地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:はやぶさ2

9月23日に開催した第50回から3ヶ月たった12月3日、和歌山大学栄谷キャンパスで久しぶりに宇宙カフェを開催しました。

10月末に吉住先生と「そろそろ12月の宇宙カフェの予定を立てないとね。何する?」と話をしていたときに「星の観察もしたいけど、12月は『はやぶさ2』や『あかつき』が話題になりそうですね」なんてことを言っていたら、なんと星の観察も「はやぶさ2」の応援もする大きなイベントになりました。

(「はやぶさ2」スイングバイのお話は前回の講演会でJAXAの吉川先生にお話いただきました!)

当日は、14時前から宇宙教育研究所のみなさんがパラボラアンテナで「はやぶさ2」からの電波受信に挑戦。
私が現地に着いたころ(14時過ぎ)には見事電波受信に成功していました。

20151203_4.jpg

右の方にピョコンと出ている波が「はやぶさ2」からの電波とのこと。
まだ遠くにいるから小さな波形なんだそうです。

20151203_3.jpg

そしてこのパラボラアンテナが向いている方に「はやぶさ2」がいるとのことで、見えないけれど思わず見上げてしまいます。

20151203_5.jpg

その後、時間の経過とともに「はやぶさ2」からの電波が大きくなり、移動していることもわかります。
だんだんと地球に近づいている実感が湧いてきました!

20151203_7.jpg 20151203_6.jpg

20151203_10.jpg 20151203_11.jpg

夕方になるにつれ来場者は増え、学生さんや天文ファンの方などが50人以上の方が「はやぶさ2」の応援に駆けつけてくださいました。

こんなに近くでパラボラアンテナの動きを見たり、尾久土先生や中串先生から間近で解説いただいたり、普段はなかなか体験できないことが多く、来場者からも喜びの声が聞かれました。


最後は電波の様子をモニターで見守りながら、参加者みんなで「いってらっしゃーい!」と大きな声で送り出しました!

20151203_8.jpg

そして、実はパラボラアンテナの近くでわーわー言っていただけでありません。
教育学部の屋上にある天文台でも60cmの光学望遠鏡を使って、「はやぶさ2」の観測に挑んでいました。
その現場とパラボラアンテナをSkypeで中継。
あいにくの曇り空で「はやぶさ2」は見られないかも…と言っていましたが、後日写真を解析してくださった富田先生からうれしいニュースが飛び込んできました。
なんと光学望遠鏡でも「はやぶさ2」をとらえていたのです!わー、すごーい!

18h39m58s_memo.jpg

(出典:和歌山大学教育学部屋上天文台/和歌山大学宇宙教育研究所)

左の端にうっすら伸びる線が「はやぶさ2」の軌跡だそうです。
パラボラアンテナ(電波望遠鏡)と光学望遠鏡の2つで「はやぶさ2」をとらえたのは和歌山大学だけではないでしょうか。

 

この「はやぶさ2」の応援後は、教育学部に移動して冬の星空の観測!

20151203_1.JPG

さきほどまで天文台で「はやぶさ2」を待ち構えていた富田先生。

20151203_2.JPG

これまでに撮影した星の様子をいくつか見せていただき、その星のお話をうかがいました。
富田先生のお話はいつも軽快でホントに楽しい!

20151203_13.jpg

そして天文台に上がったのですが、残念ながら雲が晴れることなく今回も星の観察をすることはできませんでした…。
それでも望遠鏡が動く姿に参加者は「おぉ〜!」と歓声をあげていました。
…次こそは星空観察を…!

 

当日は寒い中、多くの方にお越しいただきありがとうございました。
「はやぶさ2」がRyuguにたどり着くのが2018年(予定)、そして地球に還ってくるのが2020年(予定)。
無事に帰って来てくれるのを願っています。

次回は年明けに開催予定です。
今年も多くの方にご参加いただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

9月に50回を迎え、不定期開催になりましたが、今年最後の宇宙カフェを開催いたします。

今回は8月の宇宙カフェで出来なかった観望会リベンジ!
冬は空気が澄んで夜空が綺麗に見えるといいますので楽しみですね。

当日は晴れれば沈みゆく夏の星座や地味な秋の星空、東からのぼってくるにぎやかな冬の星座などを紹介いたします。
また、12月3日は「はやぶさ2」の地球スイングバイが計画されています。11等程度の明るさとよそうされているので、肉眼で見ることはできませんが、宇宙教育研究所のパラボラアンテナでははやぶさの軌道を追いかける予定です。みんなで空を見上げて応援しましょう!

