地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:公開講座 歴史かふぇ

平成27年度より毎月1回程度、ワダイノカフェを開催していきます☆

新年度第1回目のワダイノカフェは4月22日(水)に開催!!

今回のテーマは「和歌祭の歴史と御船歌-御船歌を体験してみよう-」
 

■概要■

和歌祭は元和8 年(1622)に始まった紀州東照宮の祭礼。
城下を挙げて盛大に開催していたこの祭礼で、もっとも華やかなのが「練り物」と呼ばれる
芸能の数々でした。「唐船」と呼ばれる山車では「舟水主歌」が、海上の関船では
「御船歌」が歌われ、練り物に花を添えていました。しかし、いずれも長い歴史の中で
途絶えてしまいます。こうした芸能の断絶は、祭礼だけでなく、現代の私たちの生業や
生活などにも大きな変化を与える要因となっています。

今回のかふぇでは、平成22 年に復興された御船歌の歴史を通してこれらの問題を考えるとともに、
実際に御船歌を体験し、芸能の「継承」を考える機会になればと思います。

 

当日ご協力いただける唐舩御船歌連中さんのFacebookです☆
ぜひご覧ください!
https://www.facebook.com/HeGeJiTangChuanYuChuanGeLianZhong

 

テーマ:和歌祭の歴史と御船歌-御船歌を体験してみよう-
ナビゲーター:吉村旭輝(和歌山大学紀州経済史文化史研究所特任准教授)
日 時:平成27年4月22日(水) 19:00〜20:30ごろ
場 所:和歌浦支所2階会議室(和歌山市和歌浦2-1-19)
対 象:中学生〜一般
参加費:200円(ワンドリンクオーダー)
定 員:20名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申込み可能)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20150422_歴史かふぇ.jpg

3月の歴史かふぇのご案内です。
ぜひお気軽にご参加ください。

■概要■

第14回歴史かふぇのテーマは「語られざる、知られざる紀州の和菓子の話」です。
和歌山には特色のある和菓子がないといいます。歴史のある和菓子、
いい和菓子がないといいます。それは本当でしょうか。
いいえ、それは違います。私たちが和歌山の和菓子を知らないだけなのです。

今回は、和菓子の話2題で紀州和歌山を語ってみます。ひとつは
「羊羹王国わかやまと語られざるエピソード」。もうひとつは
「節句菓子誕生の謎を解くか、わかやまの菱餅と柏餅」。
案内人が食べてきた関連の和菓子を写真で紹介しながら、話は展開します。
そのとき、和菓子の向こうに浮かび上がってくる、個性的で、豊かな、
魅力的なもうひとつの紀州和歌山にきっと出会うはずです。

 

テーマ:語られざる、知られざる紀州の和菓子の話
ナビゲーター:鈴木 裕範(和歌山大学客員教授/紀州の和菓子と文化を考える会代表)
日時:平成27年3月10日(火)13:30~15:00頃
場所:和歌山市民会館4F和室(和歌山市伝法橋南ノ町7番地)
対象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定員:20名(先着順)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
             FAX:073-427-7616
             E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20150310歴史かふぇ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ 和菓子 紀州

2015年02月12日 09:41

2月の歴史かふぇのご案内です。
ぜひお気軽にご参加ください☆

■概要■

第13回歴史かふぇのテーマは「江戸時代の旅人がみた和歌山」です。
江戸時代の和歌山市域には全国各地から多くの旅人が訪れていました。
彼らは和歌山に訪れることだけを目的に旅していたわけではありませんが、
わざわざ遠回りしてでも和歌山へ訪れました。
それほど江戸時代の人々にとって和歌山は魅力的な場所だったのです。

今回のかふぇでは、江戸時代の旅人がどのように和歌山を旅したのかを紹介し、
あわせて和歌山の人々の対応や旅人を呼び込む取り組みについて紹介したい
と思います。現在の和歌山の観光について考えるきっかけになればと考えています。


