地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:世界

IMG_000320161221.jpg

2016年もいよいよ終わりに近づいてきた12月21日、「ワダイノカフェ  2016 vol.8」が開催されました。
会場は、和歌山市万町にあります「シェアキッチンPLUG」さんです。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「日本の図書館 世界の図書館」

ゲストスピーカーに、和歌山大学附属図書館館長の渡部幹雄先生を迎えて日本の図書館と世界の図書館事情についてお話を聞きました。

IMG_003420161221.jpgIMG_003620161221.jpg
現在、和歌山市民図書館が移転されるという事もあり注目されている図書館事情。
まずは、図書館を取り巻く環境の変化についてお話いただきました。1950年の図書館法制定以降、保存管理型から貸出と児童に力点型、電算化と滞在型となり、2010年以降ではアクティブラーニング課題解決型・まちづくり型となっていき、それに合わせて図書館の設備も、重厚な家具や権威的な建物から開放・提供的なワンフロアーの建物、そして児童書庫の普及など変化してきたそうです。
続いて和歌山県にある図書館の情報などを例に、図書館設置の都道府県格差、自治体間格差についてお話いただきました。
他にも今まで渡部館長が携わってきた図書館の紹介や、図書館先進国の状況などを詳しくお話いただきました。
今までの日本の図書館を取り巻く流れや海外の図書館の事など、みなさん感心された様子で聞かれていました。
参加した方からも、新たに図書館の働きを知る事が出来てよかった、などの意見をいただきました。

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべり出来る「ワダイノカフェ」のご案内★

■ワダイノカフェとは

20160222 宇宙 0105ss.jpg

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。

 

 

 

 

 

■12月のテーマは「図書館」

2016年第8回は、和歌山大学附属図書館館長の渡部幹雄先生をゲストに迎え、日本の図書館と世界の図書館事情を伺います。

最近静かなブームを迎えている図書館。カフェを併設したり、社会問題や市民の課題を積極的に扱う図書館もあります。また、まちづくりの中核に位置づけるところもあります。しかし、そもそも図書館にはどのような役割があるのでしょうか。「ちゃんとした図書館」とはいったいどのような図書館なのでしょうか。今回は世界や日本の事例から、図書館のこれからの姿を考えていきたいと思います。

■詳細

日 時:2016年12月21日(水) 18:30~20:00
場 所:シェアキッチンPLUG(和歌山市万町4 ニューリチャードビル1階)
対 象:中学生~一般
参加費:500円
定 員:15名 (先着順)
申込み:メールまたはFAX
   FAX:073-427-7616
   メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20161221_wadainocafe.jpg

印刷用PDFはこちら → 【印刷用】20161221_wadainocafe.pdf

1