地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:和歌山

2018年度まちかど土曜楽交プレ授業を2019年1月26日(土)に開催します!

開催は、和歌山大学にて行います。

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、違う学校の子や違う学年の子と一緒に、いろんなことを楽しく学ぶ授業です。

IMG_126620181013.jpgIMG_129120181020.jpg

■内容

五色百人一首で和歌マスターになろう!
貝殻写真立てを作ろう!

※都合により、学習内容が変更になる場合があります。
※開催時間は10時~12時30分まで。

■詳細

場 所:和歌山大学 (和歌山市栄谷930)※集合時間・場所に関しては下記のチラシをご参照下さい
対 象:小学3・4・5・6年生 (保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:20名 (小学3・4・5・6年生合計) ※応募者多数の場合は抽選
申込み:FAXまたはメールでお申し込み下さい。
    FAX:073-457-7133
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
    ※メールでお申し込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定お願いします。
申込締切:1月18日(金) 16時まで
問合わせ:和歌山大学地域活性化総合センターまちかど事業担当
     TEL:073-457-7126

詳細については下記のチラシをご覧ください。

20190126_machido_frontss.jpg
20190126_machido_backss.jpg

印刷用PDFはこちらから→20190126_machido.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:プレ授業 公開講座 土曜楽交 和歌山 土曜授業

2018年12月17日 16:33

IMG_143720181026.jpg

 

2018年10月26日、ワダイノカフェ2018vol.3を開催しました。
会場は、tomato(和歌山市板屋町3 2階)です。


 

■テーマは「オトナのスポーツで和歌山を盛り上げる」

2018年度第3回は、和歌山大学教育学部准教授の彦次佳さんに、マスターズ甲子園などでにわかに注目を集める「オトナのスポーツ」について話を伺います。

オトナのスポーツの中でも、今回は、マスターズ甲子園と片男波ビーチアルティメットについて話て下さいます。
まずは、マスターズ甲子園の話から。
元高校球児たちが、大人になった今、改めて甲子園を目指すのがマスターズ甲子園。今年は、和歌山でも予選が初めて開催されて、和歌山の元高校球児が再び躍動されていました。

続いては、片男波ビーチアルティメットのお話。
こちらは、真剣にやる部門から楽しくやる部門まであり、大人も子供も親子で楽しめるものになっています。
また、こちらの大会では、ビーチアルティメットを行うだけでなく、地引網の体験をしたり、それで獲れた魚をその場で食べれたりと楽しい企画がたくさんあるそうです。

オトナのスポーツ参加によって、個人として生き甲斐を見つけたり、様々な世代との交流が生まれたり、それぞれの子供たち次世代へスポーツ文化の継承など様々な効果をもたらします。

来年2019年には、ラグビーワールドカップが日本で開催される他、ねんりんピックが和歌山で開催され、2020年には東京オリンピック、2021年には、ワールドマスターズゲームズ2021が関西全域で行われるなど、大規模なスポーツイベントが目白押しです。
特に、ワールドマスターズゲームズは、参加資格は年齢のみで参加料さえ支払えば参加できるオープンイベントと言われるマスターズスポーツ大会の種類になります。場合によっては、出場すればメダルをゲットできることも…
この機会に是非スポーツを始めてみませんか?

IMG_127520181020.jpg

 

10月20日、まちかど土曜楽交第2クールの第2回を開催しました。
会場は、和歌山市役所7階記者会見室です。
今日が、今年度のまちかど土曜楽交の最終回となります。

■和歌山カルタづくり

今回の土曜楽交は、「和歌山カルタづくり」です。
カルタを始める前に、皆にiPadを配り、和歌山県の市町村パズルゲームをしました。
市町村の名前と形だけで和歌山県の地図を完成させていくゲームでしたが、中々難しく、皆悩みながらでしたが、ちゃんと完成させていました。
どこにどの市町村があるのか、とても勉強になった様子でした。
IMG_127720181020.jpgIMG_128120181020.JPG

