地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:和大

こんにちは!初めまして!

 

0616_wadainocafe.JPG

2016年6月16日、南海和歌山市駅近くのカフェ「Tomato」さんで今年度1回目の「ワダイノカフェ」が開催されました!

ワダイノカフェとは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

今回は、これまで「宇宙」や「歴史」、「情報デザイン」などテーマ別で開催していたカフェを統合し「ワダイノカフェ」にリニューアルされた記念すべき第1回でもありました!

 

1回目のテーマは「プロジェクションマッピング~色彩や質感が変化!光投影による見せかけの操作~」

 

初回のゲストスピーカーは、和歌山大学システム工学部准教授、天野 敏之先生。

話の聞き手となるホストは、同学部准教授で地域連携・生涯学習副センター長の床井浩平先生です。

さて、テーマパークや市役所・城など、いつもの場所や建物が光による映像投影だけでショーと化すことでよく知られる、プロジェクションマッピング。

皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

0616_wadainocafe02.JPG

 

天野先生の研究技術は、演出だけでなく、視覚の補助も行われます。

「その場に置いてすぐ投影」というのが特徴で、対象物はより身近なものを、技術はより最先端なものを用いて、独自の研究をされています。

 

例えば新聞や、何の変哲もない印刷物。
目的に合わせて光を当ててあげるだけで、文字がクッキリ表れたり、写真がよりカラフルになったり、はたまた紙の質感が変わったり。

そのもの自体は何も変化していないのに、光だけで違って見えます。

より進んだものとして、少し工夫をした印刷をすることで、

同じ人の顔が、喜怒哀楽などの違った表情で見えるという技術もあります。

(先生曰く「人間の視覚についての研究があるからこそ、この技術が生きる」そうです。)

 

2016_wadainocafe03.jpg

 

プロジェクションマッピングの強みは、光。

ショーを観ている訳ではないのに、まさに、今この場で光の魔法を見ているようで、わぁ…とつい驚きの声や歓声が上がりました。

さらに、眼の病気や2色性色覚を持つ方たちにも、この魔法の力が発揮されます。一旦スキャンしてから映像を合わせるショーの演出で見るものと違い、

物を動かしても、その時その場で判断して光が投影される、追跡システムも備わっているため、より日常で使うことができます。。

今回の体験で使われたのは片手サイズほどの小さな機械でしたが、本当に高機能です!

 

プロジェクションマッピングの技術と芸術

先生は冒頭で、「皆さんにとってプロジェクションマッピングは、技術ですか?それとも芸術ですか?」と私たちに質問されました。

ここまで話した内容は、ほとんどの方が挙手された“技術”なお話。

次は、“芸術”に近づくお話で、2つの対象物が出てきました。

 

2016_wadainocafe04.jpg

 

一つは書道。文字の芸術家である書家の書を通して伝えたいことを、光によって字の輪郭を強調するなど、表現をサポートすることで、より分かりやすく伝えられます。

芸術に興味があるものの少し敷居が高いな、と私自身感じることが多いのですが、先生の技術があれば、より分かりやすく親しめるのでは!と、嬉しかったです。

 

もう一つは西陣織。あらかじめ横糸に金箔や銀箔が用いられているため、光をキラキラと反射し、立体感のある華やかな美術品になります。

 

これらは、先生がご用意してくださった動画だけでも変化がわかるので、実際に観るともっと感動が高まりそうでした!

 

最後の質疑応答などの時間では、様々な質問を丁寧に答えて下さったり、話し方こそ穏やかでしたが、先生の信念や夢など、思いの強さが伝わるお話もして下さいました。

私自身も刺激を受け、ますます勉学などを頑張る励みを頂きました。

 

次回は7月14日(木)、「食と農」についてです。

 

今後もさまざまな分野の先生方に、たくさんお話していただく予定です!

大人の方々はもちろん、親子でのご参加や学生さん、興味のある内容への一度だけの参加や、当日の飛び込み参加なども大歓迎です。

ぜひ、最先端の現場の先生方の生のお話を、直接聞きにお越しください。たくさんの方にご来場いただけますことを、心より楽しみにお待ちしております!

 

<スタッフ挨拶>

今回より学生スタッフが、当日のアシスタントと後日レポートを務めさせて頂いております。
学生スタッフの私としましては、第1回を無事に終えられたこと、本当にホッとしております。

至らない点も多かったことと思いますが、暖かく見守って下さり有難うございました。これからも精進して参りますので、よろしくお願い致します。

 

文責:経済学部3回生 上島彩花

この日の土曜楽交は「和歌山CMづくり」!

