地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:久保田善文

IMG_000620170722.jpg

2017年7月22日、「ワダイノカフェ 2017 vol.3」を開催しました。会場は、和歌山電鐵貴志川線の電車を1両貸し切って行いました。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。
 

テーマは「ローカル線を楽しむ~貴志川線編~」

今回のワダイノカフェは、和歌山大学クロスカル教育機構生涯学習部門の西川一弘先生、和歌山の交通まちづくりを進める会事務局長の志場久起さん、そしてMCにIT企業・株式会社BEE代表取締役の久保田善文さんを迎えて開催しました。今回のテーマは、ローカル線の楽しみ方・貴志川線編ということで、貴志川線の魅力についてお話を伺いました。

そして今回はなんと、和歌山電鐵さんご協力の元、うめぼし電車にてカフェを行いました。
和歌山駅から伊太祈曽駅まで運行する列車を1両貸し切って乗車し、伊太祈曽駅では洗車体験や登録有形文化財の車庫の中で車庫解説や電車の整備についてのお話など普段では味わえないようなことを体験させてもらいました。
参加された方も普段は味わえない体験にとても楽しんでいる様子でした。

和歌山駅から伊太祈曽駅までの間は、電車に揺られながら先生方のお話を聞いていきます。伊太祈曽駅までは大体20分程。その間に、本日の見どころを車窓から景色を眺めたりしながら聞いていきます。先生からいくつか見どころを紹介してくれました。電車のことから、見える風景、貴志川線の駅にまつわる話などがありました。
知らない情報などもあり、みんな感心された様子で聞かれていました。
IMG_001420170722.jpgIMG_001820170722.jpg
伊太祈曽駅では、普段見れないスイッチバックを体験させていただきました。スイッチバックを体験した後は、そのまま洗車体験もしました。車体をすごい水圧で洗われていく様子はとても迫力がありました。
停車したあとは、登録有形文化財にもなっている車庫の中を見学しました。ちょうど点検のために車庫に入っていた車両があったので、それを見ながら和歌山電鐵の方の話を聞きました。
IMG_004120170722.jpgIMG_005420170722.jpg

洗車体験や車庫見学をした後は、うめぼし電車にもどって車内でカフェを再開しました。今回は、ドリンクの他にお菓子「たまのしっぽ」も用意しました。
みんなでお菓子を楽しみながら、「私の知ってる貴志川沿線の豆知識」ということで、参加者の方の豆知識も披露してもらいました。
地元に住まれている方からは、地元に住まれているからこその独自の豆知識もあり、とても勉強になりました。
IMG_006720170722.jpgIMG_009020170722.jpg

普段は体験できないことや新たに知った事などがたくさんあった今回のワダイノカフェに、みなさんとても満足された様子でした。

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_5294.JPG

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。

 

 

 

 

7月のテーマは「ローカル線を楽しむ〜貴志川線編〜」

IMG_0031 のコピー.JPG

2017年度第3回は、和歌山大学クロスカル教育機構生涯学習部門の西川一弘准教授と、わかやまNPOセンター副理事長・和歌山の交通まちづくりを進める会事務局長の志場久起さん、IT企業・株式会社BEE代表取締役で今回のカフェのMCを務める久保田善文さんをゲストに迎え、貴志川線の魅力について伺います。

「たま駅長」で日本のみならず、世界で有名になった和歌山電鐵貴志川線。みなさんも一度は乗られたことがあるのではないでしょうか。貴志川線は地域鉄道活性化モデルの一つと言われるようになっています。
貴志川線にはネコの駅長だけではない、さまざまな魅力、歴史、ドラマがあります。今回は貴志川線の魅力を、みなさんがよく知る魅力とは違う観点から見つめ直して行きたいと思います。

 

詳細

日時:平成29年7月22日(土) 17時30分〜20時ごろ
集合場所:JR和歌山駅東口
対象:中学生〜一般
参加費:1,000円(往復交通費、ドリンク代等含む)
定員:20人(先着順・要事前申し込み)
申込み:申し込みフォーム、メール、FAXで。
    最終締切:7月14日(金) 17時
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

<当日スケジュール>
17時30分 JR和歌山駅東口集合
18時05分 JR和歌山駅発
18時26分 伊太祈曽駅着
      洗車体験や車庫解説などを予定
19時45分 終了
19時52分 伊太祈曽駅発
20時11分 JR和歌山駅着 予定

※いずれも予定であり、多少の前後がありますこと、あらかじめご了承ください。
※電車の時刻がありますので、集合は時間厳守でお願いいたします。
※終了時間は20時前後、伊太祈曽駅解散です。