和歌山県の地図ゲームで市町村の位置を勉強した後は、先生が用意したカルタをします。
カルタには、市町村それぞれの特産品や特徴などが書かれていて、カルタをしながら色々学べます。子どもたちは、取れたカルタの枚数を競いながら和歌山について学んでいました。

カルタを1戦した後は、自分たちでカルタを作っていきます。
和歌山県の資料を見ながら作ります。自分が知らなかったことをカルタにしたりしていました。
IMG_128620181020.jpgIMG_129120181020.jpg

最後に、自分たちで作ったものも混ぜてカルタをしました。
自分の作ったカルタは自分で取れるように頑張ったり、友達の作ったカルタに書かれている情報に驚いたりしていました。
この授業で、和歌山のことをもっと知れてよかったなど、楽しく勉強できた様子でした。

本日の土曜楽交はここまで!

 

これで今年度のまちかど土曜楽交はすべて終了です。
どの土曜楽交もとても楽しく過ごさせていただき、もう終わってしまったのかと寂しく感じます。
土曜楽交に参加して下さった皆様、担当して下さった皆様、スタッフの方々に心から感謝申し上げます。
一年間本当にありがとうございました。

カテゴリ:活動報告

タグ:カルタ 名産品 和歌山 和歌山大学 土曜楽交 社会

2018年10月22日 15:44

IMG_126620181013.jpg

10月13日、まちかど土曜楽交第2クールがスタートしました!
今回は、10月13日と20日の2回行います。

本日の会場は、和歌山勤労者総合センター4階大会議室1です。
本日の先生は、実験・工作キャラバン隊です。

■水性ペンの色を分けよう!

始めは、「水性ペンの色を分けよう!」

色についての説明を先生から聞いた後、実際に、水性ペンを使って実験をしていきます。
紙に水性ペンで自分の好きなようにデザインをしていきます。
デザインをすると水につけてぼやかしたような色にして、新聞紙に挟むなどして水気をとばせば完成。
IMG_125520181013.jpgIMG_125620181013.jpg
皆、とても色とりどりできれいにできていました。
最後にラミネートを貼って、お家に持って帰りました。

■化石のレプリカをつくろう!

続いては、「化石のレプリカをつくろう!」

今回は、アンモナイトの化石のレプリカを作っていきます。
レプリカを作るのに、先生が用意してくれた型に、水でドロドロにした石膏?を流し込んで、あとは待つだけ。
とても簡単に出来るのに、子供たちはびっくりしていました。
レプリカが出来上がるまで、先生に化石について色々教えてもらいました。
IMG_126820181013.jpgIMG_126920181013.jpg
皆とても上手に出来ていました。
完成した化石のレプリカも、お家に持って帰りました。

子どもたちからは、「ふだんできないことができてうれしい」「いろいろなことができて楽しかった」など、実験や工作をしながらの授業に楽しんだ様子でした。

 

本日の土曜楽交はここまで!

次回のまちかど土曜楽交第2クールは、10月20日(土)です。
お楽しみに!

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_032720180719.jpg


ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。
場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパスなどで行っています。

10月のテーマは、「オトナのスポーツ」

2018年度第3回は、和歌山大学教育学部准教授・彦次佳さんに、マスターズ甲子園などでにわかに注目を集める「オトナのスポーツ」についてお話を伺います。

オトナになった今だからこそ、
イイオトナになった仲間を巻き込み、
家族を巻き込み、
おもいっきりスポーツを楽しみませんか?

オトナがおもいっきり楽しめば、その周りも楽しい。
オトナにしかできない楽しみ方だって、魅せつけてやりましょう。
そんなオトナのスポーツが、きっと和歌山を盛り上げてくれます!
みんなで和歌山を元気づけましょう!!

