地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2013年10月

2013年10月

この日の土曜楽交はみんなで和歌山カルタを作りました。
和歌山カルタとは、和歌山に関連した文章とイラストを入れて自分たちでカルタを作っちゃおう!というもの。
DSCN8618.JPG
 
先生から配られた画用紙には最初の一文字だけ書いてありました。
DSCN8622.JPG
さあ、みんなはここからどんなカルタを作るのでしょうか。
 
先生や周りのお友達と相談しながらカルタを作っていきます。
DSCN8623.JPG DSCN8641.JPG
カラーペンを使ってイラストもバッチリです!
DSCN8678.JPG
 
出来上がったカルタを使って、みんなでカルタ取りをしてみました。
手は頭の上に・・・
先生が読み札の一文字めを読み上げると同時に『取ったー!』との声。
みんな早い、早い。
DSCN8658.JPG DSCN86481.JPG
白熱した戦いが繰り広げられていました。
 
休憩を挟んで、続いては『今日から君も和歌山弁マスター!』という授業です。
授業の最初に先生がおもしろい曲を流してくれました。
歌詞の中に和歌山弁が盛りだくさん!
DSCN8662.JPG
知っている言葉もあれば、知らない言葉もあったり。
みんな意味は分かったかな??
 
楽しい曲を聴いた後は、方言はどのようにして生まれたのか。や、和歌山だけでなく各地方の方言を勉強しました。
そのまま聞くと別の意味でとってしまいそうな変わった方言がいっぱいありましたね!
DSCN8668.JPG DSCN8675.JPG
 
最後はその各地の方言を使ったクイズにチャレンジしました。
さっき習った言葉ばかりでしたが、みんなちゃんと憶えていたかな?
DSCN8677.JPG
みんなで答え合わせもしました
全問正解した子も何人かいました!
問題がたくさんあったのに凄いですね!
 
それでは、今回の土曜楽交はここまでです。
次回もお楽しみに!
 

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年10月29日 14:04

まちかど土曜楽交中学生編、第3期を募集します!

12月7日(土)・12月14日(土)と2回連続で行われます。

みなさんぜひご参加くださいね。

 

12月 7日(土)

12月14日(土)

10:00~12:30

【考える事はおもしろい!

     思考力・判断力・表現力をアップしてみんなに差をつけよう!

【楽しく暗記して、情報スキルも身につけちゃおう!】

iPadのようなタブレットを使って先進的な「分かる・できる・楽しい授業」や、

思考の見える化や観察眼を鍛える・伝える工夫などを重視した「考えることは面白い」授業を行います。


※申込締切:12月6日(金) 16時まで

場 所:和歌山大学 松下会館 (和歌山市西高松1-7-20  ※県立図書館隣り)

対 象:中学1~3年生

参加費:無料

定 員:15名(中学1~3年生合計)※先着順になります。

申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。

※メールでお申込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。

    FAX:073-427-7616

    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧ください。

20131207中学生front.jpg 20131207中学生back.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 中学生

2013年10月29日 10:21

11月16日(土)より、まちかど土曜楽交の第4期がスタートします。

土曜楽交では、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、楽しく学びの時間を過ごします。

11月 16日(土)

オリジナル和歌山スゴロクをつくろう!

11月30日(土)

バーチャル貴志川線紀行

12月 7日(土)

木の実で遊ぼう!

12月14日(土)

粘土細工を動かそう・クレイアニメづくり!

12月21日(土)

サトウキビから砂糖づくり! 

      ※都合により、学習内容は変更になる場合があります。

※申込締切:11月8日(金) 16時まで

※いずれも開催時間は10時~12時30分まで

場 所:和歌山大学 松下会館 (和歌山市西高松1-7-20  ※県立図書館隣り)

対 象:小学4・5・6年生(保護者の送迎を基本とします)

参加費:無料

定 員:25名(小学4・5・6年生合計)応募者多数の場合、抽選

申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。

※メールでお申込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。 

    FAX:073-427-7616

    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧ください。

machido4_front.jpg H25土曜楽交.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交

2013年10月29日 10:09

台風27号の接近により、天候が不安定になることが予想されるため、明日10月26日に予定しておりました土曜楽交および科学教室は休講とさせていただきます。

振替授業の予定等は下記のとおりです。

■まちかど土曜楽交(小学生) 振替授業はありません。次回は11月2日です。

■まちかど土曜楽交(中学生) 振替授業はありません。次回は12月7日です。

■科学教室 振替授業は現在調整中です。詳細が決まりましたらご連絡いたします。

 