教壇に積まれている柿やみかんに、みんな興味津々です。

どんな授業になるのでしょうか?

 

まずは2つのグループに分かれて、和歌山パズルを組み立てます。

市町村ごとに1つのピースとなっていて、全部で30つあります。

和歌山のどの辺りにどの市町村があるのか、覚えているかな。

20151031 まちど0008.JPG20151031 まちど0014.JPG

グループのみんなで協力して組み立てることができたので、あっという間に完成しました!

和歌山の市町村の場所はバッチリだね!

 

次に先生は小さな旗を取り出し、みんなに配ってくれました。

20151031 まちど0027.JPG

旗にはパンダやみかんなど、和歌山の有名なものの写真が載っています。

パンダやみかん、那智の滝などなど・・・

どれがどのまちの有名なものか分かるでしょうか。

20151031 まちど0033.JPG20151031 まちど0030.JPG

グループで相談しながら、先ほど組み立てた和歌山パズルに旗を差していきます。

ぱっと見ではなかなか難しい写真もありましたが、分からないところはちゃんと先生に教えてもらって完成!

和歌山にもたくさんの有名なものがあるということが分かりました。

 

和歌山の有名なものを勉強したところで、いよいよCM作りに挑戦!

和歌山の魅力をたくさん伝えられるCMを考えてみましょう。

20151031 まちど0044.JPG20151031 まちど0052.JPG

こちらのグループはみかんを使ってPRします。

みかんを美味しそうに食べる動画を使ったり、手書きのスライドを作ったりしました。

20151031 まちど0065.JPG20151031 まちど0053.JPG

一方こちらは、ホワイトボードに絵を書いてPR写真を撮ったり、和歌山パズルのピースと旗を使って梅を紹介したりしました。

 

iPadのアプリで、撮った写真や動画を1つにつなげて、CMが完成!

20151031 まちど0073.JPG

できあがったCMは、教室のスクリーンに映してみんなで鑑賞しました。

どちらのグループのCMも上手く工夫されていて、和歌山の魅力と雰囲気が伝わってきました。

みんな上手に作れたね!

 

 

土曜楽交第3クールは、これにて終了。

第4クールは11月14日から、和歌山市役所にてスタートします。

第4クールもお楽しみに!

第3クール4回目の土曜楽交!テーマは「おもしろくてためになる社会科学習☆」

「今日は何をするのかな?」と、みんなワクワクしながら来てくれました。

20151024 まちど0001.JPG

授業の前に、先生の自己紹介。

担当の先生はこちら↓ 教育学部で社会科の先生になるために勉強している学生さんです。

20151024 まちど0003.JPG20151024 まちど0004.JPG

今日の授業は「歌がるたで遊んで、百人一首を楽しく覚えよう!」

ということで、まずは百人一首と歌がるたについて勉強します。

20151024 まちど0006.JPG

百人一首とは何なのか?百人一首は歌がるたとどんな関係があるのか?

など、色々なことを先生から教わりました。

昔の人の貝殻を使った遊びが、今の歌がるたの原型だそうで、何百年も前の遊びが今でも親しまれているなんてびっくりですね。

 

百人一首と歌がるたについて勉強したら、お待ちかねの歌がるた作り!

配られた紙に、和歌の書かれたカードが印刷されています。

20151024 まちど0012.JPG20151024 まちど0023.JPG

手を切らないように気をつけて、カードの枠に沿って1枚1枚ていねいに切り取っていく子どもたち。

20151024 まちど0028.JPG

切り取った紙を台紙に張り付けると・・・

20151024 まちど0031.JPG

カラフルな歌がるたが完成!

 

早速できあがった歌かるたで遊んでみよう!

先生も混ざって、いざ勝負!

手を頭に置いて・・・

20151024 まちど0047.JPG20151024 まちど0037.JPG

先生が読んだ札とペアの札を取り合います。

 

歌がるたは、和歌の全句(5・7・5・7・7)が書かれた読み札と下の句(7・7)が書かれた取り札から成り、取った札の枚数を競う遊びです。

『取り札には下の句しか書いていないので、素早く取るのは難しいだろうな・・・。』

と思っていると、2回戦には初めの数文字が読まれたところで「取ったー!」という声を上げる子が!

す、凄い・・・!

20151024 まちど0039.JPG20151024 まちど0045.JPG

その後も、みんなで楽しくかるた遊びをしました。

今日作った歌がるたは持って帰って、ぜひ家族で遊んでもらいたいです。

 

今日の土曜楽交はここまで!

次回はいよいよ第3クール最終回。10月31日(土)に開催です!お楽しみに!