 

詳細

日 時:平成30年10月26日(金)18:30~20:00
場 所:tomato(和歌山市板屋町3 2階)
対 象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定 員:15名程度(先着順)
申込み:申込みフォーム、メール、FAXにて
    FAX:073-457-7133
    メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

201810_wadainocafess.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→【印刷用】201810_wadainocafe_v2.pdf

IMG_021920180623.jpg

2018年度まちかど土曜楽交第1クールが10月13日(土)よりスタートします!
10月13日、20日の土曜日の全2回開催します。

開催場所は、10月13日が和歌山市勤労者総合センター、20日が和歌山市役所7階記者会見室となっております。

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、違う小学校の子や違う学年の子と一緒にいろんなことを楽しく学ぶ授業です。

 

■内容

  10月13日(土)  化石のレプリカをつくろう!/水性ペンの色を分けよう!
  10月20日(土)  和歌山カルタづくり

※都合により、学習内容が変更になる場合があります。
※いずれも開催時間は10時~12時30分。

■詳細

場 所:10月13日 和歌山勤労者総合センター(和歌山市西汀丁34)
    10月20日 和歌山市役所7階記者会見室(和歌山市七番丁23)
対 象:小学4・5・6年生(保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:25名(小学4・5・6年生合計)  ※応募者多数の場合は抽選
申込み:FAXまたはメールでお申込み下さい。
    FAX:073-457-7133
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
    ※メールでお申込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定お願いします。
申込締切:10月5日(金) 16時まで
問合わせ:和歌山大学地域活性化総合センターまちかど事業担当
     TEL:073-457-7126

詳細については、下記のチラシをご覧下さい。

201810_machido_front圧縮.jpg
201810_machido_back圧縮.jpg

印刷用PDFはこちらから→【web】201810_machido.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 和歌山 土曜授業

2018年09月06日 15:04

2018年度まちかど土曜楽交第1クールが6月23日(土)よりスタートします!
6月23日、7月14日の土曜日の全2回行います。

開催場所は、和歌山大学となっています。

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、違う小学校の子や違う学年の子と一緒に,いろんなことを楽しく学ぶ授業です。

IMG_001720171216.jpg IMG_001320171209.jpg

■内容

6月23日(土) にぼしの解剖をしよう/芳香剤をつくろう!
7月14日(土)

楽しくてためになる社会科楽習~和歌山県人生ゲーム~

※都合により、学習内容が変更になる場合があります。
※いずれも開催時間は10時~12時30分まで。

詳細

場 所:和歌山大学 (和歌山市栄谷930)※集合場所に関しては下記のチラシをご参照下さい
対 象:小学4・5・6年生 (保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:25名 (小学4・5・6年生合計) ※応募者多数の場合は抽選
申込み:FAXまたはメールでお申し込み下さい。
    FAX:073-457-7133
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
    ※メールでお申し込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定お願いします。
申込締切:6月15日(金) 16時まで
問合わせ:和歌山大学地域活性化総合センターまちかど事業担当
     TEL:073-457-7126

詳細については下記のチラシをご覧ください。

 

201806_07_machido_front.jpg

201806_07_machido_back.jpg

印刷用PDFはこちらから→【web用】201806_07_machido.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 和歌山 土曜授業

2018年05月22日 11:15

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_001620180308.jpg

 

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。
場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。

 

5月のテーマは、「変わりゆく「道の駅」~その役割と機能~」

2018年度第1回は、和歌山大学クロスカル教育機構生涯学習部門の西川一弘准教授と、わかやまNPOセンター副理事長・和歌山の交通まちづくりを進める会事務局長の志場久起さん、和歌山のIT企業・株式会社BEE代表取締役で今回のカフェのMCを務める(?!)久保田善文さんをゲストに迎え、和歌山にも続々とできている「道の駅」について伺います。

皆さんは「道の駅」に寄られたことはありますか?クルマで走れば、必ずと良いっていいほど「道の駅」を見かけるようになりました。実はなんと全国で1134カ所(2017年11月末)の道の駅があり、和歌山県内には34カ所あります。
道の駅はトイレや地元産品販売など、いわゆる「休憩所」としてのイメージがありますが、実はその機能は非常に多様化してきています。今回のワダイノカフェでは、多様化する「道の駅」の機能を紹介すると共に、和歌山県の「道の駅」の特徴についても考えていきたいと思います。

 

