地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 2017年5月

2017年05月

2017年度まちかど土曜楽交第2クールが6月24日(土)よりスタートします!
6月24日~7月15日までの毎週土曜日で、全4回行います。

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、違う小学校の子や違う学年の子と一緒に、いろんなことを楽しく学ぶ授業です。

IMG_002720170513.jpgIMG_00202017052001.jpg

■内容

6月24日(土) iPadで和歌山ご当地キャラクターをつくって動かそう
7月1日(土) やってみよう!理科実験
7月8日(土) みんなで音楽!
7月15日(土) みんなで楽しく社会科楽習!

※都合により、学習内容は変更になる場合があります。
※いずれも開催時間は10時~12時30分まで。

■詳細

場 所:和歌山大学松下会館(和歌山市西高松1-7-20)
対 象:小学4・5・6年生(保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:25名(小学4・5・6年生合計) 応募者多数の場合、抽選
申込み:FAXまたはメールでお申し込み下さい。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
 ※メールでお申し込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。
申込締切:616日(16時まで
問合わせ:和歌山大学松下会館事務室 まちかど事業担当
     TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧下さい。

201706_machido_front圧縮版.jpg
201706_machido_back_v2圧縮版.jpg

印刷用PDFはこちら→201706_machido_ss.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 和歌山 土曜授業

2017年05月26日 16:37

まちかど土曜楽交第1クールの第2回を、5月20日に行いました!
会場は、和歌山大学松下会館です。

■始めに体を使ったゲームをしよう!

授業の始めに、前回でもやったゲームをしました。
体の前に手を出しながらグーパーと交互に出していきます。前回と同じように、早いテンポではまだまだ難しい様子でした。

IMG_000120170520.jpg

■超簡単・ピタゴラスイッチづくり

ゲームが終わったら、ピタゴラスイッチの動画を見ながら説明をします。
ピタゴラスイッチを見たことがある子が多く、実際につくってみるという事で、みんな興味深く聞いていました。
先生の説明が終わったら、ピタゴラスイッチをつくるためのドミノなどのアイテムと班ごとに特殊なアイテムが渡されました。特殊なアイテムとは、風船や太鼓のおもちゃ、バドミントンのラケットなどで、どう組み合わせていくのか、みんな楽しそうに考えていました。
IMG_00202017052001.jpgIMG_002320170520.jpg

みんなが仕掛けなどを考えながらつくった後は、班ごとにどんなピタゴラスイッチをつくったのか、発表していきます!

IMG_002720170520.jpgIMG_003820170520.jpg

どの班もとても上手に出来ていました!
みんなも自分たちの班にはない仕掛けに興味をもってみていました。ピタゴラスイッチのゴールも仕掛けに使った班もあり、特にみんな「すごい!」と感心していました。

みんなのピタゴラスイッチの発表も終わったところで、今日の土曜楽交はここまで!

次回は、5月27日(土)です。
お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:ピタゴラスイッチ 土曜授業 土曜楽交 工作

2017年05月25日 14:00

IMG_000220170513.jpg

2017年5月13日(土)、今年度のまちかど土曜楽交が始まりました。
会場は和歌山大学松下会館です。

■土曜楽交とは

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、楽しく学ぶ授業。和歌山を学ぶをコンセプトに、理科実験やフィールド授業、iPadを使った授業を展開します。

■まずは体を使ったゲームで仲良くなろう

前半は、みんなで体を使ったゲーム!
体の前に手を出しながら、グーとパーを交互に出していきます。簡単そうに見えますがやってみるとむずかしく、テンポがはやくなると間違えてしまう子もチラホラいました。
IMG_000420170513.jpg
つづいては、5,6人のグループを作ってジェスチャーゲームをしました。みんなへの問題は「ゾウ」です。一人だとすぐにできそうなものでも、5人6人でとなるとチームワークが大切になってきて、少し大変なようでした。

■これであなたも「わかやま博士」!

さっそく先生から「和歌山県といえば・・・?」というアンケートクイズです。子どもたちからは、みかんやうめの他、南方熊楠や和歌山城など和歌山の有名なひと・ものをたくさん答えて、1位~5位まで全部正解しました!
1,2,4位は、みかん、うめ、和歌山ラーメンと食べ物が入っていて、3位には白浜、5位には世界遺産の熊野古道がランクインしていました。
IMG_001420170513.jpgIMG_001520170513.jpg
他にもたま駅長に関する問題など和歌山に関するクイズをしていると、「魔王があらわれた!」と助けを求める人がやってきました。
魔王をたおすために、みんなの力を借りにきたようです。
IMG_001920170513.jpg
和歌山に関するクイズを解いていけば魔王をたおすヒントがもらえるというので、グループに分かれて解いていきます。
クロスワードや和歌山県の地図パズルなどさまざまな問題があり、それを解いていくことでヒントに近づいていきます。
むずかしい問題もありましたが、どのグループもiPadや和歌山に関する本を調べながら、みんなで力を合わせてどんどん問題を解いていきます。
IMG_002720170513.jpgIMG_002820170513.jpgIMG_003320170513.jpg

最後には、みんなで和歌山の好きなところを言っていくことで、魔王を倒すことができました。
無事に魔王を倒したところで、今日の土曜楽交は終了!

次回の土曜楽交は、5月20日(土)です。

お楽しみに!

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_000820170322.jpg

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。

 

 

5月のテーマは「太陽系旅行について」

2017年度第1回は、和歌山大学観光学部の惑星科学者・中串孝志准教授と、同大学で最も乗り物に詳しい(?!)当カフェ担当・西川一弘准教授のタッグで太陽系旅行を考えます。

2010年に種子島宇宙センターから打ち上げられた金星探査機「あかつき」は、2015年12月、日本の探査機として初めて地球以外の惑星を回る軌道に入ることに成功し、現在もデータを送り続けています。2006年1月に打ち上げられたNASAの冥王星探査機ニューホライズンズは、2015年7月に冥王星へ最接近し、2019年接近予定のさらに遠い天体「2014 MU69」に向けて飛行中です。(お金さえ積めば)太陽系旅行に出かけられる時代は確実に来ます。今は遠くから眺めているだけですが、あなたがもし出かけるとしたら、何を持って行きますか?忘れ物をしないよう、みんなで考えましょう。

詳細

日 時:平成29年5月31日(水)18:30~20:00
場 所:インターラーケン(和歌山市本町1-34 ぶらくり丁商店街内)
対 象:中学生~一般
参加費:500円
定 員:20名程度(先着順)
申込み:申込みフォーム、メール、FAXで
    FAX:073-427-7616
    メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20170531_wadainocafess.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→【web用】20170531_wadainocafe.pdf