地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:宇宙人

2月22日、今年度最後の宇宙カフェを開催しました。
会場はぶらくり丁のtake-A-cafeさんです。

和歌山には、和歌山大学やみさと天文台、市立こども科学館など宇宙について幅広く、深く学べる場所があって、宇宙大好きな人がたくさんいます。
今回はそんな宇宙大好きな人=宇宙人が集まり、みなさんとわいわいお話しする企画です。

222cafe01.jpg

続々と集まる、宇宙大好きな人たち。参加者、ナビゲーター合わせると30人くらいになりました。

222cafe02.jpg

カフェ開催にあたり、宇宙人の長・・・ではなく、宇宙教育研究所所長の秋山演亮先生からご挨拶。
この日は朝から四万十で実験があり、その後急いで帰ってこのカフェに来てくださいました。
四万十から和歌山に帰ってくるなんて、まるで宇宙じ・・・いやいや、ありがとうございます。

その後、吉住先生の紹介で続々と登場する宇宙人のみなさん。1人5分程度のお話は短すぎて、もっともっと聞きたくなります。

222cafe03.jpg

パフォーマンスもお話も一流!宇宙研副所長の中串孝志先生

222cafe04.jpg

開館20周年を迎えたみさと天文台から、研究員の山内千里さん

222cafe05.jpg

観測した天体は数知れず!和歌山市立こども科学館事務長の津村光則さん

222cafe06.jpg

ここでいったん進行を吉住先生から尾久土先生にバトンタッチ。
尾久土先生が1995年にみさと天文台長に就いてからの仕事を振り返りました。その中で現在の宇宙教育研究所ができるまでのお話も。

222cafe12.JPG

パラボラアンテナの運用を担当する佐藤奈穂子さんは、宇宙教育研究所の前身・宇宙教育研究ネットワークの初期メンバーでもあります。同ネットワーク発足から10年間、和歌山大学で宇宙教育の普及を影ながら支え続けてこられた方です。

実はこのあと新メンバーの紹介もあったのですが、それは当日来られた方の特典、ということでここではまだ秘密にしておきますね。また近いうちにご紹介できればと思います。

さて、再びバトンを吉住先生に戻します。

222cafe07.jpg

学童や保育園・幼稚園でも大人気の富田晃彦先生

222cafe08.jpg

そして最後に、吉住先生。
「『吉住がどんな人』かを知りたければこれらの本を読めば分かる」とおっしゃるほど、吉住先生が影響をうけた2冊の本をご紹介くださいました。どんな本か興味のある方はぜひ!

さて、当日は尾久土先生や吉住先生のお話の中で発表されていたのですが、これまで宇宙カフェのナビゲーターを幾度となく担当しいつも楽しい時間を一緒に過ごしてきた吉住先生と佐藤さんが、3月いっぱいで新天地に行かれることとなりました。
感謝や労いなどたくさんの気持ちを込めて、スタッフから花束を贈りました。

222cafe09.jpg 222cafe10.jpg

吉住先生・佐藤さん、本当にお世話になりました。
今後はナビゲーターとして宇宙カフェにお呼びしますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

222cafe11.jpg

その後はカフェ終了時間を過ぎても、参加者とナビゲーターが入り交じってわいわい話をして大盛り上がりとなりました。

不定期開催と言いながらも12月から毎月開催してきた宇宙カフェも、今年度はこれで終了です。
宇宙カフェは次年度からは本当に不定期開催となりますが、まちかどサテライトでは引き続きさまざまな企画をお届けする予定です。
今後も引き続きお気軽にご参加いただければと思います。

今年度最後の宇宙カフェのご案内です。

今回のテーマは「和歌山から宇宙へ~和歌山の宇宙人大集合!~」

和歌山には、和歌山大学をはじめみさと天文台、和歌山市立こども科学館など、宇宙について幅広く、深く学べる場所があり宇宙大好きな人がたくさんいます。
今回は、これまでのナビゲーターが集まり、わいわい話をしたり新しい仲間をご紹介したいと思います。
宇宙大好きな方はもちろん、ちょっと興味あるけど・・・という方も、ぜひこの機会に参加してみませんか?
和歌山の「宇宙人」たちがみなさまをお待ちしております。