詳細

日 時:平成30年5月31日(木) 18:30~20:00
場 所:本屋プラグ(和歌山市万町4)
対 象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定 員:20名程度(先着順)
申込み:申込みフォーム、メール、FAXで
    FAX:073-457-7133
    メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp


【web用】wadainocafe_cc01.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→【web用】wadainocafe_cc.pdf

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_000220171210.jpg

 

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

 

 

3月のテーマは、「全国でたった3ヵ所だけ?!お城の中の不思議な動物園」

2017年度第7回は、初めて和歌山を飛び出し、和歌山大学の東京オフィスで同大学地域連携コーディネーターの後藤千晴さんが和歌山の珍しい動物園について熱く語ります。
和歌山大学のある和歌山市の中心部には、今年、天守閣再建60周年を迎える史跡・和歌山城があります。その和歌山城の敷地内には、市営の「和歌山公園動物園」があります。和歌山市民にはなじみすぎている「お城」と「動物園」の組み合わせですが、現在では全国に3ヵ所しかない非常に珍しい動物園です。大正時代までさかのぼるほどの歴史を持ち、市民から「お城の動物園」と呼ばれ長年親しまれる一方、史跡内にあることからさまざまな課題を抱える「和歌山公園動物園」。今回は、お城と動物園の歴史と現在の課題、そして最新の和歌山公園動物園トピックスを中心に、これからの動物園について考えたいと思います。

詳細

日 時:平成30年3月8日(木) 18:30~20:00
場 所:東京工業大学キャンパスイノベーションセンター3F・情報交換スペース(東京都港区芝浦3-3-6)
対 象:中学生~一般
参加費:200円(ワンドリンク付き)
定 員:20名程度(先着順)
申込み:申込みフォーム、メール、FAXで
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
当日連絡先:080-8323-9433

20180308_wadainocafe01.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→【web用】20180308_wadainocafe01.pdf

IMG_000120171125.jpg

 

11月25日(土)、まちかど土曜楽交第4クールが始まりました!
会場は、和歌山市役所7階記者会見室です。

第4クールは、11月25日~12月16日の毎週土曜日で全4回開催します。

 

■今日の授業は、「和歌山県人生ゲーム」

まずは、先生が用意してくれたもので遊んでいきます。
和歌山県の市町村を適当な地区で11個に割り振って、そこにお手製のイベントカードがあるのでポイントが加わったり減ったりしていきます。イベントカードにはその土地の事が書かれているので、社会の勉強にもなります。
初めに偉人カードというものが配られてゲーム開始です!偉人カードには、南方熊楠や浜口吾良など和歌山に関する偉人が描かれています。その偉人カードを持っていると良いことが起きるそうです。

IMG_000620171125.jpgIMG_001420171125.jpg

イベントカードにはポイントがマイナスになるものもあるので、みんなドキドキしながら和歌山県人生ゲームをしていました。
ゲームは30分程しましたが、楽しくてあっという間でした。最後に獲得したポイントで順位をつけたのですが、みんなせっていて僅差の勝負となっていました。
 

ゲームが終了したら、次は自分たちでイベントカードを作っていきます。
一人一人にiPadを配って、和歌山県について色々調べていきます。和歌山市の他にも白浜町や海南市など他の市町村にもついてどんなものがあるのか勉強になったようでした。
IMG_002020171125.jpg

みんなの作ったイベントカードも加えて、和歌山県人生ゲーム2回戦をしました。
他の子が考えた和歌山県情報に関心しながら、みんな楽しんでいました。
IMG_002320171125.jpgIMG_002520171125.jpg

子どもたちからも、「人生ゲームを楽しみながら和歌山のことについて勉強できてよかった。」「友達ともやってみたい。」という声があり、とても満足した様子でした。

本日の土曜楽交はここまで!

