地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:みさと天文台

2月22日、今年度最後の宇宙カフェを開催しました。
会場はぶらくり丁のtake-A-cafeさんです。

和歌山には、和歌山大学やみさと天文台、市立こども科学館など宇宙について幅広く、深く学べる場所があって、宇宙大好きな人がたくさんいます。
今回はそんな宇宙大好きな人=宇宙人が集まり、みなさんとわいわいお話しする企画です。

222cafe01.jpg

続々と集まる、宇宙大好きな人たち。参加者、ナビゲーター合わせると30人くらいになりました。

222cafe02.jpg

カフェ開催にあたり、宇宙人の長・・・ではなく、宇宙教育研究所所長の秋山演亮先生からご挨拶。
この日は朝から四万十で実験があり、その後急いで帰ってこのカフェに来てくださいました。
四万十から和歌山に帰ってくるなんて、まるで宇宙じ・・・いやいや、ありがとうございます。

その後、吉住先生の紹介で続々と登場する宇宙人のみなさん。1人5分程度のお話は短すぎて、もっともっと聞きたくなります。

222cafe03.jpg

パフォーマンスもお話も一流!宇宙研副所長の中串孝志先生

222cafe04.jpg

開館20周年を迎えたみさと天文台から、研究員の山内千里さん

222cafe05.jpg

観測した天体は数知れず!和歌山市立こども科学館事務長の津村光則さん

222cafe06.jpg

ここでいったん進行を吉住先生から尾久土先生にバトンタッチ。
尾久土先生が1995年にみさと天文台長に就いてからの仕事を振り返りました。その中で現在の宇宙教育研究所ができるまでのお話も。

222cafe12.JPG

パラボラアンテナの運用を担当する佐藤奈穂子さんは、宇宙教育研究所の前身・宇宙教育研究ネットワークの初期メンバーでもあります。同ネットワーク発足から10年間、和歌山大学で宇宙教育の普及を影ながら支え続けてこられた方です。

実はこのあと新メンバーの紹介もあったのですが、それは当日来られた方の特典、ということでここではまだ秘密にしておきますね。また近いうちにご紹介できればと思います。

さて、再びバトンを吉住先生に戻します。

222cafe07.jpg

学童や保育園・幼稚園でも大人気の富田晃彦先生

222cafe08.jpg

そして最後に、吉住先生。
「『吉住がどんな人』かを知りたければこれらの本を読めば分かる」とおっしゃるほど、吉住先生が影響をうけた2冊の本をご紹介くださいました。どんな本か興味のある方はぜひ!

さて、当日は尾久土先生や吉住先生のお話の中で発表されていたのですが、これまで宇宙カフェのナビゲーターを幾度となく担当しいつも楽しい時間を一緒に過ごしてきた吉住先生と佐藤さんが、3月いっぱいで新天地に行かれることとなりました。
感謝や労いなどたくさんの気持ちを込めて、スタッフから花束を贈りました。

222cafe09.jpg 222cafe10.jpg

吉住先生・佐藤さん、本当にお世話になりました。
今後はナビゲーターとして宇宙カフェにお呼びしますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

222cafe11.jpg

その後はカフェ終了時間を過ぎても、参加者とナビゲーターが入り交じってわいわい話をして大盛り上がりとなりました。

不定期開催と言いながらも12月から毎月開催してきた宇宙カフェも、今年度はこれで終了です。
宇宙カフェは次年度からは本当に不定期開催となりますが、まちかどサテライトでは引き続きさまざまな企画をお届けする予定です。
今後も引き続きお気軽にご参加いただければと思います。

今年度最後の宇宙カフェのご案内です。

今回のテーマは「和歌山から宇宙へ~和歌山の宇宙人大集合!~」

和歌山には、和歌山大学をはじめみさと天文台、和歌山市立こども科学館など、宇宙について幅広く、深く学べる場所があり宇宙大好きな人がたくさんいます。
今回は、これまでのナビゲーターが集まり、わいわい話をしたり新しい仲間をご紹介したいと思います。
宇宙大好きな方はもちろん、ちょっと興味あるけど・・・という方も、ぜひこの機会に参加してみませんか?
和歌山の「宇宙人」たちがみなさまをお待ちしております。

 

■詳細

日 時:2016年2月22日(月) 18時30分〜20時頃
場 所:take a cafe(和歌山市元寺町1-25)
対 象:中学生以上
参加費:500円(ドリンク付き)
定 員:20人程度(先着順)
申 込:メールまたはFAX
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20160222_cosmiccafe.jpg

印刷用pdfはこちら→20160222_cosmiccafe.pdf

7月15日の第48回宇宙カフェは『誕生、成長(進化)、そして・・・~僕らは星の子ども~』。

ナビゲーターはみさと天文台台長の矢動丸(やどうまる)泰さんにお越し頂きました。

この日は、紀美野町に本店を構えるキミノーカからジェラートを取り寄せました!

