地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:サイエンスカフェ

こんにちは!初めまして!

 

0616_wadainocafe.JPG

2016年6月16日、南海和歌山市駅近くのカフェ「Tomato」さんで今年度1回目の「ワダイノカフェ」が開催されました!

ワダイノカフェとは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

今回は、これまで「宇宙」や「歴史」、「情報デザイン」などテーマ別で開催していたカフェを統合し「ワダイノカフェ」にリニューアルされた記念すべき第1回でもありました!

 

1回目のテーマは「プロジェクションマッピング~色彩や質感が変化!光投影による見せかけの操作~」

 

初回のゲストスピーカーは、和歌山大学システム工学部准教授、天野 敏之先生。

話の聞き手となるホストは、同学部准教授で地域連携・生涯学習副センター長の床井浩平先生です。

さて、テーマパークや市役所・城など、いつもの場所や建物が光による映像投影だけでショーと化すことでよく知られる、プロジェクションマッピング。

皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

0616_wadainocafe02.JPG

 

天野先生の研究技術は、演出だけでなく、視覚の補助も行われます。

「その場に置いてすぐ投影」というのが特徴で、対象物はより身近なものを、技術はより最先端なものを用いて、独自の研究をされています。

 

例えば新聞や、何の変哲もない印刷物。
目的に合わせて光を当ててあげるだけで、文字がクッキリ表れたり、写真がよりカラフルになったり、はたまた紙の質感が変わったり。

そのもの自体は何も変化していないのに、光だけで違って見えます。

より進んだものとして、少し工夫をした印刷をすることで、

同じ人の顔が、喜怒哀楽などの違った表情で見えるという技術もあります。

(先生曰く「人間の視覚についての研究があるからこそ、この技術が生きる」そうです。)

 

2016_wadainocafe03.jpg

 

プロジェクションマッピングの強みは、光。

ショーを観ている訳ではないのに、まさに、今この場で光の魔法を見ているようで、わぁ…とつい驚きの声や歓声が上がりました。

さらに、眼の病気や2色性色覚を持つ方たちにも、この魔法の力が発揮されます。一旦スキャンしてから映像を合わせるショーの演出で見るものと違い、

物を動かしても、その時その場で判断して光が投影される、追跡システムも備わっているため、より日常で使うことができます。。

今回の体験で使われたのは片手サイズほどの小さな機械でしたが、本当に高機能です!

 

プロジェクションマッピングの技術と芸術

先生は冒頭で、「皆さんにとってプロジェクションマッピングは、技術ですか?それとも芸術ですか?」と私たちに質問されました。

ここまで話した内容は、ほとんどの方が挙手された“技術”なお話。

次は、“芸術”に近づくお話で、2つの対象物が出てきました。

 

2016_wadainocafe04.jpg

 

一つは書道。文字の芸術家である書家の書を通して伝えたいことを、光によって字の輪郭を強調するなど、表現をサポートすることで、より分かりやすく伝えられます。

芸術に興味があるものの少し敷居が高いな、と私自身感じることが多いのですが、先生の技術があれば、より分かりやすく親しめるのでは!と、嬉しかったです。

 

もう一つは西陣織。あらかじめ横糸に金箔や銀箔が用いられているため、光をキラキラと反射し、立体感のある華やかな美術品になります。

 

これらは、先生がご用意してくださった動画だけでも変化がわかるので、実際に観るともっと感動が高まりそうでした!

 

最後の質疑応答などの時間では、様々な質問を丁寧に答えて下さったり、話し方こそ穏やかでしたが、先生の信念や夢など、思いの強さが伝わるお話もして下さいました。

私自身も刺激を受け、ますます勉学などを頑張る励みを頂きました。

 

次回は7月14日(木)、「食と農」についてです。

 

今後もさまざまな分野の先生方に、たくさんお話していただく予定です!

大人の方々はもちろん、親子でのご参加や学生さん、興味のある内容への一度だけの参加や、当日の飛び込み参加なども大歓迎です。

ぜひ、最先端の現場の先生方の生のお話を、直接聞きにお越しください。たくさんの方にご来場いただけますことを、心より楽しみにお待ちしております!

 

<スタッフ挨拶>

今回より学生スタッフが、当日のアシスタントと後日レポートを務めさせて頂いております。
学生スタッフの私としましては、第1回を無事に終えられたこと、本当にホッとしております。

至らない点も多かったことと思いますが、暖かく見守って下さり有難うございました。これからも精進して参りますので、よろしくお願い致します。

 

文責:経済学部3回生 上島彩花

気がつけば今年ももうすぐ終わり。
年末で忙しい時期ですが、今年最後の宇宙カフェを、和歌山大学観光学部棟&デジタルドームシアターからお届けしたいと思います。
冬休みに入っていることだと思いますので、学生さんもどうぞお気軽に!

 

■12月の宇宙カフェは南米チリの「アルマ望遠鏡」のお話

アルマ望遠鏡(正式には、アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計:Atacama Large Millimeter/submillimeter Array=「ALMA」)は、南米チリ共和国北部のアタカマ砂漠の標高5000メートルの高地に、国際協力で建設された望遠鏡。パラボラアンテナ66台を組み合わせる干渉計方式の巨大電波望遠鏡だそうです。
アルマ望遠鏡の情報はこちら → アルマ望遠鏡国立天文台

 

■南米まで吉住先生が行かれました!…その道程は?現地の様子は?

