地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:実験

IMG_000420170701.jpg

まちかど土曜楽交第2クールの第2回を2017年7月1日に行いました!
会場は、和歌山大学松下会館です。

本日の先生は、和歌山大学の「実験・工作キャラバン隊」。

 

■1時間目は、「葉脈のしおりをつくろう!」

まずは、植物の仕組みや二酸化炭素や酸素の出入りする場所や、水の通り道など葉っぱの役割などの説明をききました。
先生から説明を聞いたあと、その仕組みを利用して葉脈を色付けをしてしおりにしていきました。

IMG_000820170701.jpgIMG_000920170701.jpg
葉っぱはとても破れやすいので、歯ブラシでこする時はみんなとても丁寧に作業をしていました。
最後の色付けは赤と青で、好きな方の色の葉脈のしおりに仕上げていました。みんなとても上手に葉脈のしおりを作ることができました!
最後に葉っぱを乾燥させて完成となります。

■2時間目は、水の実験。

最初に先生からホースを使った水の実験のデモンストレーションを行いました。
水は下から上に流れないはずなのに、なんと、その実験では山なりにしたホースの中を流れていました。
みんな、どうして水が上に流れていったのか分からない様子でした。
IMG_001720170701.jpgIMG_002320170701.jpg
この後、先生からこの現象の説明を聞きました。
次に、コップとストローを使った実験をして、みんなにも作ってもらいました。
IMG_002520170701.jpgIMG_002720170701.jpg
みんなで装置を作ったら、外で水を使って遊びました。

1時間目に作った葉脈のしおりを先生から受け取ったら、本日の土曜楽交はここまで!

次回は、7月8日(土)です。
お楽しみに!

2017年5月27日(土)和歌山大学松下会館で、まちかど土曜楽交第1クールの第3回を行いました。

今回の先生は、和歌山大学の実験・工作キャラバン隊のみなさんです。
IMG_000220170527.jpg

■1時間目は、「化石のレプリカをつくろう」

まずは、化石について学びます。
先生から、化石についてや、三葉虫などの生物が生きていた古生代、恐竜などが生きていた中生代、そしてマンモスなどが生きていた新生代の化石などを写真付きで分かりやすく教えてくれました。
IMG_000820170527.jpg
IMG_000920170527.jpgIMG_001220170527.jpg
先生から説明を聞いたあとは、化石のレプリカをつくっていきます!
今回つくる化石はアンモナイトです。粘土でアンモナイトの型をとっていきます。
型をとり終わったら、あとは粘土を乾かしたら完成です!
みんな上手に型をとれていました。

■2時間目は、「魔法のカベ」

1時間目が終わったら休憩をして、2時間目です。
2時間目は、「魔法のカベ」
先生が2枚のカベを取り出して顔にかざしてみると、初めは先生の顔が見えていたのに、2枚のカベをずらすと見えなくなってしまいました!
みんなはなぜ先生の顔が見えなくなるのか、分からない様子でした。

IMG_001520170527.jpgIMG_001420170527.jpg

この魔法のカベの正体は、偏光板というものでした。
偏光板を2枚ずらした状態で重ねることで、光を通さなくなるので反対側が見えなくなるそうです。
実は、この偏光板は、1枚の状態のものは身近のいろんな物に使われており、パソコンやサングラスにも使われているそうです。

また、偏光板2枚の間にセロハンをはさむと、なんと虹色に見えました!
これは、1枚目の偏光板を通った光がセロハンを通ることで、光の角度が変わり虹色に見えるようになるそうです。
それでは、間にセロハンを挟んだ偏光板をつくっていきましょう!
IMG_002620170527.jpgIMG_002920170527.jpg
偏光板は、先生が用意してくれたので、あとはセロハンテープをくしゃくしゃにして間に貼り付けると完成!
出来上がった子から、見て楽しんでいました。

最後に乾いた化石のレプリカをみんなに渡したら、今日の土曜楽交は終わりです!

次回は6月3日(土)です。
お楽しみに!

カテゴリ:活動報告

タグ:キャラバン隊 偏光板 化石 土曜授業 土曜楽交 実験 工作 理科

2017年06月01日 15:18

第3クール3回目の土曜楽交は、あいあいセンターで行いました。

本日の先生は、「実験・工作キャラバン隊」のみなさんです!

