地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2013年7月

2013年07月

8月開催の科学教室のご案内☆

和歌山市内で科学教室を開催しているボランティア団体を迎え、「本物の科学体験」をお送りします。

 

 

8月24日(土)

13:30~15:15

 

「かんたんてづくりラジオ!

 講師:坂本 文博(きのくにサイエンスラボ)

    中村 文子(和歌山大学教育学部教務職員)

 

場 所:和歌山大学 松下会館(和歌山市西高松1-7-20)

対 象:小学4年生以上 (小学生の方は保護者の送迎を基本とします)

参加費:無料

定 員:各回20名(応募者多数の場合、抽選)

申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。

※メールでお申込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。 

     FAX:073-427-7616  E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472)

詳細についてはチラシをご覧ください。

20130824science.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 実験

2013年07月26日 14:03

今回の宇宙カフェは初めての会場、「ベルファン」さん!
お店の奥の席からは内堀川を見ることができる、川辺のお店です。


そんなステキなカフェでナビゲーターを務めてくださったのは、宇宙教育研究所特任助教の小谷朋美先生です。
DSCN8166.JPG

小谷先生は昨年8月に初めて登場され、今回が2回めのナビゲーターです。

今回は「UNIFORM:和歌山大学12m・3mアンテナを使った衛星運用」ということで、今年度中に打ち上げ予定の超小型衛星UNIFORM1を追尾する2台のアンテナのお話でした。

DSCN8157.JPG

和歌山大学には直径が12mのパラボラアンテナと3mのパラボラアンテナ、2台あります。
大学の外から見えているのは12mのアンテナですね。
(私はこの日まで3mアンテナがどこにあるのか気づきませんでした…)

この2台のアンテナは異なる周波数をキャッチするため、それぞれ役割が異なります。
3mアンテナは衛星にコマンドを送り、衛星の健康状態のデータを受信し、
12mアンテナは衛星が撮った写真データを受信するそうです。

今回のプロジェクトは、衛星が撮った写真から山火事を発見し、早期消火をめざすネットワークづくりの一つのようです。
海外の電波望遠鏡やそれぞれ地元の方々の協力が重要です。
なんてグローバルなお話!
スタッフもお客さんもとても興味津々でした!

DSCN8169.JPG

小谷先生、とてもわかりやすいお話、ありがとうございました!

さて、次回はなんと和歌山大学の中にできたカフェで開催します!
詳細はこちら → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2013/07/8-3.php
みなさん、オススメの一冊をお持ちくださいね!

それでは、次回もみなさんのご参加をお待ちしておりますw

カテゴリ:活動報告

タグ:宇宙カフェ

2013年07月26日 14:01

8月の宇宙カフェのご案内です。

みなさんは、今年の夏はどんなふうに過ごす予定でしょうか?
今回のお店は、6月に和歌山大学附属図書館にオープンしたカフェ「ピッタパッタ」です。
「夏」「図書館」といえば……

そう、夏休みの宿題の定番 “読書感想文” !

そこで、みなさんオススメの宇宙や星に関する本とその感想を持ち寄って、あーだこーだとお話しましょう。

また、晴れたいたらテラスで、星座早見盤や望遠鏡を使って実際の星も眺めてみたいと思います。
星を見ることを覚えた遠いあの夏の日を思い出しながらー

 

テーマ:大人の夏休みの宿題ーおすすめの星の本は?ー

ナビゲーター:吉住 千亜紀(観光学部 特任助教)

日 時:平成25年8月26日(月) 18:30〜20:00頃

場 所:カフェ ピッタパッタ(和歌山大学附属図書館内)

対 象:中学生〜一般

参加費:ワンドリンクオーダー制

定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)

持ち物:宇宙や星に関するオススメの本一冊

申込み:メールまたはFAX

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)をご記入の上お申込みください。

    FAX:073-427-7616

    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20130826宇宙カフェ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 宇宙カフェ

2013年07月26日 13:36

本日の土曜楽交は『和歌山行っとこマップ』というテーマで1つめの授業が始まりました。

和歌山の市町村について、グループに分かれてiPadで調べます。

調べた市や町の特色を模造紙に書き込んでいきました。

DSCN81656.JPG

先生が作ったものを参考にイラストもたくさん入れて作っていきます。

DSCN8187.JPG DSCN8201.JPG

出来上がった作品は順番に前で発表しました。

DSCN8205.JPG  DSCN82106.JPG

時間をめいっぱい使って作った作品はどのグループもそれぞれの町の特徴をとらえたイラストが入っていてカラフルでした。

 

本日、2つめの授業は『物体ぶった斬り!』です。

前のスクリーンにはいろんな形の立体が映し出されました。

その名称をみんな手をあげて答えていきます。

DSCN8215.JPG

球体・立方体・円柱・三角錐・・・

今回はその中の立方体を使っていろんな図形を作ります。

みんなの手元に用意されたのは、発泡スチロールの立方体とそれを切る発泡スチロールカッター。

これを使って立方体を直線で二つに切っていきます。

DSCN8231.JPG

カッターの刃は熱くなっているから気をつけて!