20170722_wadainocafe.jpg

印刷用PDFはこちら → 【web用】20170722_wadainocafe.pdf

IMG_000620170322.jpg

2017年3月22日、和歌山市万町にある「本屋プラグ」で「ワダイノカフェ 2016 vol.11」を開催しました。今回が2016年度最後のワダイノカフェです。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「知っていますか?和歌山なバスの話」

今回のゲストスピーカーは、わかやまNPOセンター副理事長で和歌山の交通まちづくりを進める会事務局長の志場久起さんと和歌山大学地域連携・生涯学習センター講師の西川一弘先生、MCには株式会社BEE代表取締役の久保田善文さんを迎えて、和歌山のバス事情について参加者の方と一緒に話していきます。
IMG_000220170322.jpgIMG_000820170322.jpg

はじめに、和歌山のバスの話として、「和歌山市駅から一日で路線バスでどこまでいけるか」という質問がありました。
参加者からは、高野山や橋本などの答えがありましたが、正解は、東は橋本の端まで、北は粉河を経由して熊取まで、そして、南は新宮まで行けるそうです。ただし、海沿いに行く事は出来なくて内陸の方を通らなければいけないそうです。
他にも、今は改善されているそうですが、行ったら帰ってこれなくなるバス停として、白浜町「大」バス停の紹介がありました。

そのほか和歌山のバストピックスとして、市駅前のバス専用右折信号やけやき大通りのバス優先道路、和歌山バスには、ドライブレコーダーやバックモニターが全車に搭載されている事などを教えていただきました。

後半では、参加者の方へ「最近バスに乗っていますか?」という質問。通勤通学で毎日乗っている方もいれば、1年に数回程しか乗らないという方、さらにはもう何年と乗っていないという方もいました。
そんな参加者の方々と自宅から目的地までのマイバスマップを作っていきました。毎日バスを使う方は比較的早くマップを完成させていましたが、あまり乗らないという方は少し時間が掛かっていました。
IMG_002020170322.jpg

このマイバスマップを作るのに使用したのが志場さんが作成されたWap(ワップ)、地図ベースにバスの路線図を落とし込んだものです。そうする事で、自分の場所を把握しやすくなるそうです。このWapは、新版も作成されていて、新版はシニア版や英語版など5種類ほどのものがあります。
最後に、日本のさまざまなバスの紹介がありました。まずは連接バスの紹介から。連接バスはそのまま2台のバスが連結していて、全長が約18mにもなるそうです。この連接バスの特徴として日本の普通のバスにはある非常口がなく、ハンマーが設置されていて、非常時にはそれを使用するようです。日本では岐阜や兵庫などで導入されています。他にも、道路の真ん中にバスレーンを設置している基幹バスや最近沖縄で実験された自動運転バスの紹介がありました。

今回のカフェで、参加者からは「これからのバスはじめ、公共交通のこと、地域のこと、暮らしのことについて考えるきっかけになりました」「始めて知ることがたくさんでおもしろかったです」などの意見をいただきました。


以上で、2016年度のワダイノカフェは終了です。来年度も引き続きワダイノカフェを開催していきますので、よろしくお願いいたします。

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

20170111_wadainocafe01.JPG

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。

 

 

 

3月のテーマは「和歌山のバス事情」

2016 年度第11回は、わかやまNPOセンター副理事長で和歌山の交通まちづくりを進める会事務局長の志場久起さんと、和歌山のIT企業・株式会社BEE代表取締役で今回のカフェのMCを務める(?!)久保田善文さんをゲストに和歌山のバス事情についてみなさんとお話したいと思います。。

ところでみなさん、最近いつバスに乗りましたか?自宅近くにバス停はありますか?クルマが使えないとき、バスで目的地まで行くことができますか?最近は路線バスでの旅番組が増えるなど、改めてバスが注目されています。

和歌山は「クルマがないと移動できない」と思い込まれがちですが、いろいろなところにバスがあります。今回は和歌山や全国のバスの実情を見て、少しでもバスに親しみを持っていただく機会にしたいと思います。

詳細

日 時:2017年3月22日(水) 18:30〜20:00
場 所:本屋プラグ(和歌山市万町4 ニューリチャードビル1階)
対 象:中学生〜一般
参加費:500円
定 員:20名程度(先着順)
申込み:申し込みフォーム、メール、FAXで
    FAX:073-427-7616
    メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20170322_wadainocafe.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから → 【印刷用】2170322_wadainocafe.pdf

1