地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2014年1月

2014年01月

2011年7月から毎月1回開催してきた宇宙カフェ。
それがなんと今回、第30回を迎えるにいたりました!!
これも一重にご参加いただいているみなさまと、和歌山大学宇宙教育研究所、和歌山市役所等のスタッフのお陰です。
心よりお礼申し上げます。

記念すべき第30回のナビゲーターは、宇宙教育研究所所長の秋山演亮先生。
DSCN9098.JPG

会場は、ダイワロイネットホテル2階の「わかやま旅案内所 旅カフェ」さん。
和歌山城が目の前に見える、最高のロケーションです。

さてさて、そんなステキな場所でのお話は「太陽系大航海時代」
地球は、太陽系は、銀河系は一体どうやってできたの?なんてことから、時間と空間の話、星の成分、宇宙に生命体はいるのか…などなど多岐にわたるお話を聞かせていただきました。

DSCN9091.JPG,

個人的におぉっ!と思ったのは、太陽の動きとその周りを回る惑星の動きの映像!
普段私達は平面で考えがちなんですが、立体的に見るとすごい動きに…!
この感動と驚きは、映像を見た人にしかわからないのが非常に残念なのですが。
とりあえず、ほとんどの人が「おぉーーー!」と声をあげていましたw

これに関連して、もう1点ナルホド!と思ったのが、タイムトラベルの話。
例えば、現在いる場所と同じ場所に100年後降り立とうと思うと、位置を決めるのが非常に困難であるということ。
なぜなら、私達がいる地球は太陽の周りを回っているし、太陽もまたすごい速さで動いているからなんですねー。
よくタイムトラベルのSF映画なんかだと、簡単に100年後に行ったりしてますけど、そんなに簡単なもんじゃないと(笑)

最後には宇宙探査のお話と、「できることから積み上げていくこと」というメッセージをいただきました。
今回は小中高校生が多く参加してくれていたので、ぜひ「今できること」からしっかり積み重ねて成長してもらいたいなぁと思いました。

 

カフェ終了後には、小学生の男の子が熱心に先生に話を聞いていて、微笑ましかったですw
DSCN9107のコピー.jpg

 

次回は、2月28日(金)開催予定。
みさと天文台の方にお越しいただきお話を伺いたいと思います。
また詳細が決まりましたらお知らせいたします。
次回もお楽しみに!

 

 

カテゴリ:活動報告

タグ:宇宙カフェ

2014年01月28日 13:36

今回の歴史かふぇは『「紀州ネル」と和歌山の近代産業』というテーマで、和歌山大学名誉教授の高嶋雅明先生にお話しいただきました。
DSCN9077.JPG
 
会場はお城が真ん前に見える市役所14階の食堂です。
この日は天気も良かったので、窓から見える風景はバッチリでした!
 
DSCN9076.JPG IMG_0361.JPG
 
「紀州ネル」とは、の説明から始まり、和歌山でどのようにして綿ネル産業が栄えていったのか、また戦後の生産の陰りなどをお話くださいました。
 
今回のテーマであります、紀州ネルを実際に使った織物や足袋も直接触らせていただきました。
 
DSCN9078.JPG DSCN9080.JPG
 
お話がひと通り終わった後は先生への質問タイム。
参加された方々からは、次々にたくさんの質問が飛び出しておりました。
先生にはひとつ、ひとつ丁寧に回答いただき、また参加者さん同士で意見を交換しあったりと楽しい講義になったと思います。
 
高嶋先生、お話ありがとうございました。
 
 
次回の歴史かふぇは2月19日(水)に本町ラグタイムさんで開催予定です。
 
詳細はこちらをご参考下さい。
http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/01/2-4.php
 
それでは、次回のご参加もお待ちしております。

カテゴリ:活動報告

タグ:歴史かふぇ

2014年01月23日 16:24

2月の歴史かふぇのご案内です。

 

今回の歴史かふぇは、和歌山大学経済学部准教授 藤田和史先生をを案内人に、「地域資源の利用と風土産業  ~シューロから家庭用品へ~」をお届けします!

人類は身の回りにある様々なものを資源として利用し、生活を営んできました。

紀北の山間部に自生するシューロもそのようなものの一つです。

和歌山の人々はシューロを身近な材料として様々なものを生産してきましたが、その最もたるものが海南のたわしやほうきでした。戦後、たわしの生産をきっかけとして、海南は広く家庭用品の産地として発展してきました。

今回は、シューロと家庭用品をつなぐ流を、過去から現在に向かって考えてみたいと思います。

 

テーマ:地域資源の利用と風土産業 ~シューロから家庭用品へ ~

ナビゲーター:藤田和史(和歌山大学経済学部准教授)

日 時:平成26年2月19日(水) 13:30~15:00頃

場 所:本町ラグタイム(和歌山市本町1丁目18)

対 象:一般

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

     FAX:073-427-7616

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20140219歴史かふぇ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2014年01月23日 13:22

☆2月開催の科学教室のご案内☆
10月26日開催予定だったのですが、台風のため延期になった授業です。
今回改めて参加者を募集いたします!理科が好きな小学生集まれ〜!

  2月8日(土)

      13:30~15:15

「ミクロの不思議 ~ 顕微鏡観察 ~ 

 講師:廣瀬 正紀(わかやまSTC)

    赤阪 健司(わかやまSTC代表)

 

場 所:和歌山市役所14階 (和歌山市七番丁23)
対 象:小学年生以上 (小学生の方は保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:20名 (応募者多数の場合、抽選)
申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。
               【FAX】073-427-7616  【E-mail】 machikado@center.wakayama-u.ac.jp
※メールでお申込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。 
問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472)

詳細についてはチラシをご覧ください。

20140208科学教室.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 実験

2014年01月08日 18:42

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宇宙カフェをよろしくお願いいたします。

さて、この1月の宇宙カフェをもって、なんと第30回目の節目を迎えることとなりました。
2011年7月から毎月1回続けて来られましたのも、ご参加くださるみなさまのお陰です。
心より感謝申し上げます。

そんな第30回目を狙ったかのように登場するのは、宇宙教育研究所所長の秋山演亮特任教授です。

今回の概要は…
太陽系は水星のような大気のない固体の惑星や、金星・地球・火星のような大気のある固体の惑星、木星・土星・天王星・海王星のような巨大なガス惑星、あるいは月などの固体の衛星、氷で覆われた衛星、雪玉のような小天体、鉄で出来た小天体など、いろいろな姿をした星で形成されています。これらの星がどのように出来たのかご紹介します。
また太陽系に飛び出していく様々な探査機を紹介し、来る太陽系大航海時代についてお話させていただきます。

ということで、みなさま奮ってご参加くださいませ。

テーマ:太陽系大航海時代
ナビゲーター:秋山演亮(和歌山大学宇宙教育研究所・所長)
日 時:平成26年1月27日(月) 18:30〜20:00ごろ
場 所:わかやま旅案内所内(ダイワロイネットホテル和歌山2階)
対 象:中学生〜一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定 員:先着20名程度(要申し込み、当日参加申し込み可)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073−427−7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20140127宇宙カフェ_ver2.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 宇宙カフェ

2014年01月06日 10:00