地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2014年9月

2014年09月

中秋の名月だった9月8日、宮井平安堂の宮井ホールで宇宙カフェを開催しました。

今回のナビゲーターは中串孝志准教授(宇宙教育研究所/観光学部)
そして特別ゲストに明石市立天文科学館の井上毅さんをお招きしました!

DSCN4889.JPGIMG_4258.JPG
(ゲストの井上毅さん(左)と中串先生)

実は今回の宇宙カフェは、ぶらくり丁周辺の複数の飲食店と和歌山市駅前・京橋を会場に行っていた「お月見カフェ」の1会場でした。
 

この「お月見カフェ」は和歌山大学観光学部科学文化ゼミ生の企画で、今回の宇宙カフェの企画も同ゼミ所属の学生が考えたものです。

 

▼いつもと違う!音楽の生演奏付き宇宙カフェ!

この日の宇宙カフェは、女声合唱やアルトサックス、ピアノの生演奏を間にはさみつつ、中串先生や井上さんのトークがあるという特別編成。
DSCN4830.JPG
(オープニングは女声合唱で「Fly me to the moon」)

第1部は音楽と中串先生の「ちょっとした月のお話」

DSCN4841.-1JPG.JPG

月の基本的な情報やクレーターがなぜできるのかなどお話してくださいました。
そのほか会場と座談会的に自由に話をする時間も。

第2部は冒頭にご紹介した、明石市立天文科学館の井上さんをゲストに、中串先生と井上さんのトークショー。
中秋の名月の不思議をお話いただきました。

音楽を聴きながら宇宙の話を聞くなんて、なんて贅沢なんでしょう!
いつもとは違う雰囲気に参加者の方もとても楽しそうでした〜。

中串先生、井上さんありがとうございました!
次回は10月16日、ナビゲーターは富田晃彦先生です。
詳細はこちら → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/09/1016-cosmic.php

 

▼お月見カフェ、ほかの会場は?

・名月観望会@京橋プロムナード
IMG_4271.JPG

尾久土正己教授が天体望遠鏡で月を見る「観望会」を実施。
雲ひとつないきれいな空に浮かぶ月の表面をみることができました!
観望会の様子を見て、バスを途中下車して立ち寄ってくれた方も。

・お月見団子カフェ@ぶらくりキッチン
IMG_4298.JPG

自分でお月見団子を作って食べながら、月の話も聞けるお月見団子カフェ。
大人も子どもも楽しめる企画でした!

・音楽カフェ@インターラーケン
IMG_4344.JPG
3組の音楽団体がそれぞれステージを披露。
会場は若いお客さんが多く、盛況でした!

・宇宙人カフェ@PLUG
IMG_4314.JPG

宇宙人による宇宙人のカフェ。
宇宙人は地球語が話せないというハンデ付き。
今回の企画の中で(よくもわるくも)一番話題になっていました(笑)

・キャンドルカフェ@こりすカフェ
IMG_4324.JPG

宇宙人カフェの隣で行われていたとってもオシャレなカフェ。
店頭では好きな色のロウを混ぜあわせてオリジナルのキャンドルも作っていました。
店内はキャンドルの灯りでほんのり照らされていて良い雰囲気でした。

・名月観望会@和歌山市駅前
IMG_4340.JPG

こちらの観望会はみさと天文台の方々のご協力で実現しました。
電車やバスから降りた人たちが興味深そうに望遠鏡を覗いていました。
こちらは約200人の方が立ち寄ってくれたそうです!

