地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2013年6月

2013年06月

今回のテーマは『いざ発電!』ということで、くだものを使って電気を発生させてスピーカーから音が鳴るかを実験しました。
 
DSCN8323.JPG
 
まず用意されたのは数種類のくだもの。
りんご、キウイ、グレープフルーツ、レモン。
そして、2色の薄い板。
銅板と亜鉛板です。
これに導線をつけて、くだものに刺して電気が発生するのか確認してみました。
 
さあ、音が鳴るのでしょうか。
 
DSCN8337.JPG DSCN8348.JPG
くだもの電池によって、大きさは違えど見事にスピーカーから音が流れました!
 
さて、ここで何故くだもので電気が発生したのか考えます。
みんな挙手して自分で考えた答えを解答します。
 
DSCN8361.JPG 
正解は亜鉛板が果汁に溶けて電気を発生させていたんですね。
 
今度は、より大きな音をスピーカーから流すとしたらどうすれば良いのかを考えました。
電池を直列つなぎにすると大きな音が出るということでしたが・・・さあ、どうなるのでしょう?
先生が前で実践します。
 
DSCN8367.JPG
 
スピーカーから大きい音が出た瞬間、みんなからは『おおー』と驚いた声があがっていました。
 
 
続いては『昔のあそび』と題しまして、3種類の遊び道具を自分たちで作りました。
 
DSCN8379.JPG
 
まず初めは【やじろべえ】作りです。
竹串の長さを調節するのも、重りの微調整も少し難しかったかな?
 
DSCN8387.JPG DSCN8396.JPG
最初はバランスがうまくとれなかった【やじろべえ】でしたが、一度コツを掴んでしまえば色んなタイプの物が続々と完成。
みんな凄いね!
 
続いては【紙とんぼ】【トントン相撲】を作りました。
DSCN8412.JPG DSCN8427.JPG
 
ひとつひとつはとても簡単で短い時間でもあっという間に作れてしまいましたが、みんなとても楽しかったようで最後まで工夫をこらしてワイワイ遊ぶ事が出来ました。
 
 
5回連続で行ってきました、土曜楽交第1クールは本日で終了です。
たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。
皆さんから楽しかった!と言っていただいて、とても嬉しく思っております。
 
この後も土曜楽交は第2・第3クールと控えておりますので、興味のある方はHPの方をご確認下さい。
では、次回のご参加もお待ちしております!

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年06月19日 14:04

7月開催の科学教室のご案内☆

和歌山市内で科学教室を開催しているボランティア団体を迎え、「本物の科学体験」をお送りします。

7月13日(土)

13:30~15:15

小学4年生以上

定員:20名

「化学教室 酸・アルカリ、炎色反応等

 講師:赤阪 健司(わかやまSTC代表)

    根来 武司(わかやまSTC)

申込み締切

7日(金)

16

7月27日(土)

13:30~15:15

小学4年生以上

定員:20名

色ガワリ、焼きそばをつくろう ほか

 講師:中村 文子(和歌山大学教育学部教務職員)

    坂本 文博(きのくにサイエンスラボ)

 

申込み締切

719日(金)

16

※小学生の方は保護者の送迎を基本とします

場 所:和歌山大学 松下会館(和歌山市西高松1-7-20)

参加費:無料

定 員:各回20名 (応募者多数の場合、抽選)

申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。 

     FAX:073-427-7616  E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472)

詳細についてはチラシをご覧ください。

201307science.jpg  201307science_back.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 実験

2013年06月13日 15:41

今年度初めての歴史かふぇのご案内です。
 
 
全国有数の移民輩出県といわれる和歌山県ですが、移民の歴史を知る人は少なくなっています。
移民の始まりは明治元年とされています。
百年以上も前に仕事を求めて海を渡った人々の概要を織り交ぜながら、和歌山県からハワイ、北米、カナダ、オーストラリア、ブラジルへと移民の足跡を辿ります。
 
 
 
テーマ:和歌山県における移民の歴史
 
ナビゲーター:東 悦子(和歌山大学観光学部教授)
 
日 時:平成25年7月8日(月) 13:30~15:00
 
場 所:cafe ぼへみあん(和歌山市本町1丁目15)
 
対 象:中学生~一般
 
参加費:ワンドリンク制
 
定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)
申込み:メールまたはFAX
 
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。
 
     FAX:073-427-7616
 
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
 
20130708歴史かふぇ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2013年06月13日 15:29

今回はi Padを駆使して『動くコマーシャル作り!』です。

15秒から30秒程度でCMを作ります。

みんなのアイデアを盛り込んで和歌山市のお土産をアピールしてもらいましょう!

