地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:農業

IMG_000320170215.jpg

2017年2月15日和歌山市板屋町にあるカフェ「Tomato」にて「ワダイノカフェ 2016 vol.10」が開催されました。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「農産物の価格変動から見る日本の食料流通システム」

ゲストスピーカーに和歌山大学COC+推進室の大坪史人先生を迎え、日本の食料流通事情についてお話を伺いました。

話の聞き手となるホストは、同じくCOC+推進室の冨永哲雄先生です。
IMG_000520170215.jpg
野菜の価格がスーパーは3倍になるのに直売所ではほとんど変わらないということが珍しくありません。
農産物が生産者から消費者の手にわたるまでにはさまざまな方法があります。市場や仲卸業者を通したやり方や直接スーパーなどへ販売する方法、そして直売所などで販売する方法などです。直売所での販売は、スーパーなどでの販売と違い、形や大きさなどが一定でなくても販売出来ますし、値段も自由につける事が出来ます。
ただし、その値段設定などには責任が付きまとう事を心掛けておかなければなりません。当然、形も不格好で小さい物に高い値段をつけても売れるはずもありませんし、値段を安くつけすぎれば全部売れるかも知れませんが利益が殆どなくなります。そういったそれぞれのメリット・デメリットがある中でどういった流通を使って販売していくのかを学びました。

後半では、和歌山市の農産物で特産品である生姜や布引大根の紹介がありました。
IMG_001420170215.jpgIMG_001520170215.jpg
そして、6次産業化体験で、大坪先生お手製のジンジャーシロップを炭酸水で割ってジンジャーエールにして飲んだり、梅のシロップを加えて梅ジンジャーを飲んだりしました。炭酸水などで割る割合を変えたりしてそれぞれのベストな割り方を見つけられていました。
また、実際に市販されているジンジャーエールや「Tomato」さんのジンジャーエールとも飲み比べをして違いなどを語り合いました。また、今回の参加者の中にいちご農家の方が居られ、育てられているイチゴを3種類持ってきていただき皆でおいしくいただきました。他にもいちじくやブルーベリーのジャム、布引大根や人参に金山寺みそをつけて食べたりと地元食材を堪能しました。
大坪先生の話を伺いながら参加者の方からもさまざまな意見が出て活発な議論が展開されました。

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

20170111_wadainocafe01.JPG

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。

 

 

 

2月のテーマは「食料流通のシステム」

2016 年度第1 0回は、和歌山大学COC+ 推進室の大坪史人先生に、日本の食料流通事情についてお話を伺います。

昨今、農産物価格の高騰で悩まされる方も多いのではないでしょうか。しかし、スーパーは野菜の価格が3 倍になるのに、直売所ではほとんど変わらないということも珍しくありません。

そこで農産物の流通システムを紐解きながら、価格変動が起こるメカニズムと価格決定機能について一緒に考えてみましょう。後半では和歌山市の農産物の紹介とともに、参加者のみなさんと一緒に6 次産業化体験を行いたいと思います。美味しいものを作って、ポポロハスマーケットに出品をめざしませんか。

詳細

日 時:2017年2月15日(水) 18:30〜20:00
場 所:Tomato(和歌山市板屋町3 建物2F)
対 象:中学生〜一般
参加費:500円
定 員:15名程度(先着順)
申込み:メールまたはFAX
    FAX:073-427-7616
    メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20170215_wadainocafe.jpg

PDFはこちらから → 【web用】20170215_wadainocafe.pdf

IMG_0000920160715.JPG

2016年7月14日、ぶらくり丁にあるカフェ「almo」さんの2階ギャラリーで、「ワダイノカフェ 2016 vol.2」を開きました。
ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「なぜ、今、食と農の時代なのか」

今回のゲストスピーカーは、今年4月に誕生した和歌山大学地域活性化総合センター・食農総合研究所の岸上光克先生。
話の聞き手となるホストは、同大学地域連携・生涯学習センターの西川一弘先生です。
IMG_001320160714.jpg

この日は、ドリンクの他、「almo」さんで販売されている地元の野菜を使ったジェラートを食べながら、岸上先生のお話を聞きます。
岸上先生からは、「新鮮な野菜を購入できる直売所なども増え、『食と農』の関心や関係性はどのように変化してきているのか。」「食と農を支える『農山村』にはどのような影響を与えているのか」など、和歌山での事例も交えながらお話いただきました。
また、特別ゲストとして「almo」のオーナーの吉川さんにも加わっていただき、和歌山での農業事情などをお話いただきました。
参加者の皆さんからも、「普段では関わりの少ない分野の話が聞ける貴重な機会だった」など、「食と農」や「農山村」について関心をもつ声をいただきました。

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべり出来る「ワダイノカフェ」のご案内★

 

■ワダイノカフェとは?

ワダイノカフェとは、様々な領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや大学キャンパス内で行っています。

Cafe-6.16IMG_0010.jpg


■2016年第2回のテーマは、食や農、農山村問題について

2016年度第2回は、4月に誕生した和歌山大学地域活性化総合センター・食農総合研究所の岸上光克先生に、「食と農」や農山村問題について伺います。

「地産地消」という言葉をよく聞くように、近年「食と農」を巡る関心は高まっていると言われています。各地では新鮮な野菜を購入できる直売所なども増えてきました。「食と農」の関心や関係性はどのように変化してきているのでしょうか。また、食と農を支える「農山村」にはどのような影響を与えているのでしょうか。
食と農、農山村問題を巡る課題とこれからを話したいと思います。

当日は、野菜を使った飲み物やジェラート等もあります。

どうぞご期待下さい。

 

■詳細

日時:2016年7月14日(木) 18:30~20:00頃
場所:almo 2階ギャラリー (和歌山市匠町32)
対象:中学生~ 一般
参加費:700円 (ワンドリンク+ジェラート付き)
定員:15名(先着順)
申込:メールまたはFAX
  FAX:073-427-7616
  メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20160714_wadainocafe01.jpg

1