地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 活動報告 > 8月24日の科学教室!「かんたん手作りラジオをつくろう!」

8月24日の科学教室!「かんたん手作りラジオをつくろう!」

本日の科学教室は『かんたん手作りラジオ』ということで授業が始まりました。
 
ラジオを作る前に様々な通信を体験しました!
磁場通信、電場通信、ヘルツの実験・・・
 
中には少し危ないものもありましたので先生が実験するのをみんなで見学しました。
 
DSCN8315.JPG DSCN8324.JPG
 
 
みんなが実際チャレンジしたのはリモコンの信号を音で聞こうというもの。
リモコンはボタンを押すと出る赤外線で通信を行っています。
ギターアンプに繋いだ太陽光電池でその赤外線を受けると音が鳴るとの事でした。
さあ、チャレンジです!
 
DSCN8336.JPG
各班で音が違って聞こえていたのは、リモコンのメーカーによって音がそれぞれ違うからとのこと。
リモコンを交換して音の違いを聞き比べたりしている班もありました。
 
 
続いて行ったのは光通信です。
 
DSCN8340.JPG DSCN8341.JPG
これは前で先生がして見せてくれました。
音の信号を豆電球の光の強弱にかえて、太陽光電池で受けて電気信号に変えてギターアンプで音を聞くというものでした。
 
 
さて、次の実験は光電話。
底をくり抜いた紙コップにラップとアルミテープを貼りつけます。
アルミテープに光を反射させて、その光を太陽光電池で受けて音にするという実験でしたが、上手く出来るでしょうか。
 
DSCN8352.JPG DSCN8347.JPG
 
部屋を暗くしてアルミテープに光を反射させます。
 
DSCN8359.JPG
部屋の電気が消えないというトラブルもありましたが、みんなちゃんと聞こえたようです。
 
 
 
さあ、いよいよラジオを作ります。
まずはラジオの簡単な仕組みや材料の説明から。
 
DSCN8368.JPG
 
その後はその材料を使って班ごとに組み立てて早速ラジオ放送を受信してみました。
 
DSCN8375.JPG DSCN8377.JPG
最初は雑音しか入らなかったラジオですが、少しずつコンデンサーをずらして調整していくと・・・
クリアに聞こえる!とまではいきませんでしたが、ちゃんと放送を受信する事が出来ました。
 
この手作りラジオはゲルマニウムダイオードやクリスタルイヤホンなどの材料があれば家でも作れるそうです。
 
それでは今回の科学教室はここまでです。
次回の科学教室は9月28日『魔法の壁をつくろう!』です。
お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:科学教室

2013年08月28日 13:54