今回は教育学部の理科実験教室で実験工作キャラバン隊のお兄さん、お姉さんからおもしろい科学実験を教わりました。

 

1時間目は「大気圧で遊ぼう!」。

まずは先生が、実験のお手本を見せてくれました。

20151017 まちど0009.JPG20151017 まちど0013.JPG

空き缶を水につけ、ガスコンロで熱します。

そしてもう一度空き缶を水につけると・・・。

20151017 まちど0015.JPG20151017 まちど0016.JPG

パンッ!という大きな音とともに、空き缶がつぶれました。

大きな音にびっくりする子どもたち。

20151017 まちど0022.JPG20151017 まちど0026.JPG

大気圧という「空気がものを押す力」を利用しているんだと先生が教えてくれました。

絵を使って説明してくれたので、とても分かりやすい!

 

空き缶を使った実験が終わると、今度は風船と透明の箱が出てきました。

20151017 まちど0028.JPG

風船を箱に入れて箱の中の空気を抜くと・・・

20151017 まちど0034.JPG20151017 まちど0040.JPG

なんと風船がみるみる膨らんでいきました!

なるほど、風船の内側の大気圧が外側より大きくなるからなのですね。

 

ここまで大気圧を勉強したところで、実際に空き缶をつぶしてみました。

20151017 まちど0067.JPG20151017 まちど0062.JPG

難しい実験でしたが、みんな上手く空き缶をつぶすことができました!

これで大気圧がどんなものなのかバッチリです。

 

 

2時間目は「光の不思議」。

蛍光灯などの白い光は、どうやってできているのでしょう?

実は「光の三原色」と呼ばれる赤・青・緑の光が混ざり合うと白く見えるのです。

20151017 まちど0114.JPG

本当に白く見えるのか・・・実際に赤・青・緑の色の光を混ぜて、何色になるか実験!

三色の光が混ざり合い、見事に白い光が出来上がりました!

 

また、混ざった光を分けることもできるそうです。

20151017 まちど0123.JPG20151017 まちど0124.JPG

分光シートを通して蛍光灯の光を見ると、虹色に輝いて見えます。

みんな夢中になってしまいました♪

 

きれいな光をいつでも体験できるように、持ち歩ける分光鏡も作りました!

20151017 まちど0139.JPG

厚紙を筒状にして、小さい分光シートを筒の片方の先に貼り付けます。

もう一方の先の覗き穴をあけたら完成!

これで気になる光を好きなだけ分光して楽しんでくださいね。

 

本日の土曜楽交はここまで!

次回は10月24日です。お楽しみに!

第3クールの2回目、今日のテーマは『オリジナル和歌山カルタづくり』です。

 

まずは実際にカルタで遊んで、ルールを覚えてます。

20151010 まちど0009.JPG20151010 まちど0011.JPG

50枚の絵札を机の上に並べて、準備完了。

先生が読み札を読み上げるので、同じ内容が描かれた絵札をできるだけ早く取ろう!

読まれる文章の頭文字が絵札に書かれているから、それをヒントに絵札を探せるね!

20151010 まちど0019.JPG

ゲームを進めていくうちに、「この「る」に似ている字は何?」という質問がありました。

指を差す先には、わ行の「ゐ」や「ゑ」の文字が書かれている絵札が。

普段はあまり見ないけれど、わ行の「ゐ」は「い」、「ゑ」は「え」と読むのだと先生が教えてくれました。

あ行の「い」「え」と発音が同じなので、間違えてお手つきしないよう気を付けないとね。

20151010 まちど0013.JPG20151010 まちど0016.JPG

文章の読み手にも挑戦。

難しい文章もあったけれど、みんな上手に読めました。

 

遊び方がわかったところで、いよいよオリジナル和歌山カルタを作成。

和歌山にちなんだ絵札と読み札を考えて、無地のカルタに書き込んでいきます。

20151010 まちど0022.JPG20151010 まちど0025.JPG

みかん、うめ、かき、きいちゃん、パンダ、那智の滝などなど・・・

思いつく限りのオリジナル和歌山カルタを作ります。

20151010 まちど0036.JPG

カラフルなカルタがずらりと並びました!

しっかりと特徴を掴めていて、とても上手です☆

 

最後は全員で、オリジナル和歌山カルタに挑戦!

20151010 まちど0045.JPG20151010 まちど0048.JPG

自分たちの作ったカルタが読み上げられる度に大はしゃぎ!

みんなで作ったカルタを使って、和歌山のものをたくさん覚えることができました。

 

今日の土曜楽交はここまで!

次回は10月17日(土)です。お楽しみに!

1