地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2016年7月

2016年07月

第2クール最終回の土曜楽交は、「和歌山特産品CMづくり」

IMG_000420160723.jpg
CMとは、コマーシャルメッセージ(Commercial Message)の略のこと。
先生からの「CMって何の略かな?」という質問に、みんな、コマーシャルは分かりましたが、メッセージというのを知らなかったようです。

実際のCMをいくつか見てみると、商品のメッセージとして映像以外に言葉=キャッチコピーが使われていることに気づきました。
まずはキャッチコピーを考えてからCM撮影していくことに。
今回CMをつくるのはこちら。
IMG_003320160723.jpg
和歌山ジンジャー。
和歌山市が生産量全国第2位を誇るしょうがをしぼってつくったジンジャーエールです。

キャッチコピーを考えるためにまずは試飲。
IMG_001420160723.jpgIMG_002120160723.jpg
キャッチコピーを考えたら、いよいよCM撮影開始です。
iPadのアプリを使ってCMを作ります。
IMG_003520160723.jpgIMG_003920160723.jpg
最後にみんなが作ったCMの上映会をしました。
みんなすごく上手に作れていました。

本日の土曜楽交はここまで。
今回で第2クールは終了となります。

第3クールは10月スタートです。お楽しみに!

IMG_0000920160715.JPG

2016年7月14日、ぶらくり丁にあるカフェ「almo」さんの2階ギャラリーで、「ワダイノカフェ 2016 vol.2」を開きました。
ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「なぜ、今、食と農の時代なのか」

今回のゲストスピーカーは、今年4月に誕生した和歌山大学地域活性化総合センター・食農総合研究所の岸上光克先生。
話の聞き手となるホストは、同大学地域連携・生涯学習センターの西川一弘先生です。
IMG_001320160714.jpg

この日は、ドリンクの他、「almo」さんで販売されている地元の野菜を使ったジェラートを食べながら、岸上先生のお話を聞きます。
岸上先生からは、「新鮮な野菜を購入できる直売所なども増え、『食と農』の関心や関係性はどのように変化してきているのか。」「食と農を支える『農山村』にはどのような影響を与えているのか」など、和歌山での事例も交えながらお話いただきました。
また、特別ゲストとして「almo」のオーナーの吉川さんにも加わっていただき、和歌山での農業事情などをお話いただきました。
参加者の皆さんからも、「普段では関わりの少ない分野の話が聞ける貴重な機会だった」など、「食と農」や「農山村」について関心をもつ声をいただきました。

梅雨明け直前の7月16日、和歌山大学松下会館で行われた「まちかど土曜楽交」第2クール。
4回目のテーマは「ペーパークラフトで和歌山を楽しむ!」

今回教材に使ったのは、和歌山電鉄の電車のペーパークラフト。いちご電車、おもちゃ電車、たま電車の3種類があります。

まずは和歌山電鉄貴志川線のお話から。

20160716_001.JPG

20160716_009 .JPG

三毛猫「たま」が駅長になったことで全国どころか全世界的にも有名になった貴志駅がある路線です。
でも意外と乗ったことがないという子たちも多かったですね。

貴志川線のお話を聞いた後はいよいよペーパークラフトに挑戦!
3種類の電車の中から好きなものを選び組み立てた後、背景イラストを描いてディスプレイするところまでがんばります。

20160716_0016.JPG

20160716_0029.JPG

ペーパークラフトは結構細かくて、大人でも少し難しいなと思うレベル。
けれど、みんな、はさみやカッターを上手に使いながら丁寧に切り抜いていきます。

20160716_0038.JPG

車体がきれいにできました!このあとまだパンタグラフをつけるなど細かい作業があります。

20160716_0044JPG.JPG

20160716_0046.JPG

難しかったけれど、電車も背景も完成!みんなできあがっていい笑顔を見せてくれました!

20160716_0049.JPG

背景はそれぞれの個性があふれるものに。こちらは友だちと協力してつくった力作。2段式とは豪華ですね!