テーマ:江戸時代の旅人がみた和歌山
ナビゲーター:佐藤 顕(和歌山市立博物館学芸員)
       永瀬 節治(和歌山大学観光学部講師)   
日時:平成27年2月26日(木) 13:30~15:00ごろ
場所:Onomachi α(和歌山市元博労町55 2F)
対象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンクオーダー)
定員:20名程度(先着順)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20150226歴史カフェ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ 和歌山 歴史 江戸時代 観光

2015年01月28日 09:43

今年度初めての歴史かふぇのご案内です。
ぜひお気軽にご参加ください☆

■概要■

第12 回歴史かふぇのテーマは「身近なところに歴史を『発見』する」です。
みなさん、身近な風景を思い浮かべて下さい。
家は壁で囲まれていませんか?道は東西・南北に走っていませんか?
あの学校ができる前は何があったのでしょう?
何気なく過ごしている身の回りにも,隠れた歴史が必ずあります。
今回の「歴史かふぇ」では,鹿児島で生まれ育った案内人が
身近な歴史を「発見」していく過程をみなさんに追体験していただこうと思います。
そこには,鹿児島と和歌山の隠れたつながりがみつかるかも?

 

テーマ:身近なところに歴史を「発見」する
ナビゲーター:山神 達也(和歌山大学教育学部社会科教育准教授)
日時:平成26年12月5日(金) 13:30~15:00ごろ
場所:サンネンザカ モカ(和歌山市片岡町1-1-23)
対象:中学生~一般
参加費:300円(ワンドリンクオーダー)
定員:20名程度(先着順)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20141205歴史かふぇ.jpg

 

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ 和歌山 歴史 発見 鹿児島

2014年11月12日 13:34

3月の歴史かふぇのご案内です。

 

今回の歴史かふぇは、和歌山大学教育学部教授 島津俊之先生を案内人に、「明治・大正期における紀州の名所案内書と絵葉書」をお届けします!

 

明治・大正期の紀州地域では、鉄道の開通は他地域に比べて遅れましたが、代わりに紀州航路という海上交通ネットワークが発展し、それに伴って近代ツーリズムの新しい波が紀州地域に徐々に押し寄せてゆきました。

名所案内書(ガイドブック)が出回り、そして、折からのブームに乗って多種多様な絵葉書(ポストカード)が紀州の各地で販売されてゆきました。

こうした、近代ツーリズムにとっての必須アイテムであったともいえる名所案内書や絵葉書を通して、明治・大正期の紀州の旅のあり方を追体験してみたいと思っています。

 

テーマ:明治・大正期における紀州の名所案内書と絵葉書

ナビゲーター:島津俊之(和歌山大学教育学部教授)

日 時:平成26年3月26日(水) 13:30~15:00頃

場 所:レストラン デューン(和歌山市三木町堀詰30)

対 象:一般

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

     FAX:073-427-7616

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20140326歴史かふぇ.jpg

 

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2014年02月20日 14:39

2月の歴史かふぇのご案内です。

 

今回の歴史かふぇは、和歌山大学経済学部准教授 藤田和史先生をを案内人に、「地域資源の利用と風土産業  ~シューロから家庭用品へ~」をお届けします!

人類は身の回りにある様々なものを資源として利用し、生活を営んできました。

紀北の山間部に自生するシューロもそのようなものの一つです。

和歌山の人々はシューロを身近な材料として様々なものを生産してきましたが、その最もたるものが海南のたわしやほうきでした。戦後、たわしの生産をきっかけとして、海南は広く家庭用品の産地として発展してきました。

今回は、シューロと家庭用品をつなぐ流を、過去から現在に向かって考えてみたいと思います。

 

テーマ:地域資源の利用と風土産業 ~シューロから家庭用品へ ~

ナビゲーター:藤田和史(和歌山大学経済学部准教授)

日 時:平成26年2月19日(水) 13:30~15:00頃

場 所:本町ラグタイム(和歌山市本町1丁目18)

対 象:一般

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

     FAX:073-427-7616

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20140219歴史かふぇ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2014年01月23日 13:22

1月の歴史かふぇのご案内です。

 

今回の歴史かふぇは、和歌山大学名誉教授  高嶋雅明先生を案内人に、『「紀州ネル」と和歌山の近代産業 』 をお届けします!

