地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2013年9月

2013年09月

9月19日(木)は中秋の名月でした。
今年はお天気もよく、満月が綺麗に見えましたね。
残念ながら宇宙カフェはお月見が終わった後……
ですが、お月見は「中秋の名月」だけではない!

ということで、かわべ天文公園の古屋昌美さんをお招きし、話題提供いただきました。
ずばりテーマは「中秋だけではない?”お月見いろいろ”」です。

DSCN8423.JPG

まずは中秋の名月とはなんなのか?どうして始まったの?からはじまり、
すすきやお芋、お団子などのお供え物の話へ。
お供え物の話で一番興味深かったのはなんといってもお団子!

これ、地方によっていろんな形があるんですよね。
我が家は子どものころから丸いお団子だったんですが、関西ではしずく型で餡が巻いているんですよね。
びっくり。
沖縄ではお餅の外に茹で小豆がまぶされていたり、秋田ではもはやお団子と言っていいのかわからないようなお団子だったり。

また地方での風習も様々で、その日だけはお月見のお供えや畑の作物を取ってもいいとか、相撲や綱引きをしたりだとか。

最近ではこういった季節の行事を行わないところが増えてきていますが、その地方の文化がそこにはあって素晴らしいものだと、改めて思いました。

DSCN8418.JPG

そして、なんと!
今年のお月見はまだ終わっていないとのお話が!
中秋の名月の約1ヶ月後、旧暦9月13日の月は十三夜だそうです。
なんでも十五夜と対になっていて、片方だけの月見では「片月見」として縁起が悪いそうです。
つまり今年十五夜にお月見した人は、自動的に十三夜もやらないとダメってことですね!
ちなみに今年の十三夜は10月17日だそうです。

そしてもう一つが十日夜。
東日本で広く行われた旧暦の10月10日の夜に行う農業のお祭りだそうです。

本当、お月見と一口に言ってもいろいろあるものなんですね~
十五夜にお月見をしたので、十三夜もお月見をしなくては……

さて次回の宇宙カフェは10月31日(木)開催です。
詳細はこちらから → 
http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2013/09/10-seti.php

みなさまのご参加、お待ちしております!

(会場提供:take A cafeさま)

カテゴリ:活動報告

タグ:宇宙カフェ

2013年09月26日 13:35

10月の宇宙カフェのご案内です。
今度はなんと、地球外知的生命についてのお話です!

 

みなさん、SETI(セチ)って、ご存知ですか?
地球外知的生命探査(Search for Extra-Terrestrial Intelligence)の略です。主に、宇宙からの電波を集める電波望遠鏡を使って、地球外の知的生命の探査を行う事を言います。これまで人類の行ってきたSETIについて、また、和歌山大学の行っているSETI観測についてご紹介します。また、ドレイクの方程式を使って、参加者のみなさんと、宇宙に知的生命の存在する確率を計算してみましょう。


 

テーマ:SETI(セチ)って知ってますか?
ナビゲーター:佐藤奈穂子(和歌山大学宇宙教育研究所研究支援員)
日 時:平成25年10月31日(木) 18:30分~20:00頃
場 所:cafe Belle Fum(ベルファン/和歌山市杉ノ馬場1-44)
対 象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20131031宇宙カフェ.jpg

 

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 宇宙カフェ

2013年09月26日 11:27

10月の歴史かふぇのご案内です。

 

今回の歴史かふぇは、和歌山大学経済学部教授  鈴木裕範先生を案内人に、

「いま、すし王国紀州を語る ー その文化と背景 ~『奥熊野北山村の民俗誌』から読み解く~」をお届けします!

さんまずし、さばずし - すし王国紀州はなぜ、なれずしが多いのか。奥熊野の祝い膳を飾るアユずしと紀ノ川流域のアユずしの違いは?そして、村の“とり料理”に託された作法とは?