次回は12月2日(土)です。
お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:人生ゲーム 偉人 和歌山 和歌山県 土曜授業 土曜楽交

2017年11月29日 15:10

IMG_000320171101.jpg

 

2017年11月1日、和歌山大学観光学部デジタルドームにて、「ワダイノカフェ 2017 vol.5」を開催しました。
ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。
 

2017年度第5回は、飯田市美術博物館の吉住千亜紀さんと和歌山大学観光学部の尾久土正己教授に、アメリカで西海岸から東海岸まで横断した皆既日食を見に行った時のお話を伺います。
まずは、皆既日食についてのお話を聞いた後、皆既日食を見に行かれた時のお話をして下さいました。皆既日食については、参加者の方は流石といいますか知ってるという雰囲気で聞いていらっしゃいました。先生の日食遠征は今回が15回目となるそうです。

先生方の話を聞いた後は、皆さんお待ちかねの先生が撮ってこられた皆既日食の映像を見ていきます。
まずは、パノラマVR体験アプリ「パノミル」を使って皆既日食の様子を見ました。まさに自分もアメリカに行って皆既日食をその場で見たような気持ちになりました。参加者の皆さんも、あまりの臨場感にとても感動されていました。
IMG_000520171101.jpgIMG_000620171101.jpg
また、デジタルドームでも皆既日食の様子を見ました。VRアプリで見る映像とはまた違う雰囲気で楽しめ、頭上に360度広がる素晴しい景色と皆既日食の様子に思わず見入ってしまう程でした。
先生のお話を思い出しながらその映像を見ることで、更にリアルに見れたようでした。
どちらの映像も、皆既日食を楽しむを楽しむだけではなくて、現地の人々の様子や雰囲気なども味わえました。
先生方のお話と映像にとても楽しまれた様子でした。

次回の皆既日食は、チリ、アルゼンチンで観測できるそうです。尾久土先生達は勿論観測にいかれるそうです。皆さんも一度行かれてみては?

2017年度まちかど土曜楽交第4クールが11月25日(土)よりスタートします!
11月25日~12月16日までの毎週土曜日で、全4回行います。
開催場所は、和歌山市役所(11月25日、12月9,16日)とあいあいセンター(12月2日)となっています。一部日程で会場が異なりますのでご注意下さい。

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、違う小学校の子や違う学年の子と一緒に、いろんなことを楽しく学ぶ授業です。

IMG_001320171007.jpgIMG_001120171014.jpg

■内容

11月25日(土)

みんなで楽しく社会科学習!

12月2日(土)

クリスマスリース作り

12月9日(土)

にぼし解剖

12月16日(土)

小学生でもできる!簡単プログラミング

※都合により、学習内容が変更になる場合があります。
※いずれも開催時間は10時~12時30分まで。

■詳細

場 所:和歌山市役所7階記者会見室(和歌山市七番丁23)11月25日、12月9,16日
    あいあいセンター(和歌山市小人町29)12月2日
対 象:小学4・5・6年生(保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:25名(小学4・5・6年生合計) 応募者多数の場合、抽選
申込み:FAXまたはメールでお申し込み下さい。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
  ※メールでお申し込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。
申込締切:11月21日(火)16時まで
問合わせ:和歌山大学松下会館事務室まちかど事業担当
     TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧下さい。
※授業内容が変更になったため、チラシと異なっている部分があります。こちらのHPの授業内容が最新のものになります。

201712_machido_frontss.jpg
201712_machido_backss.jpg

印刷用PDFはこちらから→201712_machido_ss.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 和歌山 土曜授業

2017年11月06日 11:03

土曜楽交第3クールの第3回を10月21日(土)に開催しました。
会場は、和歌山市役所7階記者会見室です。

■1時間目は、「市町村でビンゴゲーム」

和歌山県の市町村でビンゴゲームをしながら、場所も覚えていこうというゲームです。
みんなには、ランダムに市町村の名前が書かれた紙が配られて、先生が適当に市町村が書かれたくじを引いていきます。
IMG_000320171021.jpgIMG_000620171021.jpg

みんなビンゴゲームを楽しみながら、和歌山県の市町村の場所も勉強していました。

■2時間目は、「市町村クイズ」

クイズは、みんなにヒントを三つ出して市町村を答えるものです。まずは、先生から例題が出されました。初めのヒントはちょっと難しいヒントでだんだん簡単なヒントにしていくというものでしたが、みんな結構早い段階で分かっていました。
それでは、テーブルごとに分かれて自分たちもクイズを考えていきます!
IMG_001220171021.jpg
各チーム2問ずつ問題を考えていきます。色んな本やガイドブックが用意されていたので、みんな参考にしながら考えていました。