DSCN8237.JPG DSCN8235.JPG

CM作りに必要な4つの要素が入っていればいくら短くなっても大丈夫とのこと。

 

と言うことで、まずは今回の主役となるお土産を選びます。

ジンジャエール、源六餅、和歌浦せんべい。どれを選ぶか迷ってしまいますね。

DSCN8241.JPG

みんなの中では和歌浦せんべいが大人気でした。

 

それぞれどんな風に宣伝すればいいのか、みんな頭をひねりながら考えます。

パソコンだって使いながら、その商品の特徴を調べます。

DSCN8253.JPG DSCN8282.JPG

味見だってしちゃいますよ。

宣伝するためには重要なことですしね!

DSCN8279.JPG

では、アイデアが固まればいよいよ撮影の開始です。

外に出て撮影するグループ、小道具を作って雰囲気を出すグループ、後ろの背景を合成するグループ。

DSCN8299.JPG DSCN8307.JPG

みんなアイデアは尽きません。

 

撮影が終われば、続いては編集作業が待っています。

どんな音楽を付けようかな?どんな文字をいれようかな?

さあ、最後のひと仕事です。

DSCN8303.JPG 

完成した作品は前のスクリーンに映して発表しました。

同じ商品でも、アピールポイントを変えれば違う印象を持つことができました。

DSCN8317.JPG DSCN8321.JPG

【よかったところシート】は次回、グループのみんなで見ることに。

他のグループはどんなところが良かったと思ってくれたんでしょうね。

 

時間をめいっぱい使って、楽しいCM作りになりました。

では、今回の土曜楽交はここまで。

次回はいよいよ第1クールの最終日です。お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年06月11日 14:54

まちかど土曜楽交中学生編、第1期を募集します!

6月29日(土)・7月6日(土)と2回連続で行われます。

みなさんぜひご参加くださいね。

 

6月29日(土)

7月6日(土)

10:00~12:30

【考える事はおもしろい!

     思考力・判断力・表現力をアップしてみんなに差をつけよう!

【楽しく暗記して、情報スキルも身につけちゃおう!】

iPadのようなタブレットを使って先進的な「分かる・できる・楽しい授業」や、

思考の見える化や観察眼を鍛える・伝える工夫などを重視した「考えることは面白い」授業を行います。


※申込締切:6月28日(金) 16時まで

場 所:和歌山大学 松下会館(和歌山市西高松1-7-20  ※県立図書館隣り)

対 象:中学1~3年生

参加費:無料

定 員:15名(中学1~3年生合計)※先着順になります。

申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。(参加申込書をご利用ください)

    FAX:073-427-7616

    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧ください。

20130629中学生front.jpg 20130629中学生back.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 中学生

2013年06月06日 15:09

6月29日(土)より、まちかど土曜楽交の第2期がスタートします。

土曜楽交では、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、楽しく学びの時間を過ごします。

6月29日(土)

取材の極意

デジカメを持って出かけよう!

7月 6日(土)

解体しまshow

今日から君も書道家師範代!

7月13日(土)

わかやま社会科探検!

7月20日(土)

物体ぶった斬り!

和歌山行っとこマップ

7月27日(土)

外国人さんいらっしゃい

   ※都合により、学習内容は変更になる場合があります。

※申込締切:6月21日(金) 16時まで

※いずれも開催時間は10時~12時30分まで

※第1期参加者も大歓迎!

場 所:和歌山大学 松下会館(和歌山市西高松1-7-20  ※県立図書館隣り)

対 象:小学4・5・6年生(保護者の送迎を基本とします)

参加費:無料

定 員:25名(小学4・5・6年生合計)応募者多数の場合、抽選

申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。(参加申込書をご利用ください)

    FAX:073-427-7616

    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧ください。

machido2_front.jpg  machido_back.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交

2013年06月06日 14:35

今回の土曜楽交は伊能忠敬のように地図を作ってみよう!をテーマに授業が始まりました。
 
DSCN8127.JPG DSCN8124.JPG
 
伊能忠敬は江戸時代に日本中を歩いて測量を行い、日本地図を作った人です。
完成までに約16年かかったそうです。
 
本日はそんな伊能忠敬を真似して、大学構内の地図を作るべく教室の外に飛びだしました!
 
 
さあ、まず外に出る前に知っておかなければいけない事があります。
 
一歩あたりの歩幅はどの位の長さなのでしょうか?
 
今回は歩いて測量をするので、この長さがとても重要になってきます。
 
DSCN81323.JPG
 
みんなグループに分かれて、代表者さんが歩幅の長さを確認します。
歩幅は人それぞれ。
しっかり覚えておいてね。
 
確認が終わったら、いよいよ出発です。
 
DSCN813833.JPG
 
センターを中心に目的の建物までの歩数を数えます。
 
DSCN8142.JPG DSCN8143.JPG
数え終わったらホワイトボードにメモメモ。
建物の写真を撮る事も忘れずに!
これをどんどん繰り返して、周りの建物までの距離を測っていきました。
 
 
さて、ひと通り調査が終われば教室に。
今度は大きな模造紙に調べたメモや記憶を頼りに地図を描いていきます。
 
DSCN81613.JPG DSCN8164.JPG
 
あとは現像した写真を貼れば完成!
 