以上、よろしくお願いいたします。

カテゴリ:お知らせ

タグ:台風 土曜楽交 科学教室

2013年10月25日 12:00

今回の歴史かふぇは、ぶらくり丁にありますインターラーケンさんで行われました。
『いま、すし王国紀州を語る-その食文化と背景』というテーマで、和歌山大学経済学部教授の鈴木裕範先生にお話しいただきました。
 
DSCN8532.JPG
 
まず、地域ごとのすしの文化について。
紀の川流域、紀中地方、紀南地方。
地域によっては使う材料が違っていたり、呼び方が違ったりと、
そこから見えてくる地域のしきたりや作法のお話を写真やイラストを使ってたくさんご紹介くださいました。
DSCN85331.JPG DSCN8537.JPG
 
そして話はなれずしの文化へ。
なれずしとひと言でいっても和歌山の県内だけでも、さんま、あゆ、さばと種類がたくさんあるのだそうです。
何故、海のない山間部まで広まっていったのか、由来、歴史などをお話ししていただき、
最後に参加していただいた方に出身地と地元で食べた・作ったすしのエピソードを少しですが、お一人ずつに語っていただきました。
 
DSCN8531.JPG
先生がご紹介くださったように、和歌山県内だけでも地域によって色々な種類があげられていてとてもおもしろいお話でした。
 
和歌山県は北から南まで様々なすし文化があり、特に紀州は日本の中でも地域性のある寿司文化が形成されているそうです。
 
鈴木先生、お話ありがとうございました。
 
では、次回の歴史かふぇもご参加お待ちしております。

カテゴリ:活動報告

タグ:歴史かふぇ

2013年10月23日 15:17

この日の土曜楽交はテレビ和歌山の取材が入りました。
準備の様子から少しご紹介しようと思います。
 
DSCN8539.JPG DSCN8545.JPG
今回の土曜楽交のテーマは『草木染めを体験しよう』ということで、ハンカチを染めるのにツツジの葉を使いました。
子どもたちが来る前にみんなで葉っぱをむしります。
 
DSCN8543.JPG
このツツジの葉っぱからどんな色に染まるんでしょうね。
 
いよいよ授業の始まりです。
まず初めにみんながしたのは、今から染める白いハンカチに輪ゴムを使って模様を入れる作業。
ハンカチを摘んだり、ねじったりしながら輪ゴムでくくっていきます。
 
DSCN8552.JPG DSCN8553.JPG
どんな模様になるんでしょうね。
楽しみです!
 
続いての作業は、鍋に湯を沸かして煮出してあった葉を今度はザルと箸を使ってこしていきました。
これが染色液になるんですね。
 
DSCN8561.JPG DSCN8576.JPG
2回程同じ作業を繰り返して染色液の完成です。
 
DSCN8578.JPG
この色からどんな色にハンカチは染まるんでしょうか・・・ちょっとドキドキしました
染色液が完成したら、先程のハンカチを鍋に入れ火をかけて色をつけていきます。
 
DSCN85829.JPG 
あとは鍋からひきあげて、輪ゴムをはずせば出来上がりです!
上手く模様がついたのでしょうか・・・ 
 
DSCN8595.JPG DSCN8599.JPG
輪ゴムをはずして広げてみると、綺麗な色に染まっていました。
模様もばっちり!
 
DSCN8614.JPG
スタッフも一緒に体験させていただきましたが、輪ゴムのくくり方が緩かったのかうすーくしか模様がつきませんでした・・・残念。
 
今回の土曜楽交の様子は11月17日(土)10:00~放送の『わがまち和歌山』で紹介される予定です。
 
それでは今回の土曜楽交はここまでです。
次回もお楽しみに!
 

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年10月18日 15:23

土曜楽交第3期がこの日から開校いたしました。
今回のクールは市役所の14階会議室が教室となります。
 
第3期、最初の授業のテーマは『和歌山の詩人になろう!』でした。
 
 DSCN8478.JPG 
和歌山に関する言葉を入れて、短歌や俳句・詩を作っていこうというものです。
 
 DSCN8477.JPG DSCN8480.JPG
まず、先生が一生懸命に考えて作った短歌を見せてくれました。
 
それをお手本にみんな『和歌山』で思いつくものを用紙に書いていきます。
『パンダ』 『和歌山城』 『たま駅長』 『みかん』 ・・・
 
ひとつ言葉が出てくると、みんな『和歌山』に関する単語が次々と出てきました。
指で文字数を数えながら、俳句や短歌をリズムよく作っていきました。
 
DSCN8489.JPG
 
考えた作品は筆ペンで色紙に清書をして、イラストも入れて。
DSCN8492.JPG DSCN8497.JPG
カラーペンや色鉛筆を使ってとてもキレイに完成していましたよ。
 