問題が出来上がったところで、チーム対抗のクイズ大会を開催しました。
一つ目のヒントで分かると5ポイント、二つ目では3ポイント、最後で分かると1ポイントとなっています。みんな優勝目指して頑張っていました。
IMG_002520171021.jpgIMG_002820171021.jpg
みんなとても良い問題を作っていて難しいのもありましたが、チームみんなの力を合わせて答えを出していました。
最後は1ポイント差の大接戦となるクイズ大会となりました。

本日の土曜楽交はここまで!

次回は、10月28日(土)です。
次回が土曜楽交第3クールの最終回になります。
お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:クイズ 和歌山 和歌山大学 土曜授業 土曜楽交 市町村

2017年10月27日 11:37

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_000720170928.jpg


ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内で行っています。


 

11月のテーマは、宇宙カフェ

IMG_001620161128.jpg

 

2017年度第5回は、飯田市美術博物館の吉住千亜紀さんと観光学部教授の尾久土正己先生に、アメリカであった皆既日食のお話を伺います。
今年の夏、アメリカ合衆国では西海岸から東海岸まで横断する皆既日食があり、お祭り好きなアメリカ人が見ることができる狭いエリアに殺到し、各地で大渋滞が起こりました。日食といえば、日食を求めて地球上ならどこまで追いかけている観光学部の尾久土教授。今回が15回目の遠征だとか。今回のワダイカフェでは、アメリカ・オレゴン州で撮影した皆既日食のドーム映像やVR映像を使って、日食の素晴しさを体感していただけます。また、今後の日食ツアーの計画なども紹介していただきます。なお、いつもサポートメンバーとして同行している吉住千亜紀さんも駆けつけてくれます。吉住さんからは、お祭り騒ぎだった現地の様子をレポートしていただきます。
 

詳細

日 時:平成29年11月1日(水) 18:30~20:00
場 所:和歌山大学観光学部デジタルドーム(和歌山市栄谷930)
対 象:中学生~一般
参加費:200円
定 員:15名程度(先着順)
申込み:メール、FAXで
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20171101_wadainocafess.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→ 【web用】20171101_wadainocafe.pdf

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_001420170722.jpg


ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。


 

9月のテーマは「観光映像と短編映画について」

2017年度第4回は、和歌山大学観光学部准教授の木川剛志先生から、観光映像についてのお話を伺いたいと思います。
現在、地方創生、インバウンド、DMOと観光をめぐる新しいキーワードがどんどんと広がるともに、それらの事業を広く伝える“観光映像”に注目が集まっています。観光映像は種々様々。政府観光局が作る大規模な予算のものもあれば、地域の有志が集まって手弁当でつくったものもあります。
地域を舞台とした短編映画製作を行ってきた木川先生から、観光映像の魅力を伺い、和歌山のこれからの魅力発信について考えてみたいと思います。
 

詳細

日 時:平成29年9月28日(木) 18:30~20:00
場 所:インターラーケン(和歌山市本町1丁目34)
対 象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定 員:20名程度(先着順)
申込み:申込フォーム、メール、FAXで
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20170928_wadainocafess.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→【web用】20170928_wadainocafe.pdf

2017年度まちかど土曜楽交第3クールが10月7日(土)よりスタートします!
10月7日~10月28日までの毎週土曜日で、全4回行います。
開催場所は、和歌山市役所(10月7,21,28日)と和歌山市商工会議所(10月14日)となっています。一部日程で会場が異なりますのでご注意下さい。

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、違う小学校の子や違う学年の子と一緒に、いろんなことを楽しく学ぶ授業です。

IMG_001520170708.jpgIMG_001720170701.jpg

■内容

10月7日(土) オリジナルペーパークラフトで動物園をつくろう!
10月14日(土) 大気圧であそぼう!/浮沈子をつくろう!
10月21日(土) みんなで楽しく社会科楽習!
10月28日(土) ハロウィンのパンプキンカービング