明治はじめに誕生した「紀州ネル」は、明治後半から昭和前半にかけて和歌山の最大の輸出品となりました。

綿ネル生産の拡大は、紡績業・織物業・捺染業・染料科学工業・製材製箱を発展させ、和歌山を一大工業都市に導きました。

また、市内新通りには、大小の綿ネル商が数多く軒を連ねるにいたりました。

今回は、「紀州ネル」を切り口に昭和戦前期に至る和歌山の近代産業の発展ぶりを考えてみたいと思います。

 

テーマ:「紀州ネル」と和歌山の近代産業

ナビゲーター:高嶋雅明(和歌山大学名誉教授)

日 時:平成26年1月22日(水) 14:00~15:30頃

場 所:和歌山市役所14階 食堂( 和歌山市七番丁23番地 )

対 象:一般

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

     FAX:073-427-7616

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20140122歴史かふぇ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2013年12月25日 16:06

10月の歴史かふぇのご案内です。

 

今回の歴史かふぇは、和歌山大学経済学部教授  鈴木裕範先生を案内人に、

「いま、すし王国紀州を語る ー その文化と背景 ~『奥熊野北山村の民俗誌』から読み解く~」をお届けします!

さんまずし、さばずし - すし王国紀州はなぜ、なれずしが多いのか。奥熊野の祝い膳を飾るアユずしと紀ノ川流域のアユずしの違いは?そして、村の“とり料理”に託された作法とは?

北山村が今春刊行した『奥熊野北山村の民俗誌 100の話で語る村の今昔』から、食の風景を読み解くと、時間の中に埋もれたふるさとの文化風景が姿を現します。

食文化を語ることは、いまわたしを語り、地域を語る必須テーマになりました。 

なぜか、地域を見つめ、まちづくりを考えるもう一つのヒントがそこにあります。

 

テーマ:いま、すし王国紀州を語る ー その文化と背景 ~『奥熊野北山村の民族誌』から読み解く ~

ナビゲーター:鈴木裕範(和歌山大学経済学部教授)

日 時:平成25年10月11日(金) 13:30~15:00頃

場 所:カジュアルレストラン&コミュニティサロンINTERLAKEN(和歌山市本町1丁目34)

対 象:一般

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

     FAX:073-427-7616

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20131011歴史かふぇ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2013年09月11日 15:32

今年度初めての歴史かふぇのご案内です。
 
 
全国有数の移民輩出県といわれる和歌山県ですが、移民の歴史を知る人は少なくなっています。
移民の始まりは明治元年とされています。
百年以上も前に仕事を求めて海を渡った人々の概要を織り交ぜながら、和歌山県からハワイ、北米、カナダ、オーストラリア、ブラジルへと移民の足跡を辿ります。
 
 
 
テーマ:和歌山県における移民の歴史
 
ナビゲーター:東 悦子(和歌山大学観光学部教授)
 
日 時:平成25年7月8日(月) 13:30~15:00
 
場 所:cafe ぼへみあん(和歌山市本町1丁目15)
 
対 象:中学生~一般
 
参加費:ワンドリンク制
 
定 員:先着20名程度(要申込み、当日参加申込み可)
申込み:メールまたはFAX
 
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。
 
     FAX:073-427-7616
 
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp
 
20130708歴史かふぇ.jpg

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2013年06月13日 15:29

今年度最後の歴史かふぇのご案内です。

今年度の大テーマ「〜和歌山から始まる世界初めて物語り〜」の締めくくりは、和歌山大学名誉教授の永野基綱先生が案内人をつとめます。

 