宇宙カフェではお馴染み、観光学部特任助教の吉住千亜紀先生は、まだ日本では予算がつく以前の2002年頃からこの計画を応援されていて、今回ついに完成したアルマ望遠鏡を見に行かれたそうです。
チリまでの道のり(上記のサイト情報では、日本から現地まで飛行機の乗り継ぎ含め、1日半以上かかるとか…!)や5000メートルの過酷な環境、そこで見た夜空などの思い出を紹介いただきます。

 

テーマ:南米チリのアルマ望遠鏡を見てきました!
ナビゲーター:吉住千亜紀(観光学部特任助教/宇宙教育研究所)
日時:平成26年12月26日(金) 18:30〜20:00ごろ
場所:和歌山大学観光学部棟(和歌山市栄谷930) ※詳細はページの最後をご覧ください
対象:中学生〜一般
参加費:200円(ドリンク付き)
定員:20名程度(先着順・要申込み。当日残席があれば参加申し込み可)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

電波天文学専門の佐藤奈穂子さんも助っ人で登場予定!アンテナのことなど詳しいことが聞けるかも♪

 

20141226宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちらから → 20141226宇宙カフェ.pdf

■当日の会場と駐車場について(クリックすると大きな画像を見ることができます)
キャンパスマップ.jpg

10月の宇宙カフェのご案内です。

みなさん、ウィリアム・ハーシェルさんをご存知でしょうか。

この名前を聞いて音楽家を思い出す人もいるでしょう。
またある人は天体望遠鏡のことを思い出すかもしれません。

実は両方共同じ人物のことなんですよね。

そうか、銀河系なんだ、これは!と、銀河系を発見したのが、
天王星を発見し、そしてなかなかの音楽家だったウィリアム・ハーシェルです。
今回の宇宙カフェではみなさまに「星図」を配ります。
そして星の数を勘定してもらいます。
そこから銀河系を発見してもらいます。

ハーシェルほどの力の入れ具合ではありません。
ちょっと面倒ですが、とても簡単に勘定できちゃいます。

みんなで星を数えてハーシェルになりましょう!

 

テーマ:きみもハーシェルになろう
ナビゲーター:富田晃彦(和歌山大学宇宙教育研究所/教育学部教授)
日 時:平成26年10月16日(木) 18:30〜20:00ごろ
場 所:musica cafe(和歌山市中 和歌山大学前駅駅ビル1階)      
対 象:中学生〜一般
参加費:1,500円(ワンドリンク・軽食付き)
定 員:20名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申し込み可能)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20141016宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちら 20141016宇宙カフェ.pdf

9月8日は中秋の名月です。
今回の宇宙カフェはいつもと趣向を変えて、明石市立天文科学館の井上さんをゲストに、生の音楽を楽しみながら月に関するお話をいくつかご紹介したいと思います。
いつもとはちょっと違うお月見をお楽しみください。

 

■プログラム■
<第1部>
♪女声合唱、アルトサックス×ピアノ、ピアノソロ
中串孝志の「ちょっとした月のお話」など

<第2部>
♪女声合唱、ピアノソロ、ピアノ×女声合唱×アルトサックス
井上毅氏の「月のお話」など

※なお、今回の宇宙カフェは、同日、中心市街地にあるカフェ等をお借りして開催する「お月見カフェ」の会場の1つでもあります。ぜひほかの会場でも楽しんでお帰りください。(「お月見カフェ」の詳細は後日あらためてお知らせいたします)

※関連イベントとして京橋及び和歌山市駅前で観望会も開催いたします。
 京橋担当:尾久土正己(和歌山大学観光学部)
 市駅担当:矢動丸泰・山内千里(みさと天文台)

 

テーマ:月と音楽、そしてサイエンス
ナビゲーター:井上 毅(明石市立天文科学館 学芸係長)
       中串 孝志(和歌山大学観光学部)
日 時:平成26年9月8日(月) 19:00〜21:00
場 所:宮井平安堂3F 宮井ホール(和歌山市本町1-18)
対 象:中学生〜一般
参加費:200円(お茶代)
定 員:30名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申し込み可能)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20140908宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちら【最新版】20140908宇宙カフェ_v2.pdf

平成23年1月15日から18日の間、まちかどサテライトが入居しているフォルテワジマでは、「はやぶさ」帰還カプセルの特別公開を実施しました。帰還カプセルを一目見ようと、連日5,000名近くの方が同施設を訪れました。いつもはひっそりしているぶらくり丁ですが、昔の賑やかさを取り戻したような客足でした。

まちかどサテライトでは、この公開に併せて宇宙カフェ「宇宙と私」を17日(月)18時30分から開催しました。

宇宙教育研究所の若手スタッフ3名が、「はやぶさ」への思いや、各自の研究成果、現在の取り組みについて紹介がありました。DSCF0045.JPG

平日夜間にもかかわらず、学生から80歳代まで、30名を超える宇宙好きの皆さんが参加しました。

「宇宙の果てはどうなっているのか?」「太陽活動と地球の地震との関係は?」「宇宙の広さや時間の流れを実感するには?」などの質問がつぎつぎと投げかけられました。

カフェ終了後も、参加者同士のおしゃべりがしばらく続くなど、参加者からは今後も定期的に宇宙カフェを開催して欲しいとの意見をいただきました。

カテゴリ:活動報告

タグ:サイエンスカフェ

2011年02月09日 10:56

1