地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:デザイン

1月21日、今年度最後となる第5回「ワダイノカフェ-情報デザイン-」が開催されました。
今年度最終回のテーマはずばり「プロポーズ大作戦!」

ナビゲータは和歌山大学システム工学部デザイン情報学科の床井浩平先生です。

IMG_0015.JPG

会場はぶらくり町内にある「匠町ギャラリー」をお借りしました。

今年度最後ということで、これまでの総括となる今回。
「デザインとは人の心を動かすためのテクニックである」
そして、コミュニケーションもデザインなのです。

何かを人に伝えるとき、頭の中のイメージをそのまま声に出していませんか?
頭の中のイメージは自分だけがわかるぼんやりしたもの。
それを相手に伝えるために記号に変換します。日本語が通じる相手なら日本語に変換するのです。
しかし、相手は自分が持っている情報でしか記号をイメージに変換しなおすことが出来ません。
そこで起こる変換ミスが「伝わらない」の原因なのです。

それを避けるためには相手のことを知り、同じ所に立つ事が必要です。
ひとりよがりのプロポーズは相手に伝わりませんよね。

IMG_0005.JPG

では、具体的にどうしたら相手に伝わるコミュニケーションが出来るのでしょうか?

今回はコミュニケーションデザインの例としてプレゼンテーションが取り上げられました。
プレゼンテーションにおいて最初にすべきことは計画を立てる、つまりゴールをはっきりさせることです。
プロポーズのゴールは、相手に自分の想いを伝え、その気になってもらうこと。
ゴールを明確にしてそこから逆算することで良いデザインが生まれます。
一般的なプレゼンの場合、発表が無事終わった時が成功とみなせるような気がしますが、よくよく考えてみるとそうではない気がします。
では、どのようなときに成功とみなせるのかというと、相手が自分の伝えたかったことをしっかり理解してくれてそれを何かに役に立ててもらえた時がプレゼンの成功と言えるのではないでしょうか。
しかし、このゴールを決めることが一番難しいのだとか…

IMG_0017.JPG

 

床井先生は最後に「コミュニケーションは相手の心に贈り物を置くこと」と言って締めくくられました。
人に何かを伝えることは難しいです。
しかし、相手の心に贈り物を置くつもりで相手にわかりやすいように、伝わりやすいようにプレゼンできたらいいですよね。
また、その贈り物がその人の役に立つように試行錯誤していければとも思います。

相手を思いやったプロポーズ、大成功したら素敵ですよね。

学生アシスタント 森田真季・吉松夏唯(システム工学部デザイン情報学科)

8月のワダイノカフェ-情報デザイン-のお知らせです。
第3回目のテーマは「体験のデザイン」です。

ぜひお気軽にご参加ください☆

■概要■

「体験」とは実際に行う体験だけでなく、製品やサービスを受ける前や後に感じることも含まれます。
ユーザーに対する企業の役割は、製品だけでなくサービスそして総合的なユーザ体験の提供に変化して
います。こういった体験をデザインするためにユーザエクスペリエンス(UX)という概念が重要に
なってきています。UX の考え方について紹介し、体験をデザインするとはどういうことか、
身近な事例を基に一緒に考えていきたいと思います。

テーマ:体験のデザイン
ナビゲーター:松延 拓生(和歌山大学システム工学部デザイン情報学科 助教)
日時:平成26年8月6日(水) 18:30~20:00ごろ
場所:わかやま旅案内所(ダイワロイネットホテル和歌山2階)
対象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンクオーダー)
定員:20名程度(先着順)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20140806情報デザインcafe.jpg

6月のワダイノカフェ-情報デザイン-のお知らせです。
第2回目のテーマは「ゲーミフィケーション」です。
「『ゲーミフィケーション』ってなに?」という方も、きっと、聞いてみれば「あぁ〜、アレのこと?!」と思われると思います。

ぜひお気軽にご参加くださいね!

■概要■
ゲーミフィケーションとは、遊びや競争といった、人を楽しませたり熱中させたりする「ゲーム」の要素や考え方を、いろいろな活動に取り入れることで、その活動を継続させたり活性化させたりする方法のことです。
身近な例ではお店のお買い物の際に、ポイントを集めたりシールを集めたりなどがありますね。最近、最新技術を用いた多くの成功事例が積み重なってきています。
コンピューターの中だけで無く、社会生活にも大きな影響を及ぼすゲーミフィケーションの考え方や事例について紹介し、様々な応用方法について一緒に考えていきたいと思います。

テーマ:ゲーミフィケーション
ナビゲーター:吉野 孝(和歌山大学システム工学部デザイン情報学科 教授)
日時:平成26年6月11日(水) 18:30~20:00ごろ
場所:Mr.CAFE(和歌山市九番丁4-1 ラウムズ101)
対象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンクオーダー)
定員:20名程度(先着順)
申込み:メールまたはFAX
            「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
           FAX:073-427-7616
           E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20140611情報デザインcafe.jpg

4月より新しいカフェ「ワダイノカフェー情報デザインー」がスタートします。

情報デザインとは「伝わる・伝える力」
身の回りに溢れる情報を人から人へいかにわかりやすく伝え、共有するかということ。
ですので、チラシや本のデザイン、空間のデザインだけでなく、人と人とのコミュニケーションにも繋がるお話だと考えます。
このカフェは、和歌山大学の情報デザインを研究している先生に話題提供いただきながら、気軽にお話できる場です。
デザインに興味のある方もそうでない方も、お気軽に覗いていただければと思います。
概要は下記のとおり。

 

■概要■

ワダイノカフェー情報デザインー
第1回テーマ:街並みのデザイン

和歌山市を中心に街並み景観を建築、色彩、広告、サインの空間デザインから分析し、街並みの構成や在り方を考えます。街づくりは専門家や行政だけの仕事ではありません。誰もがわかりやすく街並みを体験できる3次元CGシュミレーションやアニメーション事例について紹介し、市民参加に寄る街づくりをサポートする情報技術の活用についても考えていきます。

話題提供:川角典弘(システム工学部デザイン情報学科講師)

日 時:2014年4月24日(木) 18時30分〜20時ごろ

場 所:コンセント-Coworking Space-

対 象:中学生〜一般

参加費:100円(お茶代)

定 員:20名程度(先着順)

申込み:まちかどサテライト(地域連携・生涯学習センター内)
    TEL;073-435-5472 / FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

情報デザインcafe.jpg

1