※都合により、学習内容が変更になる場合があります。
※いずれも開催時間は10時~12時30分まで。

■詳細

場 所:和歌山市役所7階記者会見室(和歌山市七番丁23) 10月7,21,28日
    和歌山市商工会議所(和歌山市西汀丁36) 10月14日
対 象:小学4・5・6年生(保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:25名(小学4・5・6年生合計) 応募者多数の場合、抽選
申込み:FAXまたはメールでお申し込み下さい。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
 ※メールでお申し込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。
申込締切:9月29日(金)16時まで
問合わせ:和歌山大学松下会館事務室 まちかど事業担当
     TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧下さい。

201710_machido_front改.jpg
201710_machido_back改.jpg

印刷用PDFはこちらから→201710_machido_ss.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 和歌山 土曜授業

2017年09月01日 14:58

IMG_000120170624.jpg


2017年6月24日、「2017年度まちかど土曜楽交第2クール」が始まりました!
会場は第1クールに続いて、和歌山大学松下会館です。

 


■まずは、頭を使ったゲームをしよう!

まずは、頭を使ったゲームということで、先生とジャンケンをして後出しで勝ったり負けたりするというゲームをしました。
ジャンケンゲームにも慣れてくると、あっち向いてホイも入れて少し難しくしたりして楽しんでいました。

続いて、「アハ体験」をしていきます。
時間が経つと画像の一部が変化していくので、それを見つけていくゲームです。
IMG_000520170624.jpg
中には、とても簡単なものからかなり難しいものまでありました。得意な子やちょっと苦手という子もいたのですが、皆とても楽しそうに「アハ体験」をしていました。

■「iPadで和歌山ご当地キャラクターをつくって動かそう」

それでは、皆にiPadを配って授業をしていきましょう!
今回使うアプリは、「Scratch JR」。自分の好きなキャラクターを自分の好きなように動かせるアプリです。
まずは、先生の指示にしたがって動かしていく練習をしていきます。
上下左右の他に回転やキャラクターの大きさが変わるアイコンなどがあるので、それらを動かして自分の考えた通りの動きをキャラクターにさせていきます。
IMG_000820170624.jpgIMG_001420170624.jpg
始めは操作に苦労していた子たちもすぐに慣れて、さまざまな動きをさせれるようになりました。
このアプリの使い方にも慣れてきたところで、自分の好きなようにアニメーションを作っていきます!
キャラクターの動きはもちろん、キャラクターも自分の好きなように作ることができるので、みんな夢中になって作っていました。

最後に、何人かの子に作品を前で紹介してもらいました。
IMG_001820170624.jpgIMG_001920170624.jpg

みんなとても上手にキャラクターを動かしていましたし、物語もとてもよく出来ていました。

それでは、今日の土曜楽交はここまで!

次回は、7月1日(土)です。
お楽しみに!

2017年度まちかど土曜楽交第2クールが6月24日(土)よりスタートします!
6月24日~7月15日までの毎週土曜日で、全4回行います。

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、違う小学校の子や違う学年の子と一緒に、いろんなことを楽しく学ぶ授業です。

IMG_002720170513.jpgIMG_00202017052001.jpg

■内容

6月24日(土) iPadで和歌山ご当地キャラクターをつくって動かそう
7月1日(土) やってみよう!理科実験
7月8日(土) みんなで音楽!
7月15日(土) みんなで楽しく社会科楽習!

