地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:観光学部

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_000720170928.jpg


ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内で行っています。


 

11月のテーマは、宇宙カフェ

IMG_001620161128.jpg

 

2017年度第5回は、飯田市美術博物館の吉住千亜紀さんと観光学部教授の尾久土正己先生に、アメリカであった皆既日食のお話を伺います。
今年の夏、アメリカ合衆国では西海岸から東海岸まで横断する皆既日食があり、お祭り好きなアメリカ人が見ることができる狭いエリアに殺到し、各地で大渋滞が起こりました。日食といえば、日食を求めて地球上ならどこまで追いかけている観光学部の尾久土教授。今回が15回目の遠征だとか。今回のワダイカフェでは、アメリカ・オレゴン州で撮影した皆既日食のドーム映像やVR映像を使って、日食の素晴しさを体感していただけます。また、今後の日食ツアーの計画なども紹介していただきます。なお、いつもサポートメンバーとして同行している吉住千亜紀さんも駆けつけてくれます。吉住さんからは、お祭り騒ぎだった現地の様子をレポートしていただきます。
 

詳細

日 時:平成29年11月1日(水) 18:30~20:00
場 所:和歌山大学観光学部デジタルドーム(和歌山市栄谷930)
対 象:中学生~一般
参加費:200円
定 員:15名程度(先着順)
申込み:メール、FAXで
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20171101_wadainocafess.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→ 【web用】20171101_wadainocafe.pdf

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_001420170722.jpg


ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。


 

9月のテーマは「観光映像と短編映画について」

2017年度第4回は、和歌山大学観光学部准教授の木川剛志先生から、観光映像についてのお話を伺いたいと思います。
現在、地方創生、インバウンド、DMOと観光をめぐる新しいキーワードがどんどんと広がるともに、それらの事業を広く伝える“観光映像”に注目が集まっています。観光映像は種々様々。政府観光局が作る大規模な予算のものもあれば、地域の有志が集まって手弁当でつくったものもあります。
地域を舞台とした短編映画製作を行ってきた木川先生から、観光映像の魅力を伺い、和歌山のこれからの魅力発信について考えてみたいと思います。
 

詳細

日 時:平成29年9月28日(木) 18:30~20:00
場 所:インターラーケン(和歌山市本町1丁目34)
対 象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定 員:20名程度(先着順)
申込み:申込フォーム、メール、FAXで
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20170928_wadainocafess.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→【web用】20170928_wadainocafe.pdf

IMG_000120170531.jpg

2017年5月31日、今年度最初のワダイノカフェ「ワダイノカフェ 2017 vol.1」を開催しました。
会場は、和歌山市本町のぶらくり丁にある「インターラーケン」です。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「みんなでつくる太陽系旅行プラン」

今回のゲストスピーカーに和歌山大学観光学部の惑星科学者・中串孝志先生、進行役のホストに、和歌山大学クロスカル教育機構生涯学習部門の西川一弘先生をお迎えして、さっそくカフェを始めます。

まずは、中串先生から太陽系の惑星についての説明。
地球や水星・金星・火星は、岩石や金属で構成された地球型惑星。木星・土星はガス惑星である木星型惑星。そして、天王星や海王星は、巨大氷惑星といわれる天王星型惑星の3つに分類されている話や、それぞれの惑星の話を聞きました。
話を聞きながら、どの惑星に行ってみたいか思いをはせている様子でした。
IMG_000420170531.jpgIMG_000720170531.jpg

惑星の紹介が終わったら、一旦休憩をしました。

IMG_001420170531.jpg
休憩も終わり、いよいよ太陽系旅行プランについて考えていきます。
旅行先は、地球以外の太陽系惑星7つと冥王星・彗星・月を含めた10個の中から多数決で選びました。
多数決の結果、金星や土星、月なども人気がありましたが、火星への旅行に決まりました。それでは、火星への旅行プランを考えていきましょう。
火星へは、大体210~270日で到着するそうです。
火星での生活で注意する点は、ダストストームがあるので、機械の故障等に気を付ける事だそうです。もちろん食料の問題などいろいろありますが、続いて、先生から火星のおすすめスポットを教えてくれました。
火星のおすすめスポットは、夕焼け。火星の夕焼けは青く色づいており、画像で見るだけでもとても綺麗な光景でした。

参加者の方からもやってみたい事などたくさん意見が出て、大変楽しそうな火星への旅行プランが完成しました。

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_000820170322.jpg

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。

 

 