DSCN8224.JPG

断面がギザギザになっちゃったりと、みんな慣れないカッターに悪戦苦闘しながら立方体をぶった斬っていきました!

立方体を二つに切ったら、その断面に絵の具を塗って紙にペタリと押しつけてみました。

どんな形になっているんでしょうか。

DSCN82336.JPG DSCN82396.JPG

続いては、先生が用意した色んな形を線にあわせて切ってみました。

DSCN8247.JPG DSCN8249.JPG

さて、今回の断面はどうなっているのかな?

何か共通点がないか、それぞれ見比べみんなで探してみたところ・・・

DSCN82506.JPG 

立体を切った時の断面の形の出来方には法則があるということが分かりました!

別の形や切り方を試せば、他にも法則が出てくるかもしれませんね。

 

それでは本日の土曜楽交はここまでです。

次回の授業で第2クールは最終日となります。お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年07月23日 09:28

今日の土曜楽交は、『都道府県カルタ』と『世界遺産クイズ』です。

では早速、『都道府県カルタ』の開始。カルタを机の上に広げていくと…

0713_01.JPG

県名の書かれていないカルタを発見! 

このカルタは、一体どこの県のことなのでしょうか? 班のみんなで話し合って、カルタを完成させます。

0713_02.JPG

カルタができあがったところで、いよいよゲーム開始です。

先生が読み上げる札を取っていきます。

0713_03.JPG

0713_04.JPG

真剣勝負です。

ひととおりゲームが終わったところで、取った札を日本地図のうえに並べていくと…

0713_05.JPG

各班のカルタが、46枚しかないことがわかりました。

 

では、次は、各班オリジナルの都道府県カルタをつくろう! ということで、足りない1枚を確認して、その班について調べていきます。

0713_06.JPG

文字を書いたら、絵を描いて、オリジナルカルタの完成です。

0713_08.JPG 0713_07.JPG

では、完成した都道府県カルタを使って、いよいよ第2戦。

0713_09.JPG

第1戦以上の熱戦が繰り広げられました。

 

さて、都道府県カルタが一段落したところで、次は世界遺産クイズです。

世界遺産といえば、富士山が世界文化遺産に登録されたのは、記憶に新しいところ。

0713_10.JPG

では、日本にある17の世界遺産は、それぞれどこの都道府県にあるのでしょうか?

0713_11.JPG

みんなで楽しく、日本にある世界遺産について学習することができました。

 

本日の土曜楽交はここまでです。

次回もお楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年07月16日 11:29

先週に引き続き、今週も土曜楽交中学生編を開講〜!

IMG_1030 のコピー.JPG
今週はiPadでどんなことをするのかな?

まずは前回の復習から。
全国地図パズル、今回はタイムアタックで!
誰が一番にできるかな?!
IMG_1038 のコピー.JPG IMG_1042 のコピー.JPG

もちろんたつみ先生も参戦☆
先生も真剣にやっています〜

さて結果はというと…

IMG_1047 のコピー.JPG

なんと3分台がでました!すごい!
家でどんな特訓をしてきたのでしょう?!

IMG_1109 のコピー.JPG

たつみ先生、ざんねん……(´;ω;`)

前回の復習で頭も体もほぐれてきたところで、今度は漢字のクイズづくりと一筆書きのナゾに挑戦!
IMG_1073 のコピー.JPG
自分で漢字の書き取りに挑戦したあと、間違えた問題を集めて自分だけのオリジナル漢字問題にできちゃうとは!自分が知らなかった漢字がよくわかるね!