このペーパークラフトは和歌山電鉄のオンライングッズショップからも購入可能です。
いちご電車おもちゃ電車たま電車
夏休みに3種類コンプリートしてみるのもいいかも!?

今日の土曜楽交はここまで。
次回は第2クール最終回です。お楽しみに!

 

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべり出来る「ワダイノカフェ」のご案内★

■ワダイノカフェとは?

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや大学キャンパス内で行っています。

IMG_000920160715.JPG

 

■2016年第3回のテーマは、和歌山の野菜とそれを生かしたまちづくりについて

2016年度第3回は、野菜ソムリエの立野眞生さんと観光学部の永瀬節治准教授による「和歌山の食材をめぐるWトーク」をお届けします。
前半は、青果仲卸業を営みながら、和歌山市中心部でこだわりの八百屋「piatto」を手がける立野さんから、実は料理界等で高く評価されている和歌山産の野菜の魅力や、地域内外での流通の現状について伺います。
後半は、和歌山市駅前で地域の方々とまちづくりに取り組む永瀬節治先生を交えて、和歌山の食材を使った地域活性化の可能性について考えます。食卓にとってもまちにとっても「二度おいしい」野菜の活かし方とは・・・?
当日は和歌山産の野菜もご用意します。どうぞお楽しみに!

■詳細

日時:2016年7月29日(金) 18:30~20:00頃
場所:シェアキッチンPLUG (和歌山市万町4)
対象:中学生~一般
参加費:500円
定員:20名(先着順)
申込:メールまたはFAX
  FAX:073-427-7616
  メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20160729_wadainocafe.jpg

第2クール3回目の土曜楽交です!

夏といえば、夏祭りや花火、クーラーなど思い浮かぶものはたくさんありますが、今回は、夏到来!和歌山オリジナルうちわづくり。
IMG_000120160709.jpgIMG_000420160709.jpg

白い紙に自分たちでデザインし、オリジナルのうちわを作ります。
片面には和歌山に関するものを描いて、もう片方には自由に描いていきます。

IMG_001620160709.jpgIMG_001720160709.jpg

IMG_002620160709.jpg
和歌山に関するものでは、きいちゃんを描いている子が多かったです。もう片面には、思い思いの絵を描いていきます。
絵を描きおわると、うちわの骨にのりで貼り付けていきます。

IMG_003420160709.jpgIMG_003020160709.jpg
最後にはがれにくくするためにへり取りや耳貼りと言われる工程を経て完成!

みんなが作ったうちわがこちら!
IMG_005120160709.jpg
たくさんのかわいいうちわが出来ました!

本日の土曜楽交はここまで!

次回は、7月16日(土)です。お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:うちわ きいちゃん 和歌山 土曜楽交 寺子屋 工作

2016年07月12日 15:14

第2クール2回目の土曜楽交です!

今日の土曜楽交は、ぶらくり丁の探検!
和歌山城に集合して、3グループに分かれてさっそく出発!

IMG_001520160702.jpgIMG_002420160702.jpg

ルートは、和歌山城を出発してぶらくり丁周辺一周し和歌山城に戻ってきます。
途中の京橋やぶらくり丁商店街、雑賀橋などにチェックポイントを設け、クイズを出していきます。
クイズに答えるとスタンプがもらえ、合計8個のスタンプを集めていきます!

IMG_002820160702.jpgIMG_003020160702.jpg

ぶらくり丁にはいろんなお店があったり、雑賀橋には、近付くと「和歌山ブルース」が流れる歌碑があったりと子どもたちにとっては新発見な事ばかりです。

IMG_003220160702.jpg

最後に和歌山城に戻ってきました。

「和歌山の新しい発見があった!」「あんなものがあるなんて知らなかった!」「つかれたけど楽しかった!」など、和歌山の新しい魅力に触れて、楽しそうでした。

IMG_005020160702.jpg

本日の土曜楽交はここまで!

次回は、7月9日(土)です。お楽しみに!