また来年、中秋の名月にはこのようなイベントができればなぁと思います。

10月の宇宙カフェのご案内です。

みなさん、ウィリアム・ハーシェルさんをご存知でしょうか。

この名前を聞いて音楽家を思い出す人もいるでしょう。
またある人は天体望遠鏡のことを思い出すかもしれません。

実は両方共同じ人物のことなんですよね。

そうか、銀河系なんだ、これは!と、銀河系を発見したのが、
天王星を発見し、そしてなかなかの音楽家だったウィリアム・ハーシェルです。
今回の宇宙カフェではみなさまに「星図」を配ります。
そして星の数を勘定してもらいます。
そこから銀河系を発見してもらいます。

ハーシェルほどの力の入れ具合ではありません。
ちょっと面倒ですが、とても簡単に勘定できちゃいます。

みんなで星を数えてハーシェルになりましょう!

 

テーマ:きみもハーシェルになろう
ナビゲーター:富田晃彦(和歌山大学宇宙教育研究所/教育学部教授)
日 時:平成26年10月16日(木) 18:30〜20:00ごろ
場 所:musica cafe(和歌山市中 和歌山大学前駅駅ビル1階)      
対 象:中学生〜一般
参加費:1,500円(ワンドリンク・軽食付き)
定 員:20名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申し込み可能)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20141016宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちら 20141016宇宙カフェ.pdf

夏休みも終わりの8月27日、市役所近くのMr.CAFEさんをお借りして宇宙カフェを開催しました。

今回のナビゲーターは教育学部の石塚亙先生。
先生は1冊だけ本を持って会場に現れました。

DSCN4811.JPG

その本の話はのちほどするとして…

まず前置きとして石塚先生が言ったのは「今日は8割の余分な話と、2割の本題をします」

えっ、本題は2割?!
いやいやそんなことないでしょーと思っていましたが、本当にほとんどが宇宙と関係ない話(笑)

回転寿司の話になったときは、本当に宇宙の話にたどり着くのか心配になりましたw

そんなのらりくらり独特の雰囲気でお話される石塚先生ですが、どのお話もとてもおもしろい!
宇宙の話じゃなくても思わず聞き入ってしまうので不思議です。

DSCN4818.JPG

後半になってようやく、先生が持って来られた本の紹介。

リーヴィット 宇宙を測る方法」

天体の距離を測る最も一般的な方法は三角測量を使った方法だと思います。
これは結構みなさん知っていらっしゃいますよね。

このリーヴィットさんは、星の「光度」を利用して、遠くの星までの距離を測定することが可能だと発見した方です。
もうお話聞いてびっくり!えっ、そんな方法でいいの?!って感じです。

先生のお話がとてもおもしろかったので、この本を読んでみたくなりました。
みなさまもぜひ読んでみては?と思います。

石塚先生、ゆったりのんびり楽しいお話をありがとうございました。

次回は中秋の名月である9月8日に開催です。
詳しくはこちら → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/08/0908-cosmic.php

カテゴリ:活動報告

タグ:リーヴィット 宇宙を測る 宇宙カフェ

2014年09月05日 09:36

10月4日(土)より、まちかど土曜楽交の第3クールがスタートします。
土曜楽交では、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、
楽しく学びの時間を過ごします。

10月4日(土) 和歌山の偉人と話そう!
何があるかな?和歌山市
10月11日(土) おもしろ理科実験
10月18日(土) もし地震が起こったら?!
和歌山の名物を研究しよう!
10月25日(土) みんなで楽しく社会科楽習!
11月1日(土) 熊野古道と白浜

※都合により、学習内容は変更になる場合があります。
※いずれも開催時間は10時〜12時30分まで。初回(10月4日)のみ、下記集合場所に、9時55分にお集まりください。

H26まちど第3クール地図.jpg
 

場 所:和歌山大学教育実践総合センター (和歌山市栄谷930)
対 象:小学4・5・6年生(保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:25名(小学4・5・6年生合計)応募者多数の場合、抽選
申込み:FAXまたはメールでお申し込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
     ※メールでお申込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。 
※申込締切:9月26日(金) 16時まで
問合わせ:地域連携・生涯学習センター (TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧ください。

H26まちど第3クールfront.jpg

H26まちど第3クールback.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交

2014年09月03日 09:48