IMG_1115 のコピー.JPG
一筆書きは、たつみ先生が用意したいろんな図形で、一筆書きができるものとできないものを探して、出来る法則を考えるというもの。
これはすっごく難しい!
一筆書きができるかできないかは試してみればわかるけど、できる法則を考えるのが難しい!
みんなであれこれ意見をだすも、なかなか「コレ!」というのがなくって…
その後法則が見つかったかどうかはここではナイショです(笑)

最後は立体の勉強&工作!
iPadのアプリを使うと、平面図に書いた絵や線が、立体になって見えるのです!
空間図形が苦手な人に、超ピッタリ!
IMG_1159 のコピー.JPG IMG_1189 のコピー.JPG
先生が見本でガチャピンを作っていたので、ムックを作る子もw
最後は平面図を印刷してプレゼント♪

今日はiPadを使って、社会・国語・算数の勉強ができました!
中学生の反応もよく、とても楽しい授業でした〜

土曜楽交中学生編は次回は10月の開催を予定しています。
普段学校では使わないような機材を使った授業を考えています。
興味のある子はぜひぜひご参加くださいね

お待ちしております☆

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年07月12日 10:38

6月末から始まった土曜楽交・第2クール!
実は小学生の授業が行われている横で、中学生の土曜楽交も始まりました!

今回の中学生編はタブレット型コンピューター(iPad)を積極的に使った、普段学校ではできないような授業です。中学生を担当するのは、土曜楽交でもベテランの先生、たつみ先生です♪

IMG_0796 のコピー.JPG

みんなが集まったところで、早速一人1台、iPadが渡されます。
まずは簡単なアンケートに答えてみましょう!

IMG_0801 のコピー.JPG

ぽちぽちっと触るだけでアンケート終了〜。結果は先生のパソコンで自動的に集計されてすぐに見ることができます。すごい!

おぉ〜、と感心したところで続いて全国地図パズル対決!
二人一組でどちらが早く日本地図を完成させられるか競争します。
IMG_0815 のコピー.JPG

なかなか形だけで何県かを判断するのはむずかしい〜!!
IMG_0818 のコピー.JPG

たつみ先生と大先生(元社会科教員)も対決!
でも中学生の方が早い(笑)負けてますよ、せんせー!!

いくつかのアプリを使ってiPadに慣れてきたところで、後半は写真を撮って画像加工に挑戦!
IMG_0881 のコピー.JPG

iPadとアイデアを駆使して和歌山の名産品の写真を撮ります。
(※注意※これはデジタル一眼で撮影したものです)

20分くらいかけて、館内のいろんなところで写真を撮ります。
ステキな写真が撮れたら、iPadを使って画像加工!
写真の一部だけに色をつけたり、文字を入れたり、切り抜いたり…
みんな思い思いの写真を作りましたよ♪

IMG_0926 のコピー.JPG

できた写真はちゃんとプリントアウトしてくれて、みんなお家に持って帰りました〜
iPad1台でこれだけできるってすごいですね!

ちなみにこの日、iPadを使ったことがある中学生は10人中2人。
ほとんどの子が初めてiPadを使ったのですが、みんなすぐに簡単な操作はできるようになっていました。
こんなにみんな使えるようになるなら、学校の授業でもタブレット型コンピューターは活用できそうですね!

さて、中学生編は来週に続きます。
次回はiPadでどんなことをするのかな?

お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年07月12日 09:57

今年度初めての歴史かふぇは本町にあります、cafeぼへみあんさんにて開催いたしました。
本日のテーマは『和歌山県における移民の歴史』
和歌山大学観光学部教授の東 悦子先生にお話いただきました。
 
DSCN8158.JPG
 
お話はこの研究の目的と意義から始まり、和歌山から各国へと渡った移民の歴史を説明していただきました。
 
DSCN8159.JPG
 
いろんな資料と共に語られる歴史。
先生が現地に行かれ、聞いて来られた生の声。
 
今後の歴史の保存と継承、またそこから学ぶものについて改めて考える内容でした。
 
 
カフェ終了後もみなさんの質問やお話は尽きない様子でした。
 
 
東先生、お話ありがとうございました。
そして、たくさんの方にご参加いただきありがとうございます。
 
次回の歴史かふぇもご参加お待ちしております。 
 

カテゴリ:活動報告

タグ:歴史かふぇ

2013年07月11日 11:28

本日も始まりました土曜楽交!

今回のテーマは『今日から君も書道家師範代!』『解体しまshow』の二本立てです。

 

授業が始まる前の会場は机の上と床に新聞紙が敷かれ、なにやら物々しい様子。

DSCN81425.JPG

今回、墨を使って書道の授業ということなので、汚れないように気をつけて。

でも、ここは土曜楽交。普通の書道の授業ではありませんでした。

 

まず初めはグループごとにリレー書道の開始です!