 

■詳細

日 時:2016年2月22日(月) 18時30分〜20時頃
場 所:take a cafe(和歌山市元寺町1-25)
対 象:中学生以上
参加費:500円(ドリンク付き)
定 員:20人程度(先着順)
申 込:メールまたはFAX
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20160222_cosmiccafe.jpg

印刷用pdfはこちら→20160222_cosmiccafe.pdf

中秋の名月だった9月8日、宮井平安堂の宮井ホールで宇宙カフェを開催しました。

今回のナビゲーターは中串孝志准教授(宇宙教育研究所/観光学部)
そして特別ゲストに明石市立天文科学館の井上毅さんをお招きしました!

DSCN4889.JPGIMG_4258.JPG
(ゲストの井上毅さん(左)と中串先生)

実は今回の宇宙カフェは、ぶらくり丁周辺の複数の飲食店と和歌山市駅前・京橋を会場に行っていた「お月見カフェ」の1会場でした。
 

この「お月見カフェ」は和歌山大学観光学部科学文化ゼミ生の企画で、今回の宇宙カフェの企画も同ゼミ所属の学生が考えたものです。

 

▼いつもと違う!音楽の生演奏付き宇宙カフェ!

この日の宇宙カフェは、女声合唱やアルトサックス、ピアノの生演奏を間にはさみつつ、中串先生や井上さんのトークがあるという特別編成。
DSCN4830.JPG
(オープニングは女声合唱で「Fly me to the moon」)

第1部は音楽と中串先生の「ちょっとした月のお話」

DSCN4841.-1JPG.JPG

月の基本的な情報やクレーターがなぜできるのかなどお話してくださいました。
そのほか会場と座談会的に自由に話をする時間も。

第2部は冒頭にご紹介した、明石市立天文科学館の井上さんをゲストに、中串先生と井上さんのトークショー。
中秋の名月の不思議をお話いただきました。

音楽を聴きながら宇宙の話を聞くなんて、なんて贅沢なんでしょう!
いつもとは違う雰囲気に参加者の方もとても楽しそうでした〜。

中串先生、井上さんありがとうございました!
次回は10月16日、ナビゲーターは富田晃彦先生です。
詳細はこちら → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/09/1016-cosmic.php

 

▼お月見カフェ、ほかの会場は?

・名月観望会@京橋プロムナード
IMG_4271.JPG

尾久土正己教授が天体望遠鏡で月を見る「観望会」を実施。
雲ひとつないきれいな空に浮かぶ月の表面をみることができました!
観望会の様子を見て、バスを途中下車して立ち寄ってくれた方も。

・お月見団子カフェ@ぶらくりキッチン
IMG_4298.JPG

自分でお月見団子を作って食べながら、月の話も聞けるお月見団子カフェ。
大人も子どもも楽しめる企画でした!

・音楽カフェ@インターラーケン
IMG_4344.JPG
3組の音楽団体がそれぞれステージを披露。
会場は若いお客さんが多く、盛況でした!

・宇宙人カフェ@PLUG
IMG_4314.JPG

宇宙人による宇宙人のカフェ。
宇宙人は地球語が話せないというハンデ付き。
今回の企画の中で(よくもわるくも)一番話題になっていました(笑)

・キャンドルカフェ@こりすカフェ
IMG_4324.JPG

宇宙人カフェの隣で行われていたとってもオシャレなカフェ。
店頭では好きな色のロウを混ぜあわせてオリジナルのキャンドルも作っていました。
店内はキャンドルの灯りでほんのり照らされていて良い雰囲気でした。

・名月観望会@和歌山市駅前
IMG_4340.JPG

こちらの観望会はみさと天文台の方々のご協力で実現しました。
電車やバスから降りた人たちが興味深そうに望遠鏡を覗いていました。
こちらは約200人の方が立ち寄ってくれたそうです!

また来年、中秋の名月にはこのようなイベントができればなぁと思います。

1