まずは、「オリジナルの星座のしおり作り」
星の配置通りに、自分の好きな色や形のスパンコールを貼り付けて、自分だけの星座を作りました。

IMG_000620161015.jpgIMG_001320161015.jpg
先生がしおりを仕上げている間に、星座にまつわるお話と星座のクイズをしました。
クイズは、正解を答える子が多くてびっくりしました。みんなすごいですね!
IMG_002420161015.jpg

星座のしおり作りが終わったら、次は「ジャイロリング作り」

ジャイロリングは、回っているものの軸が傾かないようにする働き(=ジャイロ効果)を使って遊ぶもの。
みんなが知っているこまや自転車の車輪もジャイロ効果を使ったものだそうです。
IMG_005820161015.jpgIMG_005720161015.jpg

ジャイロリングがどんなものか分かったところで、実際にみんなで作ってみます!

IMG_005920161015.jpgIMG_006220161015.jpg

A4サイズの紙1枚で、簡単に作れました。
最後に自分で作ったジャイロリングを飛ばして遊びました。

IMG_006620161015.jpg

本日の土曜楽交は、ここまで!

次回は、10月22日(土)です。お楽しみに!

■6月25日、まちかど土曜楽交第2クールがスタートしました!
場所は第1クールに引き続き、和歌山大学松下会館です。

本日の先生は、「実験・工作キャラバン隊」のみなさんです。

IMG_000120160625.jpg

■1時間目は、「液体窒素であそぼう!」
まずは、液体窒素に関する勉強を実演を交えながらしていきます。

IMG_001620160625.jpgIMG_002120160625.jpg

液体窒素は-196℃で、バナナやミカンも一瞬で凍らせてしまいます。凍ったバナナで釘を打つ様子には、子供たちも興味津々でした。

液体窒素を使って凍るもの、凍らないものをみんなで仕分けしていき、凍るものの共通点を見つけました!
続いて、葉っぱが凍る前と凍った後の変化をみんなも体験しました。

IMG_002520160625.jpgIMG_002820160625.jpg

はじめは握っても柔らかく曲がるだけですが、液体窒素にいれてから握ってみるとパリパリに割れて砕けてしまいました。
子供たちも、この葉っぱの変化を自分で体験して楽しんでいる様子でした。

■2時間目は、「デンプンをさがそう!」
ヨウ素液がデンプンに反応して紫色に変色するという事を利用して、デンプンを含むものを探していきます。

IMG_004320160625.jpgIMG_005220160625.jpg

「やっぱりこれ、紫色になったー」「全然色変わらへん」などヨウ素液の反応に対して子供たちの楽しそうな声がたくさん聞こえてきました。

最後に、ヨウ素液を使ってぬり絵をしました。

IMG_006220160625.jpgIMG_006520160625.jpg

オリジナルのぬり絵がたくさん出来上がり、とても楽しそうでした。

本日の土曜楽交はここまで。

次回は、7月2日(土)です。お楽しみに!

第1クール最終回、今日の先生は教育学部理科専攻のみなさんです。

ss-IMG_6.11-0001.jpg

■1時間目は、静電気の実験。

身近な所では、下敷きを頭にこすると発生したり、ドアなどを持った時にバチッときたりする静電気。今日の授業では、静電気を感じさせる装置を作って自分達で静電気を感じてみます。

プラスチックの棒をティッシュで擦り、その棒を、プラカップにアルミホイルを巻きつけたものにかざして電気を貯めます。後は、十分貯まったころにアルミホイルに触れてみると静電気がきます!

ss-IMG_6.11-0010.jpgss-IMG_6.11-0013.jpg

かなり静電気を貯めてから触る子やなかなかうまくいかず先生に手伝ってもらった子もいましたが、みんな静電気を感じる事に成功しました!

 

■2時間目は、ちりめんモンスター。

ちりめん(カタクチイワシ)の中に紛れ込んでいるちりめんモンスター。たこなどのメジャーなものからアカクラゲやカメガイの仲間などあまり聞かないものまで探していきます!

ss-IMG_6.11-0018.jpgss-IMG_6.11-0025.jpg

「このチリモンはなかなかレアや!」「先生、このチリモンはなんなん?」など楽しそうな声が響いていました。

最後は、みんなが見つけたちりめんモンスターをカードにして持って帰りました。

ss-IMG_6.11-0028.jpgss-IMG_6.11-0031.jpg

 

本日の土曜楽交はここまで!今回で土曜楽交第1クールは終了となります。

第2クールは6/25スタートとなります。お楽しみに!

