地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:地域

IMG_000720170928.jpg


2017年9月28日、「ワダイノカフェ 2017 vol.4」を開催しました。会場は、ぶらくり丁内にありますカフェ「インターラーケン」(和歌山市本町1-34)です。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

 

テーマは「観光映像と短編映画が映し出す「地域の魅力」」

今回のワダイノカフェは、ゲストに地域を舞台とした短編映画製作を行っている和歌山大学観光学部の木川剛志准教授、ホストに、木川先生の映画撮影にカメラマンとして携わっておられる同大学観光学部の尾久土正己教授をお迎えして、様々なお話をお伺いしていきます。
 

IMG_001120180928.jpg


まずは、木川先生が地域で短編映画を撮るようになったきっかけと木川先生の作品「君がいた街」についてお話下さいました。「君がいた街」は福井で残っていた地元の昔の資料から作られた作品で、その資料も見せていただきました。その資料には、今の普通の地図と同じようにどこに誰の家があるのか、またお店があるのかのようなもの等の他にも、そのお店のちょっとした情報が書かれていたり。当時の人達のデートスポットが書かれていたりもしていて、その人にとってのメモのようなものも残されており、当時の人々の生活の様子や面影を感じることができる資料でした。

その後、和歌山に来られて和歌山市のPR動画「おかえりなさい」を撮られました。
ホストの尾久土先生も撮影に携わられており、木川先生と当時の撮影の様子など裏話も振り返られて話していただきました。
続いても和歌山市を舞台にした作品「替わり目」について。「替わり目」では、木川先生が自転車で散策している時に見つけた魅力ある場所で撮ったりしたりするなどしており、普段から町並みの様子などを見て短編映画にも活かしているようでした。
木川先生のお話の後、皆で「替わり目」の鑑賞会を行いました。
そして、最後にはなんと新しく撮る短編映画の情報を教えて下さいました。和歌山市にある七曲市場を舞台にした映画なのだそうです。どのような映画になるのか今からとても楽しみです。

地域の映画を撮る事で、そこに住んでいる人達も気付いていなかったような魅力を引き出せるし、その魅力を色んな人に発信していける。そんな観光映像・短編映画に魅力を感じた1時間半でした。

★和歌山大学がお送りする、気軽に大学の先生とおしゃべりできる「ワダイノカフェ」のご案内★

ワダイノカフェとは

IMG_001420170722.jpg


ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや和歌山大学のキャンパス内などで行っています。


 

9月のテーマは「観光映像と短編映画について」

2017年度第4回は、和歌山大学観光学部准教授の木川剛志先生から、観光映像についてのお話を伺いたいと思います。
現在、地方創生、インバウンド、DMOと観光をめぐる新しいキーワードがどんどんと広がるともに、それらの事業を広く伝える“観光映像”に注目が集まっています。観光映像は種々様々。政府観光局が作る大規模な予算のものもあれば、地域の有志が集まって手弁当でつくったものもあります。
地域を舞台とした短編映画製作を行ってきた木川先生から、観光映像の魅力を伺い、和歌山のこれからの魅力発信について考えてみたいと思います。
 

詳細

日 時:平成29年9月28日(木) 18:30~20:00
場 所:インターラーケン(和歌山市本町1丁目34)
対 象:中学生~一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定 員:20名程度(先着順)
申込み:申込フォーム、メール、FAXで
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20170928_wadainocafess.jpg

印刷用PDFファイルはこちらから→【web用】20170928_wadainocafe.pdf

IMG_000120161116.jpg

2016年11月16日、和歌山市万町4にある「シェアキッチンPLUG」で「ワダイノカフェ 2016 vol.6」を開催しました。

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。

テーマは「『地元』を選ぶ理由とは?-暮らしと地域の関係性」

第6回のワダイノカフェでは、2016年1月に着任された和歌山大学COC+推進室の友渕貴之先生と、地元就職・Uターン・Iターンなど様々な居住歴を持つ30代前後の地域住民の方々をゲストに和歌山で暮らすことについてお話を伺いました。

初めに友渕先生や地域住民の方々の和歌山に来るようになった経緯をお話いただきました。その後、参加者の方々にも自身の居住歴をグラフで書いて、和歌山に住まれた様々な経緯を皆で比較しました。
IMG_004520161116.jpgIMG_006020161116.jpg
生まれてからずっと和歌山で過ごしている人や結婚を機に和歌山に来られた方などさまざまな方がいらっしゃいました。和歌山に住む事になった経緯を比較してみる事で和歌山市に若者を呼び込むきっかけを見つけられるのではないでしょうか。
後半は、和歌山について2つのグループに分かれて意見を出し、それぞれのグループでどのような意見が出たのか発表しました。和歌山の良い面も悪い面もでていました。

今回のワダイノカフェを通して、「自分の転機を改めて考えることができてよかった」「和歌山を少し知れたような気がします」など改めて自身の事や和歌山について見直すきっかけになったようでした。

\和歌山大学プレゼンツ。気軽に先生とおしゃべりできるちょっと知的な「ワダイノカフェ」のご案内/

 

ワダイノカフェとは

ワダイノカフェは、さまざまな領域で活躍している和歌山大学の研究者と一般の方々が、飲み物を片手に気軽にちょっと知的な会話を楽しむコミュニケーションの場です。場所は、和歌山市内のカフェや大学キャンパス内などで行っています。

IMG_0033a.JPG

 

今回のテーマは、「暮らし」と「地域」のお話

2016年度第6回は、1月に着任された和歌山大学COC+推進室の友渕貴之先生と、多様な居住歴(地元就職・Uターン・Iターン)を持つ30代前後の地域住民をゲストに、和歌山で暮らすことについてお話を伺いたいと思います。
和歌山では若者の県外流出が課題と言われて久しいですが、一方で「和歌山に住みたい」「住み続けよう」という30代前後の若者も少なくありません。彼・彼女らが和歌山に定住しようと思ったきっかけは何でしょうか。
東日本大震災後の集落で復興まちづくりの研究および実践活動をされていた友渕先生の、東北の復興まちづくり事例からみる教授打ちの選択基準のお話とあわせて、和歌山で暮らすことについて考えてみたいと思います。

 

詳細

日時:2016年11月16日(水) 18時30分〜20時30分ごろ
場所:シェアキッチンPLUG(和歌山市万町4 ニューリチャードビル1階)
対象:中学生〜一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定員:15名(先着順)
申込:メールまたはFAX
   FAX:073-427-7616
   メール:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20161116_wadainocafe.jpg

PDFはこちらから ⇒ 【web用】20161116_wadainocafe.pdf

1