DSCN8200.JPG
 
センターの周辺の地図を作るだけでもたくさん時間がかかりました。
日本中を歩いて地図を作った伊能忠敬は凄い人物だったんですね。
 
 
本日は、あともうひとつ。
みんなお待ちかねのミックスジュースの登場です。
究極の比率を探せという事で、先生が黒板に書いた材料の中から、自分たちで入れる物を決めていきます。
 
DSCN8214.JPG
 
何を入れるかはグループで相談。
もちろん分量も自分たちで決めます。
 
入れる物が決まったグループから材料をもらってミキサーにかけていきます。
 
IMG_0144.JPG IMG_01333.JPG
 
さてさて、どうなったのでしょうか。
 
IMG_0145.JPG
 
美味しく出来たところもあれば、材料が多すぎて回らないところ、バナナの味が強いところ。
グループごとに色んなミックスジュースが完成しました!
 
入れる分量が変わるだけで大違いです。
 
みなさんも一度、自分好みの究極の比率を探してみて下さい。
 
 
では今回の土曜楽交はここまでです。
次回もお楽しみに。

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年06月05日 11:48

今年度初めての宇宙カフェが新体制のもとスタートしました! 
4月の宇宙カフェをお休みさせていただいたところ、5月の宇宙カフェは「待ってました!」というお声を多くの方からいただきました。ありがとうございます。
今年度もみなさんとワイワイしながら宇宙カフェを続けて行きたいと思います☆

さて、今年度の最初の話題提供は宇宙教育研究所副所長・観光学部准教授の中串先生。

DSCN8102.JPG

気象予報士の資格をもち、サックスも演奏し、さらにマジックも得意という多才な先生です。
ということで、始まるまでの少しの時間でマジックを披露してくださるサービスつき!

magic.JPG

今日の宇宙カフェはマジックショーでいいのでは…と一瞬思ってしまいました(笑)

 

さてさて、今日の本題は「上から降ってくるもの」

チラシでもいくつか書き連ねましたが、上から降ってくるものといば、雨、風、雪、黄砂、流星、宇宙ゴミ、宇宙放射線、魚、オタマジャクシ…などなど身近なものから、ちょっとよく分からないものまでいろいろありますね。

前半は「地球上のもの」について、特に最近話題のPM2.5について話題提供いただきました。

futari.JPG

そももPM2.5って何?
なんでPM2.5が急に話題になったの?
みんなPM2.5に注意してる?

などなど、先生に対する質問から参加者から参加者への質問などいろいろ飛び出しました〜
私自身はあまり注意していなかったのですが、結構みなさん気を遣っていたようです。
個人的に一番気になったのは、なぜオタマジャクシが降る事があるのか…
どうやら竜巻のせいらしいですよ!

 

そして後半はいよいよ「宇宙から降ってくるもの」
こちらも話題になったウラル隕石の話題で盛り上がりました!

inseki.JPG

隕石が落ちるとき光るのはなぜ?
隕石が落ちて人に当たることはないの?
隕石が落ちて家が壊れたらどうなるの?
宇宙に生物がいる可能性が隕石から見つかったことは?

などなど、こちらもいろんな質問がでました!
大きな被害が出たウラル隕石を見たあとだったので、みなさんいろいろ心配されたいましたが、隕石があたる確率はかなり低いようなので、安心しました(笑)

今回は質問カードも使ったので、多くの方が質問を投げかけてくださり、終了予定時間を超えてお話が続きました!ご参加いただいたみなさまおよび話題提供者の中串先生、ありがとうございました。

 

次回は1年ぶりのご登場。
宇宙教育研究所特任助教の貴島先生です。
詳細はこちらから → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2013/06/post-45.php

みなさまのご参加、お待ちしております☆

 

カテゴリ:活動報告

タグ:宇宙カフェ

2013年06月04日 11:57

6月の宇宙カフェのご案内です。
今回のナビゲーターは昨年も6月に登場しました貴島先生ですよ〜。
内容はというと……
 

地球の周りをお月様がまわっています。だいたい1ヶ月で1周しています。木星もお月様をたくさん持っています。その中でも有名な4つのお月様を「ガリレオ衛星」といいます。やっぱり木星の周りをまわっています。だから、ガリレオ衛星たちは毎日見える場所が変わります。さてさて、いったい何日で一周しているのでしょう?
去年のクリスマスから撮り始めた天体写真と定規を使って、みんなでわいわいしながら周り方を調べてみませんか?昔のガリレオさんの気持ちがわかるかも?!

 

テーマ:発見!!和歌山大学で撮影した木星写真であなたもガリレオ気分?!

ナビゲーター:貴島 政親(宇宙教育研究所 特任助教)

日 時:平成25年6月28日(金) 18:30~20:00頃

場 所:レモネードカフェ(和歌山市元寺町1-54)

対 象:中学生~一般

持ち物:定規(何センチのものでもOK!)

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

    FAX:073-427-7616

    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20130628宇宙カフェ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 宇宙カフェ

2013年06月04日 11:40