地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 活動報告 > 12月6日の土曜楽交!(第4期)

12月6日の土曜楽交!(第4期)

12月6日の土曜楽交1時間目は、ドライアイスで実験!

DSCN5637.JPG

ドライアイスを、BTB液を加えたアンモニア水(アルカリ性)に入れ、
しばらくするとどうなるのかな?

DSCN5643.JPG

色が変化!
 

DSCN5644-1.JPG

ドライアイスは、とけると二酸化炭素(気体)になります。
ドライアイスが水にとけると、炭酸水になり酸性になったのですね!

他の液体でも色々と実験☆

DSCN5651.JPG

ドライアイスから出ているように見える白いけむりは、二酸化炭素ではないそうです。

ストローから出てくるけむりに手を近づけてみると、しっとりと少しぬれました。

固体の二酸化炭素が昇華(しょうか)して気体になるとき、まわりの空気の熱をうばいます。
すると、空気中の水蒸気が急に冷やされて水滴(すいてき)になります。

DSCN5662-1.JPG

白く見えるのは、霧(きり)のように空気中をただよう水のつぶだったのですね。

手袋をつけて実際にドライアイスをさわってみたり、スプーンの上に乗せてみたり、
他にも色んな実験をしました!

ドライアイスは二酸化炭素になると約750倍に!
袋の中にドライアイスを入れ、袋口をしばり、お湯をそそぐとふくらみます。

次はしゃぼん玉で実験!

DSCN5667.JPG

ゆっくりゆっくりふくらんで・・・

DSCN5670.JPG

こんなに大きく!!

次に、ドライアイスを入れたエタノールの中に紙切れを入れてみると
紙はカチカチに凍り、スーパーボールをいれると凍ってはずまなくなることがわかりました。

DSCN5676.JPG

圧力の高いところではドライアイスはどうなるのでしょう?
万力(まんりき)という工具を使って、チューブの片方を止め
チューブの中にドライアイスを入れて、もう1つの万力で閉じると・・・

DSCN5690-1.JPG

ドライアイスは液体へと変化!そして万力を外すと一気に個体へと戻ることがわかりました。

2時間目はホバークラフト作りです。CDとフィルムケースが配られました。

DSCN5699.JPG

まず、きりでフィルムケースのふたと底に穴をあけて、
はさみでふたの穴を大きくします。

DSCN5702.JPG

フィルムケースをCDにはりつけて、風船の口にふたをはめて、

DSCN5712.JPG

風船をふくらませて、少しねじり、CDにはりつけたフィルムケースにふたをすると、

DSCN5714.JPG

机の上を滑りました!
風船の中の空気がフィルムケースを通り、CDと机の間に空気が入るしくみです!

DSCN5723.JPG

最後はドライアイスでボウリング!ピンはフィルムケース☆

DSCN5741.JPG

大きいドライアイスを選ぶ子もいれば、ドライアイスをくだいて
分散型で勝負する子もいました!

DSCN5743-1.JPG

楽しい時間はあっという間☆

今回の土曜楽交はここまでです!
次回をお楽しみに☆

カテゴリ:活動報告

タグ:土曜楽交 寺子屋

2014年12月09日 14:03