地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:星

7月15日の第48回宇宙カフェは『誕生、成長(進化)、そして・・・~僕らは星の子ども~』。

ナビゲーターはみさと天文台台長の矢動丸(やどうまる)泰さんにお越し頂きました。

この日は、紀美野町に本店を構えるキミノーカからジェラートを取り寄せました!

美味しく頂きながらカフェを楽しんでくださいね!

 

20150715_宇宙_0012.JPG

 

▼みさと天文台

今年7月7日、みさと天文台は開館20周年を迎えました。

その記念イベントとして実施した結婚式『星前式』についてや、「みさと天文台って何?」に答える説明をして頂きました。

 

また、中継をみさと天文台とつなぎ、施設内や、巨大望遠鏡が動作するところを見ることもできました。

画面越しとはいえ、やはり巨大望遠鏡は迫力ありました!

 

▼宇宙の誕生・成長(進化)

宇宙は、ビッグバンの発生により誕生したと言われています。

宇宙が誕生したばかりの時に存在した水素の原子核である単体の陽子と、単体の中性子でした。

それらが宇宙膨張の開始から3~20分で、元素に合成されました。

驚いたのは、この時点では炭素・窒素・酸素は存在しないということ!

 

そんな初期の宇宙でも、星(恒星)は誕生することができました。太陽もその一つです。

星の内部で陽子同士、または元素と陽子がくっつくことで、エネルギーと新たな元素を作り出します。

 

▼ぼくらは星の子ども

星は自身の最期に、内部の様々な物質を宇宙に返します。

それが次の星の材料となり、また新しい物質を生み出します。

星に作られた物質が増え、恒星だけでなく惑星も生まれます。

その中で炭素・窒素・酸素などの物質も生み出され、それらを使って生命は誕生しました。

つまり、僕らは星の子どもなのです。

 

 

本日の宇宙カフェはここまで!

次回は8月18日(火)(詳しくはこちら)です。お楽しみに☆

今年度最後の宇宙カフェのご案内です。

今回のナビゲーターは古屋昌美さん(伊丹市立こども文化科学館/和歌山大学客員准教授)です。
古屋さんには以前、お月見の時に中秋の名月をはじめ、すすきやお団子などの文化のお話や、十五夜の対となる十三夜などのお話をしていただいたことがあります。

▼古屋さんの過去のお話はこちら
http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2013/09/925.php

そのとき以来、約1年半ぶりにお越しいただけることになりました。
どんなお話が聞けるか楽しみ!

■今回は「アジアの星のものがたり」

夜空に浮かぶ星や星座には古くから伝わる神話や物語がたくさんありますよね。
ギリシャ神話と結びつけたお話なんかが割りと有名でしょうか。
例えばオリオン座のオリオンは海の神ポセイドンの子どもで優れた猟師だったが、さそり(さそり座)に刺されて死んでしまった…とか。(注意:諸説あると思います)

けれど、オリオン座や北斗七星など誰もが聞いたことのある星たちは、アジアではまったく違った物語を紡いでいるそうなのです。地域が変われば文化も宗教も風習も変わるからでしょうか。

今回は七夕やお月見といって風習や月や太陽の伝説。アジアの風土に育まれた豊かな物語をご紹介いただきます。

 

テーマ:アジアの星のものがたり
ナビゲーター:古屋昌美(伊丹市立こども文化科学館/和歌山大学客員准教授)
日時:平成27年2月12日(木) 18:30〜20:00ごろ
場所:インターラーケン(和歌山市本町1-34)
対象:中学生〜一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定員:20名程度(先着順・要申込み。当日残席があれば参加申込も可)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20150212宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちら
20150212宇宙カフェ.pdf

皆既月食で盛り上がった翌週、10月16日に第39回宇宙カフェを開催しました。

今回の宇宙カフェのテーマは「きみもハーシェルになろう」!
ナビゲーターは教育学部の富田先生です。

DSCN5088.JPG

今回のテーマの「ハーシェル」とは、音楽家であり、天王星や銀河を発見したウィリアム・ハーシェルのこと。

富田先生のお手製資料を見ながら、ウィリアム・ハーシェルの「計数観測」についてお話を聞き、その後、実際に星図を使ってみんなで星の数を数えてみました!

DSCN5096.JPG

数種類の星図が配られ、1人で地道に数えるもよし、同じ星図をグループでエイリア分担して協力して数えるもよし…みんな自由に星を数えていきます。

DSCN5109.JPG

そして今回はなんと軽食付き!
サンドイッチにサラダ、ポテトに唐揚げ、パスタにピザと軽食とは言えないほどのたくさんのお料理を提供していただきました♪

DSCN5099.JPG

musica caféさん、美味しいお料理をありがとうございます!

DSCN5111.JPG

食事を楽しみながら熱心に星を数える参加者のみなさん。
時にはこんなふうにみんなでわいわい頭を使うのもいいですよね!

DSCN5108.JPG

お手伝いに来てくれていた学生スタッフも時間を忘れて集中!!
参加者の方からは「こんなに熱中したのは久しぶり!楽しかった!」というご感想も☆

富田先生楽しい授業をありがとうございました。

次回は11月7日に特別編を開催します☆
詳細はこちら→http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/10/1107-cosmic01.php

カテゴリ:活動報告

タグ:ハーシェル 勘定 天王星 宇宙カフェ 数える 星図 銀河

2014年10月21日 16:27

1