地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:宇宙ミッション

11月27日、今月2回目の宇宙カフェを開催しました。
ナビゲーターは観光学部准教授で宇宙教育研究所副所長でもある中串孝志先生。
テーマは「あなたが作る「宇宙ミッション・来たる10年」ロードマップ」

PB270240.JPG

宇宙ミッション?ロードマップ?なんだか難しそうな感じ…

というわけで、まずは中串先生に宇宙ミッションについてお話していただきました。
PB270248.JPG

宇宙ミッション関連のニュースって結構あったのご存じですか?
大きいものから小さいものまでいろいろありますが、最近では、だいち1号とUNIFORM-1打ち上げ成功やUNIFORM-1が御嶽山撮影に成功など、和歌山大学関連のものあります。
そのほか、民間ロケット「アンタレス」の打ち上げ失敗、ロゼッタの子機のPilaeが彗星に着陸成功、火星行き宇宙船のデザインで慶応大院生が優勝、惑星命名キャンペーン開始……などなどたくさんありました。
(個人的には惑星命名キャンペーンが気になるところ)

こういう宇宙ミッションは誰が考えて、どう実行しているの?って思いますよね。
内閣府やJAXA、そのほか実際にモノをつくる民間など多くの人たちの協力によってミッションは遂行されています。

今回はいろんな事例を参考にしつつ、2つのグループに分かれて「こんなことができたらいいなぁ」「あの惑星を調査していみたいなぁ」という夢をベースに、宇宙ミッションを考えてみました。

PB270281.JPG

こちらのグループは木星の衛星「イオ」の生命探査を計画。
イオにある火山から噴火する塵や灰を採取し分析するそうです。

PB270279.JPG

一方こちらのグループは、木星、月、土星、火星…などなどいろんな案がでましたが、最終的には月を二足歩行のロボットが歩いて旗を立てるミッションを計画していました。

最後には計画書を書いて、それぞれのグループ代表が計画を発表。

DSC_0673.jpg

いろんな年代の人たちが宇宙に対する希望を話し合ってとても楽しそうでした!

話題提供くださった中串先生、ありがとうございました!

 

さて、次回は宇宙ミッションの一つ「アルマ望遠鏡」のお話を、和歌山大学観光学部からお送りいたします。
詳しくはこちらから → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/11/1226-cosmic.php

年末で忙しい時期ですが、ほんのひとときお楽しみいただければと思います。

11月の宇宙カフェ・第2弾のご案内です。

■今回のお話は「宇宙ミッションのこれからの10年」

内閣府より、新「宇宙基本計画」の素案が公表され、パブリックコメントの募集が行われます(11/21まで)。
11月30日には小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げられますが、こんなに早い動きは例外で、宇宙ミッションは通常、構想から打ち上げまで10年はかかると言われます。
つまり私たちは「次は何をする?」ではなく「10〜20年後は何をする?」と考えなくてはいけません。
しかも巨費を投入して実現させるわけですから無関心ではいけませんよね。
そこで今回は、10年程度を目安に、みんなで「宇宙ミッションの来たる10年」計画を作ろうと思います。
 

 

テーマ:あなたが作る「宇宙ミッション・来たる10年」ロードマップ
ナビゲーター:中串孝志(観光学部准教授/宇宙教育研究所副所長)
日時:平成26年11月27日(木) 18:30〜20:00ごろ
場所:ベルファン(和歌山市杉ノ馬場1-44
対象:中学生〜一般
参加費:500円(ワンドリンク付き)
定員:20名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申し込み可)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20141127宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちらから → 20141127宇宙カフェ.pdf

1