地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:宇宙教育研究所

2月22日、今年度最後の宇宙カフェを開催しました。
会場はぶらくり丁のtake-A-cafeさんです。

和歌山には、和歌山大学やみさと天文台、市立こども科学館など宇宙について幅広く、深く学べる場所があって、宇宙大好きな人がたくさんいます。
今回はそんな宇宙大好きな人=宇宙人が集まり、みなさんとわいわいお話しする企画です。

222cafe01.jpg

続々と集まる、宇宙大好きな人たち。参加者、ナビゲーター合わせると30人くらいになりました。

222cafe02.jpg

カフェ開催にあたり、宇宙人の長・・・ではなく、宇宙教育研究所所長の秋山演亮先生からご挨拶。
この日は朝から四万十で実験があり、その後急いで帰ってこのカフェに来てくださいました。
四万十から和歌山に帰ってくるなんて、まるで宇宙じ・・・いやいや、ありがとうございます。

その後、吉住先生の紹介で続々と登場する宇宙人のみなさん。1人5分程度のお話は短すぎて、もっともっと聞きたくなります。

222cafe03.jpg

パフォーマンスもお話も一流!宇宙研副所長の中串孝志先生

222cafe04.jpg

開館20周年を迎えたみさと天文台から、研究員の山内千里さん

222cafe05.jpg

観測した天体は数知れず!和歌山市立こども科学館事務長の津村光則さん

222cafe06.jpg

ここでいったん進行を吉住先生から尾久土先生にバトンタッチ。
尾久土先生が1995年にみさと天文台長に就いてからの仕事を振り返りました。その中で現在の宇宙教育研究所ができるまでのお話も。

222cafe12.JPG

パラボラアンテナの運用を担当する佐藤奈穂子さんは、宇宙教育研究所の前身・宇宙教育研究ネットワークの初期メンバーでもあります。同ネットワーク発足から10年間、和歌山大学で宇宙教育の普及を影ながら支え続けてこられた方です。

実はこのあと新メンバーの紹介もあったのですが、それは当日来られた方の特典、ということでここではまだ秘密にしておきますね。また近いうちにご紹介できればと思います。

さて、再びバトンを吉住先生に戻します。

222cafe07.jpg

学童や保育園・幼稚園でも大人気の富田晃彦先生

222cafe08.jpg

そして最後に、吉住先生。
「『吉住がどんな人』かを知りたければこれらの本を読めば分かる」とおっしゃるほど、吉住先生が影響をうけた2冊の本をご紹介くださいました。どんな本か興味のある方はぜひ!

さて、当日は尾久土先生や吉住先生のお話の中で発表されていたのですが、これまで宇宙カフェのナビゲーターを幾度となく担当しいつも楽しい時間を一緒に過ごしてきた吉住先生と佐藤さんが、3月いっぱいで新天地に行かれることとなりました。
感謝や労いなどたくさんの気持ちを込めて、スタッフから花束を贈りました。

222cafe09.jpg 222cafe10.jpg

吉住先生・佐藤さん、本当にお世話になりました。
今後はナビゲーターとして宇宙カフェにお呼びしますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

222cafe11.jpg

その後はカフェ終了時間を過ぎても、参加者とナビゲーターが入り交じってわいわい話をして大盛り上がりとなりました。

不定期開催と言いながらも12月から毎月開催してきた宇宙カフェも、今年度はこれで終了です。
宇宙カフェは次年度からは本当に不定期開催となりますが、まちかどサテライトでは引き続きさまざまな企画をお届けする予定です。
今後も引き続きお気軽にご参加いただければと思います。

今年度最後の宇宙カフェのご案内です。

今回のテーマは「和歌山から宇宙へ~和歌山の宇宙人大集合!~」

和歌山には、和歌山大学をはじめみさと天文台、和歌山市立こども科学館など、宇宙について幅広く、深く学べる場所があり宇宙大好きな人がたくさんいます。
今回は、これまでのナビゲーターが集まり、わいわい話をしたり新しい仲間をご紹介したいと思います。
宇宙大好きな方はもちろん、ちょっと興味あるけど・・・という方も、ぜひこの機会に参加してみませんか?
和歌山の「宇宙人」たちがみなさまをお待ちしております。

