地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

ホーム > 活動報告 > 7月14日の土曜学校!(第1クール)

7月14日の土曜学校!(第1クール)

 

IMG_0265.JPGのサムネール画像

 

7月14日、まちかど土曜楽交第1クールの

2回目を開催しました。

会場は和歌山大学です。

 

■「楽しくてためになる社会科楽習~和歌山県人生ゲーム~」

今日の授業は、和歌山県の市町村を当てることから始まりました。6つの班にわかれ、それぞれの班に、和歌山県の市町村に区切られた大きな白地図が配られます。そこに、市町村名が書かれた付箋を子供たちが、「ここかなぁ~」と相談しながら、貼っていき、和歌山県の地図を完成させました。次に、先生と答え合わせをしました。自分たちの住んでいる和歌山県ですが、知らない地名や場所の市町村がいっぱい!特に北山村は和歌山県から少し離れたところにあるので、みんな、驚いていました。

IMG_0277.JPG  IMG_0279.JPG

 

そして、次にこの地図を使ったすごろくゲームを開催。このゲーム、先ほどの和歌山県の地図を盤にし、各市町村に講師の先生方手づくりの特産品カード、偉人カード、ミッションカードが置かれており、進んだ市町村においてあるカードに書かれた内容を実行し、ポイントを稼いでいくゲームです。班ごとに総獲得ポイントを出し、競うとあって、みんな必死!カードの中には「和歌山城を書いてみよう!かければ100ポイントゲット」などもあり、班ごとに渡されたiPadで和歌山城の写真を見ながら、とても上手にお城の絵を書いている子供もいました。

IMG_0298.JPG   IMG_0292.JPG 

 

1ゲーム終わった後は、子どもたちがこのカードを作りました。みんな、本やiPadで調べながら、特産品や偉人カードを作っていました。有田の特産品のぶどう山椒を先生に質問している子供もいました。山椒の70パーセントが和歌山で生産されていて、中でもこのぶどう山椒は高級品で香りもとびきりいいそうです。特産品や偉人について知るいい機会だったようです。今度は子供たちの手づくりカードをいれて、2ゲーム目を開催!みんな、慣れた様子でスムーズにゲームも進みました。最後に子供たちに感想を発表してもらいました。「楽しみながら、和歌山県の地名や特産品が覚えれた!」「知らない偉人がたくさんいた!」「ゲームに負けて悔しかった!」など・・・みんな、楽しみながら、和歌山県のことを学べたようです。

IMG_0302.JPG   IMG_0313.JPG

 

本日の土曜楽交はここまで!

まちかど土曜楽交第2クールは、10月中旬を予定しています。お楽しみに!

 

カテゴリ:活動報告

タグ:人生ゲーム 偉人 和歌山県 土曜楽交 特産品

2018年07月27日 16:07