JPG  DSCN5745.JPG

i padは本当にすごいですね!

それでは、本日の土曜楽交(中学生編)は終了です!

この日で第二期の全3回が終了したので、最後は修了証の授与が行われました☆

そして、あの有名な「和大あめ」もプレゼント♪

DSCN5752.JPG

最後に・・・

土曜楽交(中学生編)にご参加頂きましたみなさま、ありがとうございました!

一期、二期ともにチームワークがよく、学校・学年が違ってもみんなが友達☆

そして毎回の先生たちの授業内容は工夫されていて土曜楽交だからこそ出来ることがたくさん!!

スタッフも先生から学ぶことが多くありました。

また、土曜楽交(中学生編)が開校されたときは、みんなの笑顔が見れることをスタッフ一同、楽しみにしています!

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交、寺子屋

2012年08月02日 13:53

今日の宇宙カフェは、石塚亙先生(宇宙教育研究所/教育学部教授)による「星たちの通る道。」

昨年10月にも石塚先生には話題提供していただいたのですが、先生のトークテーマはいつもちょっとおしゃれです♪(ちなみに前回は「コーヒーカップの隣の宇宙」というタイトルでした)

「今日のために勉強してきました」といいつつ、いろんな本を取り出しゆったりしゃべり始める石塚先生。このおしゃべりのテンポがまた心地よかったりするのです。

本の次に出てきたのは・・・・石?泥団子?

DSCN5784.JPG

先生が手に持っているのはテラコッタ粘土製の団子。「光る泥団子」を模したものだそうです。泥団子が光るってなんだか不思議ですよね。

この日先生が持ってこられたのはこれだけではありません!

お話が進む中で出てきた「慣性の法則」

これについてみんなに体験してもらおうと登場したのが、「ビン」「木のわっか」「鉛筆」!

この3つを使って何をしたのというと・・・・

DSCN5792.JPG

ビンの上にわっかを立てて、その上に鉛筆を置きます。その状態になっただけでも「おお~~!」と拍手ものだったのですが(笑)、本番はこの後!

先生がさっとわっかを横へはじくと、なんと鉛筆がそのまままっすぐ下に落ちてビンの中に、すとん!と入ったのです!!

「外からの力を受けないかぎり、止まっている物体は止まり続ける」ので、鉛筆は傾くことなくまっすぐビンの中に落ちたそうです。これを見てまた「おぉ~~!!」と会場は盛り上がりました☆

休憩時間には参加者のみなさんがこれに挑戦(笑)!

DSCN5794.JPG

みんな真剣な表情!でも参加者同士も交流できて楽しかったですよ♪

後半は星の通り道のお話。地球から見た太陽の通り道・・・「黄道」、月の通り道・・・「白道」、不動の北極星・・・「太極」など中学・高校時代に聞いた言葉もちらほら。けれど「黄道」と「白道」の関係などは知らなかったので、スタッフも「へぇ~~!」と思わず大きな声でうなずいてしまいました(笑)

DSCN5814.JPG

最後は惑星の力を借りてロケットや衛星がスピードアップする原理を磁石と鉄球を使って実演。

今回のカフェでは万有引力の話や星の軌道は円や楕円、放物線になるという話など、物理的な話もたくさんあったのですが、なにより実演が多く、参加者も挑戦できたのでとても楽しい時間となりました!

カフェ終了後も先生をつかまえて熱心にお話しされる方や慣性の法則の実験に挑戦する方が続出(笑)

DSCN5817.JPG

石塚先生、とても楽しいお話をありがとうございました!

さて、次回の宇宙カフェは8月29日(水)。

テーマは「太陽系外惑星の探索」で、小谷朋美特任助教がナビゲーターを務めます。

詳しい内容はこちらから→http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2012/08/8-2.php

カテゴリ:活動報告

タグ:宇宙カフェ

2012年08月01日 18:21

 

8月の宇宙カフェのご案内です。

今月は、5月に宇宙教育研究所に着任されたばかりの小谷朋美特任助教が「太陽系外惑星の探知」をお届けいたします。

 

<概要>
私たちの太陽系には、水星、金星、地球、火星、木星、天王星、海王星の8つの惑星があり、私たちはその中の地球に住んでいます。ここ20年で、夜空に光る星たちそれぞれも、太陽のように惑星を持っていることがわかってきました。今までしっかり確認された惑星は、779個。惑星であろうと思われているものは、2000個以上にのぼります。しかし、夜空で小さく光る星をまわる惑星を見つけることは簡単ではなく、さまざまな工夫が必要です。今回の宇宙カフェでは、さまざまな太陽系外惑星と、その探知方法について話していきたいと思います。

 

テーマ:太陽系外惑星の探知

ナビゲーター:小谷 朋美(宇宙教育研究所特任助教)

日 時:平成24年8月29日(水) 18:30~20:00頃

場 所:和歌山大学まちかどサテライト(和歌山市本町2-1 フォルテワジマ6階)

対 象:中学生~一般

参加費:無料(ただしお茶代100円)

定 員:20名(先着順)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

    (当日参加申込み可)

     FAX:073-488-2889

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

0829宇宙カフェ.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 宇宙カフェ

2012年08月01日 17:07