5月のテーマは「太陽系旅行について」

2017年度第1回は、和歌山大学観光学部の惑星科学者・中串孝志准教授と、同大学で最も乗り物に詳しい(?!)当カフェ担当・西川一弘准教授のタッグで太陽系旅行を考えます。

2010年に種子島宇宙センターから打ち上げられた金星探査機「あかつき」は、2015年12月、日本の探査機として初めて地球以外の惑星を回る軌道に入ることに成功し、現在もデータを送り続けています。2006年1月に打ち上げられたNASAの冥王星探査機ニューホライズンズは、2015年7月に冥王星へ最接近し、2019年接近予定のさらに遠い天体「2014 MU69」に向けて飛行中です。(お金さえ積めば)太陽系旅行に出かけられる時代は確実に来ます。今は遠くから眺めているだけですが、あなたがもし出かけるとしたら、何を持って行きますか?忘れ物をしないよう、みんなで考えましょう。

詳細

日 時:平成29年5月31日(水)18:30~20:00
場 所:インターラーケン(和歌山市本町1-34 ぶらくり丁商店街内)
対 象:中学生~一般
参加費:500円
定 員:20名程度(先着順)
申込み:申込みフォーム、メール、FAXで
    FAX:073-427-7616
    メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20170531_wadainocafess.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→【web用】20170531_wadainocafe.pdf

IMG_000220161128.jpg

2016年11月28日、「和歌山大学観光学部デジタルドーム」で、「ワダイノカフェ 2016 vol.7」を開催しました。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

今回のテーマは「ナミブ砂漠へ行ってきました!-帰ってきた宇宙カフェ-

今回は、昨年まで和歌山大学で一緒に宇宙カフェをご担当いただき、現在は飯田市立美術博物館でプラネタリウムを担当する吉住千亜紀さんと和歌山大学観光学部尾久土先生をゲストに迎え、今年5月に尾久土教授や吉住さんとゆかいな仲間たちがナミビア共和国へ行ってきたお話を伺いました。
IMG_001420161128.jpg
関西テレビと阪急交通の方もお越しくださり、ツアー当時の様子をくわしくお聞きすることができました。ナミビア共和国の伝統音楽をBGMに、たくさんの写真とともにナミビア共和国の解説やむこうでのできごとを聞かせていただきました。
お話後には、デジタルドームシアターでナミビアの星空を見せていただきました。
IMG_001620161128.jpgIMG_002120161128.jpg
日本では見る事の出来ない綺麗で大迫力の星空やナミビア共和国の大自然。
頭上に360°映し出される大迫力の映像を見ながら、旅行中の出来事やナミブ砂漠の様子などその当時の様子を語っていただき、まるで私自身がナミビアを旅したような気分になりました。
参加者の方々からは、このデジタルドームシアターで見たナミビアの様子がとても好評をいただきました。

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべり出来る「ワダイノカフェ」のご案内★

 

11月28日開催のワダイノカフェ「ナミブ砂漠へ行ってきました!-帰ってきた宇宙カフェ-」は、ご好評につき募集人数に達しましたので、受付を終了させていただきます。

ありがとうございました。

カテゴリ:お知らせ

タグ:ワダイノカフェ 和歌山大学 宇宙カフェ 観光学部

2016年11月16日 14:35

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべり出来る「ワダイノカフェ」のご案内★

 

■ワダイノカフェとは

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。

20160222 宇宙 0105ss.jpg

 

■今回は、久しぶりの宇宙カフェ!

2016年度第7回は、飯田市立美術博物館でプラネタリウムを担当する吉住千亜紀さんをゲストに迎え、今年5月に尾久土教授とゆかいな仲間たちがナミビア共和国へ行ってきたお話を伺います。
吉住さんは、昨年度まで和歌山大学観光学部に在籍、まちかどサテライトが開催していた「宇宙カフェ」のコーディネーターとしてもご尽力いただいておりました。そんな吉住さんが約半年ぶりにカフェに帰ってきます!ナミビアってどこ?からはじまり、見たことのない風景、見たことのない動物、そして満天の星空など、吉住さんたちが旅したナミビアをデジタルドームシアターで体験してください。

■詳細   

日 時:2016年11月28日(月) 18:30~20:00
場 所:和歌山大学観光学部デジタルドーム (和歌山市栄谷930)
対 象:中学生~一般
参加費:200円
定 員:15名 (先着順)
申込み:メールまたはFAX
   FAX:073-427-7616
   メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20161128_wadainocafe-ss.jpg
PDFはこちらから→【web用】20161128_wadainocafe.pdf