北山村が今春刊行した『奥熊野北山村の民俗誌 100の話で語る村の今昔』から、食の風景を読み解くと、時間の中に埋もれたふるさとの文化風景が姿を現します。

食文化を語ることは、いまわたしを語り、地域を語る必須テーマになりました。 

なぜか、地域を見つめ、まちづくりを考えるもう一つのヒントがそこにあります。

 

テーマ:いま、すし王国紀州を語る ー その文化と背景 ~『奥熊野北山村の民族誌』から読み解く ~

ナビゲーター:鈴木裕範(和歌山大学経済学部教授)

日 時:平成25年10月11日(金) 13:30~15:00頃

場 所:カジュアルレストラン&コミュニティサロンINTERLAKEN(和歌山市本町1丁目34)

対 象:一般

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

     FAX:073-427-7616

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20131011歴史かふぇ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2013年09月11日 15:32

まちかど土曜楽交中学生編、第2期を募集します!

10月19日(土)・10月26日(土)と2回連続で行われます。

みなさんぜひご参加くださいね。

 

10月19日(土)

10月26日(土)

10:00~12:30

【考える事はおもしろい!

     思考力・判断力・表現力をアップしてみんなに差をつけよう!

【楽しく暗記して、情報スキルも身につけちゃおう!】

iPadのようなタブレットを使って先進的な「分かる・できる・楽しい授業」や、

思考の見える化や観察眼を鍛える・伝える工夫などを重視した「考えることは面白い」授業を行います。


※申込締切:10月18日(金) 16時まで

場 所:和歌山市役所14階(和歌山市七番丁23番地)

対 象:中学1~3年生

参加費:無料

定 員:15名(中学1~3年生合計)※先着順になります。

申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。

※メールでお申込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。

    FAX:073-427-7616

    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧ください。

20131019中学生front.jpg 20131019中学生back.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 中学生

2013年09月10日 13:10

夏休みも残り一週間という8月26日、宇宙カフェを開催しました☆
夏休みの宿題といえば思い出す……読書感想文。
個人的にあの宿題が非常に苦手で、いつも最後に残して後悔していました(苦笑)

今回は和歌山大学附属図書館内のカフェで開催&夏休み、ということで、
テーマは「大人の夏休みの宿題〜オススメの星の本は?」でした。

参加者のみなさまには一冊ずつオススメの本を持参していただきましたよ!

DSCN8390.JPG

こんな感じで大きなテーブルにみんな集まって、それぞれの持ってきた本を紹介します。
数字がたくさん並んだ難しそうな本から、有名な小説、はたまた図鑑のようなキレイな本まで、本当に十人十色の世界です。
DSCN8399.JPG

ちなみに私が読んだといって紹介したのは、漫画の「宇宙兄弟」と絵本「シロナガスクジラより大きいものっているの?」です。いかに読書が苦手かわかる内容ですね…

ちなみに今回紹介された本はこちら。
DSCN8401.JPG

・星の王子さま
・スペース・アート
・地球をはかる
・インターネット天文台
・すごい宇宙講義
・星になったチロ
・たんぽぽクレーター
・現代天文学
・天文年鑑
・星の王子さまの天文ノート
・羊の宇宙…などなど

最後には机の上にはみなさんが持ってきた本が山のようになっていました(笑)

この日は雨で天体観測をしたり。パラボナアンテナ見学をしたりはできませんでしたが、わいわいおしゃべりできてとても楽しかったです。

次回は9月25日(水)開催です。
詳細はこちらから→http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2013/09/9-1.php

次回もみなさまのご参加、お待ちしております!

カテゴリ:活動報告

タグ:宇宙カフェ

2013年09月02日 11:32

9月の宇宙カフェのご案内です。

9月といえば、中秋の名月…お月見ですね。
残念ながら、宇宙カフェはお月見が終わった後……
でも、お月見は「中秋の名月」だけではありません。
古来から月と親しんできた日本人は様々なカタチの「月見」を楽しんできました。
月見の不思議な風習から、種類も姿も様々な各地域のお月見団子、和歌山の熊野地方に伝わる不思議な月の伝説まで、私達のご先祖と月とのお付合いを幅広くご紹介していきます。

テーマ:中秋の名月だけではない?"お月見いろいろ”
ナビゲーター:古屋 昌美(かわべ天文公園主任技術部員/和歌山大学宇宙教育研究所客員准教授)
日 時:平成25年9月25日(水) 18:30分〜20:00頃
場 所:take "A" cafe(テイクエーカフェ/和歌山市元寺町1-25 ドンキホーテビル2階)
対 象:中学生〜一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20130925宇宙カフェ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 宇宙カフェ

2013年09月02日 11:05