※都合により、学習内容は変更になる場合があります。
※いずれも開催時間は10時~12時30分まで。

■詳細

場 所:和歌山大学松下会館(和歌山市西高松1-7-20)
対 象:小学4・5・6年生(保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:25名(小学4・5・6年生合計) 応募者多数の場合、抽選
申込み:FAXまたはメールでお申し込み下さい。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
 ※メールでお申し込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。
申込締切:616日(16時まで
問合わせ:和歌山大学松下会館事務室 まちかど事業担当
     TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧下さい。

201706_machido_front圧縮版.jpg
201706_machido_back_v2圧縮版.jpg

印刷用PDFはこちら→201706_machido_ss.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 和歌山 土曜授業

2017年05月26日 16:37

IMG_000220170513.jpg

2017年5月13日(土)、今年度のまちかど土曜楽交が始まりました。
会場は和歌山大学松下会館です。

■土曜楽交とは

土曜楽交は、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、楽しく学ぶ授業。和歌山を学ぶをコンセプトに、理科実験やフィールド授業、iPadを使った授業を展開します。

■まずは体を使ったゲームで仲良くなろう

前半は、みんなで体を使ったゲーム!
体の前に手を出しながら、グーとパーを交互に出していきます。簡単そうに見えますがやってみるとむずかしく、テンポがはやくなると間違えてしまう子もチラホラいました。
IMG_000420170513.jpg
つづいては、5,6人のグループを作ってジェスチャーゲームをしました。みんなへの問題は「ゾウ」です。一人だとすぐにできそうなものでも、5人6人でとなるとチームワークが大切になってきて、少し大変なようでした。

■これであなたも「わかやま博士」!

さっそく先生から「和歌山県といえば・・・?」というアンケートクイズです。子どもたちからは、みかんやうめの他、南方熊楠や和歌山城など和歌山の有名なひと・ものをたくさん答えて、1位~5位まで全部正解しました!
1,2,4位は、みかん、うめ、和歌山ラーメンと食べ物が入っていて、3位には白浜、5位には世界遺産の熊野古道がランクインしていました。
IMG_001420170513.jpgIMG_001520170513.jpg
他にもたま駅長に関する問題など和歌山に関するクイズをしていると、「魔王があらわれた!」と助けを求める人がやってきました。
魔王をたおすために、みんなの力を借りにきたようです。
IMG_001920170513.jpg
和歌山に関するクイズを解いていけば魔王をたおすヒントがもらえるというので、グループに分かれて解いていきます。
クロスワードや和歌山県の地図パズルなどさまざまな問題があり、それを解いていくことでヒントに近づいていきます。
むずかしい問題もありましたが、どのグループもiPadや和歌山に関する本を調べながら、みんなで力を合わせてどんどん問題を解いていきます。
IMG_002720170513.jpgIMG_002820170513.jpgIMG_003320170513.jpg

最後には、みんなで和歌山の好きなところを言っていくことで、魔王を倒すことができました。
無事に魔王を倒したところで、今日の土曜楽交は終了!

次回の土曜楽交は、5月20日(土)です。

お楽しみに!

2017年度も5月13日(土)よりまちかど土曜楽交がスタートします!
第1クールは5月13日~6月3日までの毎週土曜日で、全4回行います。
土曜楽交では、将来教師を目指す学生が講師となり、オリジナルの教材を使って、楽しく学びの時間を過ごします。

■内容

5月13日(土)

これであなたも「わかやま博士」
5月20日(土) 超簡単・ピタゴラスイッチづくり
5月27日(土)

化石のレプリカをつくろう

魔法のカベ

6月  3日(土) 数の不思議

※都合により、学習内容は変更になる場合があります。
※いずれも開催時間は10時~12時30分まで。


■詳細

場 所:和歌山大学松下会館(和歌山市西高松1-7-20)
対 象:小学4・5・6年生(保護者の送迎を基本とします)
参加費:無料
定 員:25名(小学4・5・6年生合計) 応募者多数の場合、抽選
申込み:FAXまたはメールでお申し込み下さい。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
 ※メールでお申し込みの方は、パソコンからのメールが受信できるよう設定をお願いします。
申込締切:58日() 16時まで
問合わせ:和歌山大学松下会館事務室 まちかど事業担当
     TEL:073-435-5472

詳細についてはチラシをご覧下さい。

201704_machikado_front圧縮版.jpg
201704_machikado_back圧縮版.jpg

印刷用PDFはこちら→201704_machikado_ss.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 土曜楽交 和歌山 土曜授業

2017年04月14日 10:46

1 | 2 | 3 |