地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > お知らせ > 10月の歴史かふぇ  〜いま、すし王国紀州を語る ー その食文化と背景~

10月の歴史かふぇ  〜いま、すし王国紀州を語る ー その食文化と背景~

10月の歴史かふぇのご案内です。

 

今回の歴史かふぇは、和歌山大学経済学部教授  鈴木裕範先生を案内人に、

「いま、すし王国紀州を語る ー その文化と背景 ~『奥熊野北山村の民俗誌』から読み解く~」をお届けします!

さんまずし、さばずし - すし王国紀州はなぜ、なれずしが多いのか。奥熊野の祝い膳を飾るアユずしと紀ノ川流域のアユずしの違いは?そして、村の“とり料理”に託された作法とは?

北山村が今春刊行した『奥熊野北山村の民俗誌 100の話で語る村の今昔』から、食の風景を読み解くと、時間の中に埋もれたふるさとの文化風景が姿を現します。

食文化を語ることは、いまわたしを語り、地域を語る必須テーマになりました。 

なぜか、地域を見つめ、まちづくりを考えるもう一つのヒントがそこにあります。

 

テーマ:いま、すし王国紀州を語る ー その文化と背景 ~『奥熊野北山村の民族誌』から読み解く ~

ナビゲーター:鈴木裕範(和歌山大学経済学部教授)

日 時:平成25年10月11日(金) 13:30~15:00頃

場 所:カジュアルレストラン&コミュニティサロンINTERLAKEN(和歌山市本町1丁目34)

対 象:一般

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

     FAX:073-427-7616

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20131011歴史かふぇ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2013年09月11日 15:32