 
続いての授業は『万華鏡を作ろう!』ということで、みんなで工作をしました。
この万華鏡、作るのが凄く簡単なんです。
用意するのはプラスチックの細長い板とキラキラ光る裏面が銀色のカラーテープ。
 
DSCN8516.JPG DSCN8518.JPG
プラスチックの板にカラーテープを貼りつけて、三角形になるよう固定して中を覗いてみると、周りの景色が映り込んでとてもキレイでした。
 
早く完成した子は、続けて五角形の万華鏡作りにもチャレンジしていました。
 DSCN8521.JPG
 
そして、ここで先生が取り出したのはスマートフォン。
カメラで写した物が万華鏡のように見えるアプリがあるとのことで、それをみんなで体験してみました。
 
DSCN8525.JPG DSCN8527.JPG 
 
カメラを向けてシャッターをきると、不思議!
万華鏡を覗いた時のように、建物や人がクルクル回る画像が撮影できました!
 
DSCN8528.JPG
 
この後、いろんな物を撮影してはみんな大笑いして、たくさん面白い写真を撮ることができました。
 
 
それでは、今回の土曜楽交はここまでです。
また次回をお楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2013年10月10日 14:32

先生が最初に取り出したのは真ん中に黒い壁が見えている窓のついた箱。
これにネズミの人形を入れていくと・・・
DSCN84278.JPG 
あれ?壁をネズミが通り抜けちゃいました。
何でだろう?不思議だな?ということで、今回の科学教室は『魔法の壁をつくろう!』をテーマに授業が始まりました。
 
ここで出てきたのは大きな偏光板とその模型。
DSCN8440.JPG 
偏光板とは一定方向の光だけを通す性質があるフィルムです。
同じ向きに2枚重ねれば向こう側が見えるのに対して、直角にクロスさせるように板を重ねると光を通さなくなって黒くなってしまうのです。
 
DSCN84418.JPG DSCN84458.JPG
 
この性質を使って作ったのが先程の箱なのだそうです。
 
DSCN8446.JPG
箱の窓から見えていた壁は偏光板が重なって黒く見えていたところだったんです。実際は箱の中に壁は存在しなかったので、ネズミは通り抜けることが出来たんですね。
 
 
さあ、ここからはこの偏光板を使ってみんなで工作をしました。
 
細長い偏光板をふたつ並べてテープで貼りつけて筒を作ります。
DSCN8452.JPG DSCN8450.JPG
先程の箱と同じ原理で筒の真ん中に黒い壁が現れました。
先生が前で見せてくれた物より少し小さいけれど、みんな楽しそうに筒の中に指を入れ、壁を通り抜けるのを体験しました。
DSCN8457.JPG
 
 
最後に偏光板の仕組みを使ったおもしろい絵を見せてもらいました。
 
真っ黒な板に偏光板を重ねると絵が浮かび上がるように作ってあります。
更に上に重ねる板の向きを変えると白黒が反転されて絵が浮かび上がりました!
DSCN8463.JPG DSCN8464.JPG
これも偏光板の特性を利用したカラクリ絵だったのですね。
 
 
みなさんも偏光板を使って色々なアイデアを試してみて下さいね。
 
 
それでは今回の科学教室はここまでです。
次回の科学教室は10月26日『ミクロの不思議~顕微鏡観察~』です。

カテゴリ:活動報告

タグ:科学教室

2013年10月02日 15:30

10月開催の科学教室のご案内☆

和歌山市内で科学教室を開催しているボランティア団体を迎え、「本物の科学体験」をお送りします。

 

10月26日(土)

      13:30~15:15

「ミクロの不思議 ~ 顕微鏡観察 ~ 

 講師:廣瀬 正紀(わかやまSTC)

    赤阪 健司(わかやまSTC代表)

 

場 所:和歌山市役所14階 (和歌山市七番丁23)

対 象:小学年生以上 (小学生の方は保護者の送迎を基本とします)

参加費:無料

定 員:20名 (応募者多数の場合、抽選)

申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。

※メールでお申込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。 

     FAX:073-427-7616  E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

     問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472)

詳細についてはチラシをご覧ください。

 

20131026science.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 実験

2013年10月02日 11:25