 

■詳細

日 時:2016年2月22日(月) 18時30分〜20時頃
場 所:take a cafe(和歌山市元寺町1-25)
対 象:中学生以上
参加費:500円(ドリンク付き)
定 員:20人程度(先着順)
申 込:メールまたはFAX
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20160222_cosmiccafe.jpg

印刷用pdfはこちら→20160222_cosmiccafe.pdf

年明け、しかも連休明け早々の1月13日、今年11回目の宇宙カフェを開催しました。
昨年に引き続き、1月のナビゲーターは宇宙教育研究所所長の秋山演亮先生。
テーマは「宇宙教育研究所とUNIFORMプロジェクトの成果」
場所はぶらくり丁にあるtake "A" cafeさんをお借りしました。

IMG_0103a.JPG

IMG_0052.JPG

これまで宇宙カフェで様々な話題を提供してくださったナビゲーターのみなさまは、和歌山大学の「宇宙教育研究所」に所属されています(専任・兼担含む)。
同研究所は「宇宙」をテーマに「まかせられる人材育成」のための教育プログラムを開発・実施しています。

▼今年度話題になったUNIFORM
5月の打ち上げからずっとその後の様子を追っているUNIFORMプロジェクト。
このプロジェクトにおける和歌山大学の位置づけ、役割などを伺いました。
打ち上げ後のUNIFORM-1の成果もご紹介いただきましたよ!

▼高校生対象のロケガ!
正式名称は「ロケットガール&ボーイ養成講座」
ハイブリッドロケットの設計・製作からその打ち上げまでをすべて高校生自身の手で実現していく企画。
ロケットを打ち上げる技術ももちろんですが、チームとしての成果が問われるので、チームのマネジメント力も試されるという…大人でも難しそうw
今年度は3月28日にロケットの打ち上げが予定されています。どんなドラマが生まれるのか楽しみですね。
ロケットガール&ボーイ養成講座2014

このほかさまざまな取組、プロジェクトをご紹介いただきました。
宇宙教育研究所にいろいろな分野の先生がいらっしゃるのも納得です。

お忙しい中貴重なお話をいただきました秋山先生、ありがとうございました。
次回は2月12日(木)、和歌山大学客員准教授の古屋昌美さんがアジアの星の物語をお話くださいます。
こちらもお楽しみに!
詳細はこちら → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2015/01/0212-cosmic.php

 

ちなみにこの日は新年会と称して、スタッフと参加者有志とで食事会に行きました。
いつもお腹が空く時間帯なので、たまには食事ありのカフェもいいかもしれませんね。
DSC_0890.jpg

新年あけましておめでとうございます。
今年も宇宙カフェにお付き合いいだけますようお願いいたしますね!

さて、1月のナビゲーターは恒例の(?!)秋山所長です。
▼過去の秋山先生の宇宙カフェはこちら
http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/01/127.php

 

■今回のお話は今までの総括

これまで宇宙カフェで様々な話題を提供してくださった和歌山大学宇宙教育研究所では、平成22年度より5年間にわたり、国際協力による超小型衛星の実利用化プロジェクト(UNIFORM プロジェクト)に取り組んできました。

2014年はUNIFORM-1の打ち上げあり、パラボラアンテナのお話あり、特別ゲストあり…と話題豊富でしたね。
▼打ち上げの様子 http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/05/524.php
▼パラボラアンテナのお話 http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/06/626uniform-1.php
▼特別ゲストによるお話 http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/11/11740.php

今回は、終了を間近に控えたプロジェクトとその成果を紹介するとともに、来年度以降の展望もご紹介したいと思います。

 

テーマ:宇宙教育研究所とUNIFORMプロジェクトの成果
ナビゲーター:秋山演亮(宇宙教育研究所所長)
日時:平成27年1月13日(火) 18:30〜20:00ごろ
場所:take "A" cafe(和歌山市元寺町1-25)
対象:中学生〜一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定員:20名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申し込み可。)
    申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20150113宇宙カフェ.jpg

1