お題は土曜楽交の『楽』の字。

みんなで協力しながら一画づつ順番に筆を進めて、ひとつの文字を完成させていきました。

DSCN8155.JPG

線が太かったり細かったり、右に寄ったり左に寄ったり。

ひとりで書くのとは違って、難しかったようです。

完成品は前に並べてみんなで見比べてみました。

DSCN81655.JPG

 

続いては創作文字を書いてみよう!ということで、先生のお手本を参考にみんな好きなように字をアレンジして書いていきました。

DSCN8170.JPG

最初は練習。本番は色紙に書きます。

みんな上手く書けたかな?

DSCN81795.JPG DSCN8204.JPG

色んな楽しい字が完成していました。

 

書道の授業に続いては『解体しまshow』

電化製品をドライバーなどの工具を使って解体していくという授業なのですが、パソコン、電話機、掃除機、ポット・・・普段使っている電化製品の中身なんて見たことがないので、みんな興味津々!

DSCN82165.JPG DSCN8233.JPG

唯々、解体するだけではありません。ちゃんと先生からミッションを与えられています。

見事クリアする事ができるのでしょうか。

DSCN8218.JPG DSCN82505.JPG

みんな手を真っ黒に汚しながら、キャーキャーととても楽しそうに解体していきました。

スタッフもポットの中身を見てちょっと吃驚。

みんなも色んな発見があったようです。

 

最後はグループでミッションの報告を前でしてもらいました。

DSCN8255.JPG

元の形が分かる部品から、ネジまで多くの部品で構成されていることが分かったとの事です。

 

授業が終わっても、みんなまだまだ解体したい様子でしたが、今回はここでお終いです。

みんなとても楽しかったようです。

 

それでは、今回の土曜楽交はこの辺りで。

次回もお楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年07月10日 13:26

 

ちょうど一年ぶりに登場の貴島先生をナビゲーターに、レモネードカフェさんで今年度2回目の宇宙カフェを開催しました!
普段はライブハウスとして利用されているレモネードカフェさんの2階も、この日はちょっと違う雰囲気です。

最初の話題は、7月15日に開催される「缶サット甲子園 和歌山大会」
「甲子園」ということで、参加するのは高校生ですが、見学は誰でもOKだそうです。
詳しくはこちらから → http://www.wakayama-u.ac.jp/ifes/news/20130715.html

という宣伝(?)の後、いよいよ本題です。

まずは太陽系のお話を少し。
DSCN8130.JPG

惑星と衛星と恒星の違いや、衛星の数のお話など。
木星の衛星は現在66個と言われていますが、そのうちの半分以上が2000年以降に見つかったものだとか。
結構最近なんですねぇ~

実は天文少年ではなかったという貴島先生。
人生の中で一度くらいは望遠鏡をのぞかなくては…と思い、木星の観察を始めたそうですが、
今回はその木星写真を使って、4つの衛星(いわゆるガリレオ衛星)の公転周期をみんなで求めました!

求め方は簡単。

木星と衛星の距離を測ってグラフにしていくだけ。

…なんですが、これが結構難しい!

問題点は3つ。

まずは、木星と衛星(今回はエウロパがターゲット)の距離をどこで測るか。
エウロパはほぼ点なのであまり問題ではありませんでしたが、木星となるとちょっと大きさが出てきます。
木星の中心で測るのか、へりで測るのか、によっては1~2㎜の違いは出てきそうです。

2つ目の問題は、小数点以下は何ミリまで測るのか。
とはいえ、みなさんの手元にあるのはほぼ1㎜が最小単位の普通の定規。
1㎜単位までで測るのか、心の目で0.5㎜まで測るのか…

3つ目はエウロパの位置。
木星を中心として、エウロパが木星の右にあるのか左にあるのかが重要なのです。

この3つの問題点をみんなで話し合いながら、木星とエウロパの距離を測定していきます。


DSCN8134.JPG

そしてみんなの測定結果を集めて、グラフにすると・・・!!

うーん、ちょっと微妙でしたが、なんとなくそれらしい波上のグラフになりました!・・・かな?

先人たちはこうやって星の公転周期を計算していたのでしょうか。
すごいですね!

参加者の方からも、みんなの測定データを使ってグラフをつくるなんておもしろい!
と大変好評でした。

またこんなワークもカフェの中でやりたいですね。

次回のナビゲーターも一年ぶりのご登場です。
宇宙教育研究所特任助教の小谷朋美先生が、今年末に打ち上げ予定の衛星と和歌山大学のパラボラアンテナ運用についてお話されます。
詳細はこちらから → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2013/07/7-uniform12m3m.php

次回もみなさんのご参加、お待ちしておりますw


カテゴリ:活動報告

タグ:宇宙カフェ

2013年07月02日 15:31

12 |