美味しく頂きながらカフェを楽しんでくださいね!

 

20150715_宇宙_0012.JPG

 

▼みさと天文台

今年7月7日、みさと天文台は開館20周年を迎えました。

その記念イベントとして実施した結婚式『星前式』についてや、「みさと天文台って何?」に答える説明をして頂きました。

 

また、中継をみさと天文台とつなぎ、施設内や、巨大望遠鏡が動作するところを見ることもできました。

画面越しとはいえ、やはり巨大望遠鏡は迫力ありました!

 

▼宇宙の誕生・成長(進化)

宇宙は、ビッグバンの発生により誕生したと言われています。

宇宙が誕生したばかりの時に存在した水素の原子核である単体の陽子と、単体の中性子でした。

それらが宇宙膨張の開始から3~20分で、元素に合成されました。

驚いたのは、この時点では炭素・窒素・酸素は存在しないということ!

 

そんな初期の宇宙でも、星(恒星)は誕生することができました。太陽もその一つです。

星の内部で陽子同士、または元素と陽子がくっつくことで、エネルギーと新たな元素を作り出します。

 

▼ぼくらは星の子ども

星は自身の最期に、内部の様々な物質を宇宙に返します。

それが次の星の材料となり、また新しい物質を生み出します。

星に作られた物質が増え、恒星だけでなく惑星も生まれます。

その中で炭素・窒素・酸素などの物質も生み出され、それらを使って生命は誕生しました。

つまり、僕らは星の子どもなのです。

 

 

本日の宇宙カフェはここまで!

次回は8月18日(火)(詳しくはこちら)です。お楽しみに☆

いつもより少し早いですが、7月の宇宙カフェのご案内です。

今回の宇宙カフェでは、7月7日にオープン20周年を迎える「みさと天文台」の台長・矢動丸さんをゲストにお迎えします。

また、お祝いとして、紀美野町のジェラート店「キミノーカ」さんからジェラートを取り寄せる予定です。
こちらもお楽しみに☆

 

 
■テーマは誕生と成長(進化)

私たちの身の回りの様々な物(物質)全てが、宇宙の始まりから存在していたわけではありません。
それらは一体どこからやって来たのでしょう?

宇宙が進化するにつれ、それらは少しずつ増えていきました。
私たちの体を作る炭素や酸素がどこからやって来たのか、星との関わりからひも解いていきます。

 

■詳細

テーマ:誕生、成長(進化)、そして…〜僕らは星の子ども〜
ナビゲーター:矢動丸 泰(みさと天文台台長)
日 時:平成27年7月15日(水) 18時30分〜20時ごろ
場 所:シェアキッチンPLUG(和歌山市万町4)
対 象:中学生〜一般
参加費:700円(ワンドリンク+ジェラート付き)
申 込:メールまたはFAX
   「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯)」をご記入の上、下記までお送りください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 
20150715_cosmiccafe.jpg

9月8日は中秋の名月です。
今回の宇宙カフェはいつもと趣向を変えて、明石市立天文科学館の井上さんをゲストに、生の音楽を楽しみながら月に関するお話をいくつかご紹介したいと思います。
いつもとはちょっと違うお月見をお楽しみください。

 

■プログラム■
<第1部>
♪女声合唱、アルトサックス×ピアノ、ピアノソロ
中串孝志の「ちょっとした月のお話」など

<第2部>
♪女声合唱、ピアノソロ、ピアノ×女声合唱×アルトサックス
井上毅氏の「月のお話」など

※なお、今回の宇宙カフェは、同日、中心市街地にあるカフェ等をお借りして開催する「お月見カフェ」の会場の1つでもあります。ぜひほかの会場でも楽しんでお帰りください。(「お月見カフェ」の詳細は後日あらためてお知らせいたします)

※関連イベントとして京橋及び和歌山市駅前で観望会も開催いたします。
 京橋担当:尾久土正己(和歌山大学観光学部)
 市駅担当:矢動丸泰・山内千里(みさと天文台)

 

テーマ:月と音楽、そしてサイエンス
ナビゲーター:井上 毅(明石市立天文科学館 学芸係長)
       中串 孝志(和歌山大学観光学部)
日 時:平成26年9月8日(月) 19:00〜21:00
場 所:宮井平安堂3F 宮井ホール(和歌山市本町1-18)
対 象:中学生〜一般
参加費:200円(お茶代)
定 員:30名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申し込み可能)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20140908宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちら【最新版】20140908宇宙カフェ_v2.pdf

1