世間は仕事納めと言われていた12月26日(金)に、2014年最後となる宇宙カフェを開催しました。

DSCN6008.JPG

今回、会場として使ったのは和歌山大学観光学部研究室棟の中の一室。
すぐ隣にはドームシアターのある場所です。

ナビゲーターは宇宙カフェのコーディネートを一緒に行ってくださっている吉住千亜紀先生。

DSCN5909.JPG

なんと9月末に南米チリに行きアルマ望遠鏡を見てきたとのことで、結構過酷な旅程やアルマ望遠鏡、南米の様子などをお話くださいました。

アルマ望遠鏡(=アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計)は、南米チリ共和国のアタカマ砂漠の標高5000メートル(!)の高地に国際協力で建設された望遠鏡。

この望遠鏡については助っ人の佐藤奈穂子さんが詳しくお話してくださいました!
ありがとうございます、佐藤さん!

DSCN5925.JPG

その後、ちょっと休憩をはさんで、今日のメイン。
吉住先生の旅行記!

今回、なぜ吉住先生がアルマ望遠鏡を見に行ってきたかというと、最新の天文学の普及をめざすワークショップがあったから、そして吉住先生が日本で予算がつく以前からこの望遠鏡を応援していたからです。

たくさんの写真を見ながらお話くださるのですが、とにかく過酷…!
なにせ標高5000メートルですからね!
超健康体でないとまず登れません。
そして無事に登れてもそんな普段のように活動することができないという……

それでも実際にずっと応援していたアルマ望遠鏡を見てきたとお話くださる吉住先生はとても楽しそうでした!
最後にはドームシアターでもいくつか写真を見せていただきました。

DSCN5980.JPG

360度の映像はまるでその場に行ったような気分…(とても行ける気はしませんが!)

楽しいお話とドームシアター見学と、参加者の方も大満足の宇宙カフェでした。
吉住先生、ありがとうございました!

さて、次回は年明け1月13日(火)です。
いつも宇宙カフェでお話いただいている先生方のボス……秋山演亮宇宙教育研究所所長の登場です!
お楽しみに☆
詳しくはコチラから → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/12/0113-cosmic.php

気がつけば今年ももうすぐ終わり。
年末で忙しい時期ですが、今年最後の宇宙カフェを、和歌山大学観光学部棟&デジタルドームシアターからお届けしたいと思います。
冬休みに入っていることだと思いますので、学生さんもどうぞお気軽に!

 

■12月の宇宙カフェは南米チリの「アルマ望遠鏡」のお話

アルマ望遠鏡(正式には、アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計:Atacama Large Millimeter/submillimeter Array=「ALMA」)は、南米チリ共和国北部のアタカマ砂漠の標高5000メートルの高地に、国際協力で建設された望遠鏡。パラボラアンテナ66台を組み合わせる干渉計方式の巨大電波望遠鏡だそうです。
アルマ望遠鏡の情報はこちら → アルマ望遠鏡国立天文台

 

■南米まで吉住先生が行かれました!…その道程は?現地の様子は?

宇宙カフェではお馴染み、観光学部特任助教の吉住千亜紀先生は、まだ日本では予算がつく以前の2002年頃からこの計画を応援されていて、今回ついに完成したアルマ望遠鏡を見に行かれたそうです。
チリまでの道のり(上記のサイト情報では、日本から現地まで飛行機の乗り継ぎ含め、1日半以上かかるとか…!)や5000メートルの過酷な環境、そこで見た夜空などの思い出を紹介いただきます。

 

テーマ:南米チリのアルマ望遠鏡を見てきました!
ナビゲーター:吉住千亜紀(観光学部特任助教/宇宙教育研究所)
日時:平成26年12月26日(金) 18:30〜20:00ごろ
場所:和歌山大学観光学部棟(和歌山市栄谷930) ※詳細はページの最後をご覧ください
対象:中学生〜一般
参加費:200円(ドリンク付き)
定員:20名程度(先着順・要申込み。当日残席があれば参加申し込み可)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

電波天文学専門の佐藤奈穂子さんも助っ人で登場予定!アンテナのことなど詳しいことが聞けるかも♪

 

20141226宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちらから → 20141226宇宙カフェ.pdf

■当日の会場と駐車場について(クリックすると大きな画像を見ることができます)
キャンパスマップ.jpg

1