地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 活動報告 > 9月28日の科学教室!「魔法の壁をつくろう !」

9月28日の科学教室!「魔法の壁をつくろう !」

先生が最初に取り出したのは真ん中に黒い壁が見えている窓のついた箱。
これにネズミの人形を入れていくと・・・
DSCN84278.JPG 
あれ?壁をネズミが通り抜けちゃいました。
何でだろう?不思議だな?ということで、今回の科学教室は『魔法の壁をつくろう!』をテーマに授業が始まりました。
 
ここで出てきたのは大きな偏光板とその模型。
DSCN8440.JPG 
偏光板とは一定方向の光だけを通す性質があるフィルムです。
同じ向きに2枚重ねれば向こう側が見えるのに対して、直角にクロスさせるように板を重ねると光を通さなくなって黒くなってしまうのです。
 
DSCN84418.JPG DSCN84458.JPG
 
この性質を使って作ったのが先程の箱なのだそうです。
 
DSCN8446.JPG
箱の窓から見えていた壁は偏光板が重なって黒く見えていたところだったんです。実際は箱の中に壁は存在しなかったので、ネズミは通り抜けることが出来たんですね。
 
 
さあ、ここからはこの偏光板を使ってみんなで工作をしました。
 
細長い偏光板をふたつ並べてテープで貼りつけて筒を作ります。
DSCN8452.JPG DSCN8450.JPG
先程の箱と同じ原理で筒の真ん中に黒い壁が現れました。
先生が前で見せてくれた物より少し小さいけれど、みんな楽しそうに筒の中に指を入れ、壁を通り抜けるのを体験しました。
DSCN8457.JPG
 
 
最後に偏光板の仕組みを使ったおもしろい絵を見せてもらいました。
 
真っ黒な板に偏光板を重ねると絵が浮かび上がるように作ってあります。
更に上に重ねる板の向きを変えると白黒が反転されて絵が浮かび上がりました!
DSCN8463.JPG DSCN8464.JPG
これも偏光板の特性を利用したカラクリ絵だったのですね。
 
 
みなさんも偏光板を使って色々なアイデアを試してみて下さいね。
 
 
それでは今回の科学教室はここまでです。
次回の科学教室は10月26日『ミクロの不思議~顕微鏡観察~』です。

カテゴリ:活動報告

タグ:科学教室

2013年10月02日 15:30