地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2015年3月

2015年03月

平成27年度より毎月1回程度、ワダイノカフェを開催していきます☆

新年度第1回目のワダイノカフェは4月22日(水)に開催!!

今回のテーマは「和歌祭の歴史と御船歌-御船歌を体験してみよう-」
 

■概要■

和歌祭は元和8 年(1622)に始まった紀州東照宮の祭礼。
城下を挙げて盛大に開催していたこの祭礼で、もっとも華やかなのが「練り物」と呼ばれる
芸能の数々でした。「唐船」と呼ばれる山車では「舟水主歌」が、海上の関船では
「御船歌」が歌われ、練り物に花を添えていました。しかし、いずれも長い歴史の中で
途絶えてしまいます。こうした芸能の断絶は、祭礼だけでなく、現代の私たちの生業や
生活などにも大きな変化を与える要因となっています。

今回のかふぇでは、平成22 年に復興された御船歌の歴史を通してこれらの問題を考えるとともに、
実際に御船歌を体験し、芸能の「継承」を考える機会になればと思います。

 

当日ご協力いただける唐舩御船歌連中さんのFacebookです☆
ぜひご覧ください!
https://www.facebook.com/HeGeJiTangChuanYuChuanGeLianZhong

 

テーマ:和歌祭の歴史と御船歌-御船歌を体験してみよう-
ナビゲーター:吉村旭輝(和歌山大学紀州経済史文化史研究所特任准教授)
日 時:平成27年4月22日(水) 19:00〜20:30ごろ
場 所:和歌浦支所2階会議室(和歌山市和歌浦2-1-19)
対 象:中学生〜一般
参加費:200円(ワンドリンクオーダー)
定 員:20名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申込み可能)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20150422_歴史かふぇ.jpg

3月25日、今年も和歌山大学の学位授与式が開催されました。

2015和歌山大学卒業式

暖かい日差しの中、市民会館で式を終えた学生たちがどんどん栄谷キャンパスに戻って、ゼミやサークルの仲間たちと卒業を祝っていました。

今年もまちかど土曜楽交に関わった学生11人が卒業しました。
また、宇宙カフェの学生スタッフからも1人卒業生がでました。

長い間関わってくれていた学生さんたちが卒業するのは寂しいですが、みんな新しい場所で元気にがんばってほしいです。もし何か困ったことがあったら、いつでも遊びに来てね!

そしてこの卒業式で嬉しい再会が。
昨年卒業したまちかど土曜楽交担当学生が、後輩の卒業をお祝いに大学へ来ていたのです。
去年の卒業式以来だから、1年ぶり!

元気そうに先生をしていました。

1427271552552.jpg

(1番右端の彼がまちどのOB)

彼からは、「まちどでやったことがすごく役立ってます!やってよかった!」とさらに嬉しい言葉をいただきました。
こうやって社会に出てからも、学生時代の経験が生かされていると聞くと、学生教育に携わってよかったなぁと思いますね。

さて、来週には4月になり新年度が始まります。
まちかどサテライトも引き続きがんばりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

3月10日、今年度最後の歴史かふぇを開催☆

今回のテーマは「語られざる、知られざる紀州の和菓子の話」。
会場は和歌山市民会館の和室をお借りしました。

IMG_0001-1.JPG

ナビゲーターは和歌山大学客員教授の鈴木裕範先生。

IMG_0036.JPG

鈴木先生は「食文化を活用した地域づくり」をテーマに
全国各地を訪ね歩いてこられ、その研究対象の一つである和菓子。

「紀州の和菓子と文化を考える会」呼びかけ人代表としてもご活躍されています。

3月ということでお話は「雛の節句」からスタート☆

和歌山の「雛の節句」の伝統や湯浅町山田地区の雛祭り、
菱餅のお話を紹介してくださいました。

IMG_0018.JPG

桃の節句によもぎ餅や草餅が作られるのは、よもぎの持つ独特の香りが、
魔除けや厄除けに通じるとして重要視されていたからなんですね~。

また菱餅は、「赤・白・緑」の3色が一般的ですが、湯浅町山田地区では、
「黄・白・緑」で、また所変われば「赤・黄・白・緑」の4色の菱餅がつくられるそうです。

柏餅についても紀州の地域性があるようで、所変われば呼び方も異なるのですね!

IMG_0058.JPG

お話の第2部は、「羊羹」について・・・
羊羹の歴史やルーツについて詳しくお話いただきました。

IMG_0110.JPG

駿河屋は豊臣秀吉に羊羹を献上し、秀吉に賞賛されたそうです!
そうして羊羹の駿河屋として名を広め、後に芥川龍之介にも気に入られたそう。

駿河屋の羊羹の歴史は日本の羊羹の歴史なんですね!

鈴木先生は、スライドでたくさんの和菓子をご紹介くださり、
さまざまな歴史や地域の文化についてわかりやすくご説明いただきました。

IMG_0006-1.JPG

本当に貴重なお話をありがとうございました!

今回は、鶴屋忠彦本舗さんにお願いして、桃の節句の可愛らしい和菓子を
ご用意いただきました。

IMG_0009.JPG

鶴屋忠彦本舗様、とても美味しい和菓子をありがとうございました!!

ダウンロード3.10.jpg

和菓子の後に、まちかどサテライトスタッフが立ててくれたお抹茶が☆

参加者のみなさまに好評で、参加者の方よりこんな素敵な感想がありました。

「城下町和歌山と和菓子の品格、日本文化の関係よく解りました。
 特に和菓子の美しさ、四季の移ろい、お抹茶とのおいしさに
 この国に生まれて本当にうれしく思います。」

和歌山の貴重な歴史や文化、地元を愛するみんなのちからで守っていけるといいですね。

今年度のワダイノカフェはこれでおしまい☆

来年度のワダイノカフェは月に1回程度、月ごとにテーマを決めて開催する予定です。
詳細は決まり次第、まちかどサテライトのHPでご案内させていただきますので
お楽しみに♪♪

カテゴリ:活動報告

タグ:歴史かふぇ

2015年03月12日 10:09