第1クール3回目の土曜楽交です!

s-IMG_0001.jpg

本日の先生は、和歌山大学の実験・工作キャラバン隊のみなさんです。

 

■まずは、バランスバードややじろべえを使ったお勉強です。

s-IMG_0008.jpgs-IMG_0015.jpg

大きいものでも指先1本で持てるなんてすごいですね!!

先生の説明を聞いたらみんなもバランズバード作りに挑戦!

先生が用意してくれた型紙にみんな好きなように色を付けていきます。

その後は、線に沿って切っていきます。最後は、ちゃんと指先だけで持てるのか確認したら、完成!!

s-IMG_0019.jpgs-IMG_0026.jpg

■2時間目は、磁石を使った実験です。

s-IMG_0034.jpg

まずは、磁石の特徴を学びます。

磁石にはどんなものがくっつくのか、あるいはくっつかないのか。

みんなで確認しながら分けていきます。

s-IMG_0039.jpg

磁石には、N極とS極がありますが、その周りにはどんな力がはたらいてるのでしょうか。

磁石の周りの力、磁力場ってどんなもの?

砂鉄を使った磁力場の様子には、みんな興味津々でした。

 

みんなで磁石のことを知った後は、磁石を使ったアートに挑戦!!

画用紙に好きな絵を描いて裏に磁石を貼り付けると仕掛けは完成!

空けていた部分にビニールタイを置くと磁石にくっつき、立体的な絵が出来ました!

お花や花火などとてもきれいに出来ました

s-IMG_0059.jpgs-IMG_0062.jpg

 

 

本日の土曜楽交はここまで!

次回は、6月4日(土)です。お楽しみに!

始まりました、ワダイノカフェ!

今日のテーマは、「『おもしろ科学まつり』と『公開体験学習会』の実験紹介」

11月14日、15日に和歌山大学で開催されるおもしろ科学まつり公開体験学習会の実験を先行上映し、科学の面白さを体験します。

20151029 サイエンス 0005.JPG

ナビゲーターは、和歌山大学協働教育センター長の石塚亙先生です。

どんな科学実験が飛び出すのか・・・ワクワクします!

20151029 サイエンス 0013.JPG20151029 サイエンス 0017.JPG

まずスクリーンに映し出されたのは、おなじみチリメンモンスター!

科学まつりでも、ちりめんじゃこの中からモンスターを探すブースは人気なのだそう。

色々なモンスターが小分けされた袋を手に取って、みんなで観察しました!

 

その他にも、おもしろ科学まつりや公開体験学習会で実際に行われる予定、また昨年行われた科学マジックがいくつも飛び出します。

20151029 サイエンス 0031.JPG

魔法のガスを使った実験で、紙コップがボンッという音とともに打ち上がったり・・・

20151029 サイエンス 0033.JPG20151029 サイエンス 0039.JPG

布に水をこぼしても染み込まずに丸まってしまったり・・・

不思議なことが次々と起こります!

 

みんなが揃って「おぉ~」と声を上げたのがこれ!

20151029 サイエンス 0042.JPG

水の入った瓶に板で蓋をして、逆さまにすると・・・板がくっついたまま離れません!

これだけでも驚きだったのですが、さらにさらに・・・

20151029 サイエンス 0043.JPG

蓋になっている板を引き抜いても水がこぼれません!どうして?

実は、瓶の口にある細工が施されていて、水の表面張力によってこぼれないようになっていたのです。

このように結果が分かったように思わせて、2度3度と驚かされるのも科学実験の面白いところですね!

 

実験の合間に、「こうした科学マジックは、ある程度の常識を持った人にやるのが最も効果的」なんだと石塚先生が教えてくれました。

というのも、科学マジックを2~3歳の子どもに披露しても「そういうものなんだ」となってしまい、あまり驚いてくれないんだとか・・・。

今日集まった知的な人たちは、実は科学マジックの披露にちょうど良かったんですね(笑)

 

20151029 サイエンス 0052.JPG20151029 サイエンス 0056.JPG

他にも実験はあったのですが、石塚先生いわく「10用意して2つ3つが丁度いい」とのことで(笑)

もっとたくさんの実験を見てみたいという方は、ぜひ11月14日、15日に和歌山大学にお越しください!

 

今日のワダイノカフェはここまで!

次回のワダイノカフェは、詳細が決まり次第まちかどサテライトのHPにてご案内させていただきます。

お楽しみに!

1