百年前の1913年。海外では第一次世界大戦目前のバルカン戦争、日本では首都が揺れた大正政変の記事など、内外の激動を伝える新聞に、和歌山を舞台にした漱石の小説が発表される。辛亥革命の後、破れた孫文が、国内初の食堂車まであった電車で和歌山まで来ようとするが、熊楠は田辺から和歌山に行く術がない。修学旅行で「南海の工業地」和歌山に来た少年から、18世紀以来の世界史までが見える。
…歴史は入り組んだ織物である。百年前の和歌山と言う結び目から歴史という織物を眺めてみると…

 

テーマ:歴史織物ー百年前の和歌山・世界ー

ナビゲーター:永野基綱(和歌山大学名誉教授)

日 時:平成25年3月13日(水) 13:30〜15:00

場 所:カジュアルレストラン&コミュニティーサロンINTERLAKEN(インターラーケン)

対 象:中学生〜一般

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:20名程度(先着順)

申込み:メールまたはFAX

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

    (当日参加申込み可)

    FAX:073-427-7616

    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20130313rekishicafe.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2013年02月13日 16:58

新年最初の歴史かふぇのご案内です。

第5回目を迎えます歴史かふぇは、今年度和歌山大学に着任されたばかりの大橋直義先生を案内人に、「藤原氏と龍女ー能「海士」の源流ー」をお届けします!

藤原氏はなぜ栄華を極めるにいたったか。中世の興福寺・春日社は、その理由を龍女が海中からもたらした如意宝珠にあるとして、様々な物語を作り出しました。複雑にからみあった物語の体系を読み解くことで、中世という時代が過去を見つめた眼差しの行く手を照らしたいと思います。

 

テーマ:藤原氏と龍女ー能「海士」の源流ー

ナビゲーター:大橋直義(和歌山大学教育学部准教授)

日 時:平成25年1月18日(金) 18:30~20:00頃

場 所:レモネードカフェ(和歌山市元寺町1-54) 地図

対 象:中学生~一般

参加費:500円(ワンドリンク付き)

定 員:20名(先着順)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

    (当日参加申込み可)

     FAX:073-488-2889

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20130118歴史かふぇ.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2013年01月08日 09:36

 

10月の歴史かふぇのご案内です。

第4回目の歴史かふぇは、元和歌山県文化遺産課主幹で元和歌山大学客員教授の武内雅人さんを案内人に、「日本最初の村民手造の煉瓦トンネルー紀の川市指定文化財「旧池田隧道」−」をお届けします!

 

遺物(もの)が語る現代史。姫路に村民総出で造った煉瓦隧道がありますが、これは大正6年。間違いなく、日本最初の手造り煉瓦隧道は和歌山にあり。この謎解きの迷宮にご招待します。

 

テーマ:日本最初の村民手造の煉瓦トンネルー紀の川市指定文化財「旧池田隧道」−

ナビゲーター:武内雅人(元和歌山県文化遺産課主幹/元和歌山大学客員教授)

日 時:平成24年10月19日(金) 18:30~20:00頃

場 所:和歌山大学まちかどサテライト(和歌山市本町2-1 フォルテワジマ6階)

対 象:中学生~一般

参加費:無料(ただしお茶代100円)

定 員:20名(先着順)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

    (当日参加申込み可)

     FAX:073-488-2889

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

※終了後、懇親会を予定しております。こちらもあわせてご参加ください。

 

1019歴史カフェ.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2012年09月06日 17:38

 

8月の歴史かふぇのご案内です。

第3回目の歴史かふぇは、和歌山大学紀州経済史文化史研究所(教育学部)の海津一朗先生を案内人に、「天下統一をはばんだ鉄砲伝来ー世界の紀州鉄砲初めて物語−」をお届けします!