 

■詳細

日 時:平成27年12月3日(木) 雨天決行!
    17時30分〜19時 はやぶさ2応援 宇宙教育研究所電波観測通信施設敷地内
    19時〜20時   観望会
    ※それぞれご都合の良い時間からご参加ください。

場 所:和歌山大学栄谷キャンパス(和歌山市栄谷930)

対 象:中学生〜一般

定 員:20名(先着) メールまたはFAXで申し込み

参加費:200円(ワンドリンク付き)

申 込:メールまたはFAX
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20151203_cosmiccafe.jpg

PDFファイルはこちらから→【印刷用】20151203_cosmiccafe.pdf

シルバーウィークの最終日となった9月23日、講演会終了後すぐ会場を移していつもの「宇宙カフェ」を開催しました。

「宇宙カフェ」とは、和歌山市と和歌山大学の連携事業で、まちなかのカフェなどで宇宙関係の専門家と一般の人が飲み物片手に宇宙に関する話題を語り合うコミュニティの場です。2011年7月にスタートし、今回で50回目を迎えました。

cafe07.JPG

こども科学館から移動してひとまず席に着いたら、これまでの宇宙カフェの振り返り。

いやー、これまでいろいろありましたね、と話をしたかったのですが、機材トラブルにより急きょ吉住先生が進行することに。これまでのナビゲーターやスタッフからいただいたお祝いメッセージを紹介したり、いろんなテーマを紹介したり…

Skypeで中継したみさと天文台の矢動丸さんからもメッセージもいただきました。

みなさまありがとうございます。

cafe02.JPG

乾杯して一段落したところで、再び吉川先生のご登場。先ほどの講演会の続きをさらにお話してもらいます。講演会では1つしか紹介されなかった模型もどんどんでてくる…(笑)

cafe05.JPG

今回は50回記念ということもあり、軽食つき。食事をしながらお話を聞きつつ、吉川先生に自由に(しかも直接!)質問して多くの方が楽しんでいました。

cafe03.JPG

最後になりましたが、遠方よりお越しいただきました吉川先生、ありがとうございました!

今回を持って、月1回の定期開催から不定期開催へとなりますが、今後共宇宙カフェおよび和歌山大学宇宙教育研究所、まちかどサテライトをどうぞよろしくお願いいたします。

 

▼講演会の様子はこちらからどうぞ!
宇宙カフェ50回記念講演会を開催しました!
http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2015/09/23-kouenkai.php

11月の宇宙カフェ・第2弾のご案内です。

■今回のお話は「宇宙ミッションのこれからの10年」

内閣府より、新「宇宙基本計画」の素案が公表され、パブリックコメントの募集が行われます(11/21まで)。
11月30日には小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げられますが、こんなに早い動きは例外で、宇宙ミッションは通常、構想から打ち上げまで10年はかかると言われます。
つまり私たちは「次は何をする?」ではなく「10〜20年後は何をする?」と考えなくてはいけません。
しかも巨費を投入して実現させるわけですから無関心ではいけませんよね。
そこで今回は、10年程度を目安に、みんなで「宇宙ミッションの来たる10年」計画を作ろうと思います。
 

 

テーマ:あなたが作る「宇宙ミッション・来たる10年」ロードマップ
ナビゲーター:中串孝志(観光学部准教授/宇宙教育研究所副所長)
日時:平成26年11月27日(木) 18:30〜20:00ごろ
場所:ベルファン(和歌山市杉ノ馬場1-44
対象:中学生〜一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定員:20名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申し込み可)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20141127宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちらから → 20141127宇宙カフェ.pdf

1