地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2016年8月

2016年08月

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべり出来る「ワダイノカフェ」のご案内★

■ワダイノカフェとは?

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや大学キャンパス内で行っています。

cafeIMG_001820160729.jpgcafeIMG_006220160729.jpg

■2016年第4回のテーマは、今知っておきたい「民泊」のお話

2016年度第4回は、今年1月に着任された和歌山大学COC+推進室の冨永哲雄先生に、話題の「民泊」について伺います。
高野山や熊野古道などの世界遺産を有する和歌山県では、外国人の宿泊客数が急増しており、今後も増えていくことが期待されます。そうしたなか「外国人観光客の急増による宿泊施設の不足」や「人口減少による空室・空き家問題」が問題視されていますが、これらの解決策の1つとして「民泊」が注目されています。しかし、万能薬と思われている「民泊」にも良い面、悪い面があります。「民泊」の今とこれからについて、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

■詳細

日時:2016年9月6日(火) 18:30~20:00頃
場所:ゲストハウスmacomo (和歌山市本町1-27-1 石窯ポポロ2階)
対象:中学生~一般
参加費:500円
定員:15名(先着順)
申込:メールまたはFAX
        FAX:073-427-7616
  メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20160906_wadainocafe.jpg

【web用】20160906_wadainocafe.pdf

IMG_0006220160729a.jpg

7月29日「ワダイノカフェ 2016 vol.3」を開催しました。
会場は、和歌山市万町にある「シェアキッチンPLUG」さんです。
ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「知れば納得!和歌山の野菜の底力 地元食材を生かしたまちづくりを考える」

今回は、立野商店代表取締役/野菜ソムリエの立野眞生さんをゲストに、和歌山大学観光学部の永瀬節治准教授とクロストークを行いました。
立野さんは青果仲卸業を営みながら、市内でこだわりの八百屋「piatto」も経営されています。この日は全国に流通する和歌山の野菜を持ってきてくださいました。ナスがおいしい季節だったので、水ナスと湯浅ナスの食べ比べも。見た目もさることながら、味や食感も全然違う2種類に参加者からは驚きの声があがりました。

IMG_001820160729.jpgIMG_006120160729.jpg
後半は、和歌山市駅前で地域の方々とまちづくりに取り組む永瀬先生を交えて、和歌山の食材を使った地域活性化の可能性について話しました。
和歌山の地元野菜でも知らないものがあり、皆さん興味深く聞いていました。また、実際に野菜を見て、食べることで、これらを使ったまちづくりにも思いをはせました。

\学ぶだけではない、協働と実践の場「ワダイノカフェ+(プラス)」が始まります/

 

ワダイノカフェ+(プラス)とは?

「ワダイノカフェ+(プラス)」とは、和歌山大学の研究者と市民の知的交流の場として実施してきた「ワダイノカフェ」を発展型。参加者がチームとなり、学んだ知識をもとに新たなアイデアを追求し、地域の現場でプロジェクトを試行するまでの一連の活動に取り組む実践型プログラムです。単に知識を習得するだけでなく、自ら知恵を絞り、手を動かす行動力のある市民と、大学教員や専門家、学生が協働し、和歌山の再生に貢献するプロジェクトを展開します。

 

和歌山うまいもん食堂プロジェクトって?

このプロジェクトは、和歌山が育んだ豊かな食材や郷土料理を生かし、地域の方々と来訪者がともに楽しめるような食堂を企画運営するものです。和歌山の食材について学ぶとともに、それらの特性を生かしながら、日常的に提供できる料理のメニューを考案するとともに、和歌山市駅周辺の店舗等を利用して、期間限定で食堂経営を実践します。地域の食材を生かした魅力ある食堂づくりを通じて、市駅前のまちの再生の可能性を探ることも、本プロジェクトの目的の一つです。

 

ゼミスケジュール

# 日時 内容 会場
1

8月11日(木・祝)
10時〜12時

ガイダンス
食材・メニューの検討

piatto
(和歌山市板屋町3)

2 8月下旬 メニュー試作・試食 未定
3 9月上旬 食堂運営の検討 未定
4 9月30日〜10月2日 食堂の運営実験 未定
5 10月中旬 総括 未定

 

参加申込について

募集人数:10人程度

参加費:各回、材料費等実費(1,000円程度/回)

申込方法:FAXまたは下記フォームよりお申し込みください。

     FAX申込用紙 うまいもん食堂申込書.pdf
 
    【FAX番号】073-427-7616

     申込フォーム goo.gl/T9wt6N

申込締切:8月9日(火)

問い合わせ先:和歌山大学地域連携・生涯学習センター
       TEL 073-427-4623
       メール shieki-pj@center.wakayama-u.ac.jp

 

wadainokafeplus_shokudou.jpg

PDFはこちら wadainokafeplus.pdf