 

「アジアの海」の研究が進んで、倭冦集団の実態がわかってきたために世界史の立場から雑賀衆や根来衆があらためて注目されています。倭冦の王直や降倭沙也可を存在にして、新しい紀州戦国史をお届けします。

 

テーマ:天下統一をはばんだ鉄砲伝来ー世界の紀州鉄砲初めて物語−

ナビゲーター:海津一朗(教育学部教授)

日 時:平成24年8月6日(月) 13:30~15:00頃

場 所:和歌山大学まちかどサテライト(和歌山市本町2-1 フォルテワジマ6階)

対 象:中学生~一般

参加費:無料(ただしお茶代100円)

定 員:20名(先着順)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

    (当日参加申込み可)

     FAX:073-488-2889

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

0806歴史カフェ.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2012年07月11日 13:10

6月の歴史かふぇのご案内です。

第2回目の歴史かふぇは、和歌山大学紀州経済史文化史研究所(教育学部)の米田頼司先生を案内人に、「天下の公園、和歌の浦」をお届けします!

 

五代紀州藩主から八代将軍になった吉宗は、将軍になってほどなく、鷹場の造園整備を始め、享保2年(1717)の隅田川堤を手始めに品川御殿場、飛鳥山、中野と続きます。江戸とその周辺の園地整備(名所づくり)ですが、その整備方針には庶民への開放ということが明確に位置づけられていました。飛鳥山では、桜を中心にした植栽と茶屋の設置が行われ、整備後はこれを庶民に開放しました。こうした施策は日本における公園設置の先駆とされています。18世紀前半のことですが、世界的に見ても先駆的なことでした。

ところが、最近の研究で、江戸に先立って紀州の和歌の浦では、藩が整備した施設が庶民に開放され、公園的利用が行われていたことが明らかになってきました。紀州和歌の浦は、世界に先立つ公園であったのです。どうしてこのような状況が、他ならぬ紀州和歌の浦では成立したのでしょうか?みなさんとともに考えてみたいと思います。

 

テーマ:天下の公園、和歌の浦

ナビゲーター:米田頼司(教育学部教授)

日 時:平成24年6月7日(木) 13:30~15:00頃

場 所:和歌山大学まちかどサテライト(和歌山市本町2-1 フォルテワジマ6階)

対 象:中学生~一般

参加費:無料(ただしお茶代100円)

定 員:20名(先着順)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

    (当日参加申込み可)

     FAX:073-488-2889

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

0607歴史カフェ.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2012年05月08日 10:39

まちかどサテライトでは、今年度より偶数月に「歴史かふぇ」をおーぷんします!

歴史かふぇとは、歴史関係研究の専門家と地域の人たちが、飲み物片手に気軽に歴史について語り合う場です。

 初回は「天下の和歌祭 ~獅子舞・御船歌ワークショップ~」をテーマに、吉村旭輝学芸員(和歌山大学紀州経済史文化史研究所)が案内人を務めます。

和歌祭は元和8年(1622)に創始された紀州東照宮のお祭りです。日本には地域の神社のお祭りから、さまざまな市民フェスティバルまで多くのお祭りがあります。その中でも和歌祭は徳川家康を祀る全国に数百とある東照宮のお祭りの中で、藩をあげた大祭として全国的にも非常に有名なお祭りでした。特に民衆に開かれた藩内の全ての人が参加できるお祭りとして、今なお江戸時代の姿を継承しているのは全国でも唯一だと言えます。今回は概要を紹介した上で、和歌山大学が復興にかかわった練り物の唐船の御船歌と今年復活を予定している渡り物の獅子舞のワークショップを行う予定です。

 

テーマ:天下の和歌祭 ~獅子舞・御船歌ワークショップ~

案内人:吉村旭輝(和歌山大学紀州経済史文化史研究所学芸員)

日 時:平成24年4月17日(火) 18:30~20:00頃

場 所:和歌山大学まちかどサテライト(和歌山市本町2-1 フォルテワジマ6階)

対 象:中学生~一般

参加費:無料(但し、お茶代100円)

定 員:20名(先着順)

申込み:メールまたはFAX。

    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上お申し込みください。

    (当日参加申込み可)

     FAX:073-488-2889

     E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

歴史カフェ0417.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:公開講座 歴史かふぇ

2012年03月23日 09:22

1