地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:液体窒素

IMG_000620171209.jpg

12月9日、まちかど土曜楽交第4クールの第3回を開催しました。会場は、和歌山市役所7階記者会見室です。

今日の先生は、和歌山大学の「実験・工作キャラバン隊」です。

 

■1時間目は「液体窒素であそぼう!」

始めは、液体窒素を使った実験をしていきます。
液体窒素は、-196℃もあるので、水分を含むものはすぐに凍ってしまいます。まずは先生が風船やバナナを使って見せてくれました。
風船は液体窒素につけると同時にしぼんでいき、バナナは固くなり釘を板に打ち付けれるぐらいにまでなっていました。
先生から固体・液体・気体について学んだら、液体窒素の実験をしていきます。液体窒素につけた葉っぱを粉々に砕いたり、先生もやったバナナの実験もしていきます。

IMG_000820171209.jpgIMG_001320171209.jpg

みんなかちこちに凍ったバナナや葉っぱに驚いていました。

■2時間目は「音波であそぼう」

2時間目は、音波、音の振動について工作しながら学んでいきます。
まずは、音の振動について糸電話を使って実験した後は、先生から音叉を使った音波の説明を聞きました。
糸電話の他にも工作で別のものを作りました。ストローをさした紙コップの上に針金モールを乗せて、ストローに声を出すと針金モールがくるくる回るようになるおもちゃでした。声の大きさや高い声、低い声で回る速さが変わったりとみんないろんなことを調べながら楽しんでいました。
IMG_002220171209.jpgIMG_002420171209.jpg

最後に、時間があったのでみんなで糸電話で遊びました。4個の糸電話を交わらせて8人でちゃんと糸電話ができるか挑戦していました。
結果は、ちゃんと出来ていたようです。みんなもとても楽しそうに糸電話をしていました。
IMG_002620171209.jpg

本日の土曜楽交はここまで!

次回は、12月16日(土)です。
お楽しみに!

■6月25日、まちかど土曜楽交第2クールがスタートしました!
場所は第1クールに引き続き、和歌山大学松下会館です。

本日の先生は、「実験・工作キャラバン隊」のみなさんです。

IMG_000120160625.jpg

■1時間目は、「液体窒素であそぼう!」
まずは、液体窒素に関する勉強を実演を交えながらしていきます。

IMG_001620160625.jpgIMG_002120160625.jpg

液体窒素は-196℃で、バナナやミカンも一瞬で凍らせてしまいます。凍ったバナナで釘を打つ様子には、子供たちも興味津々でした。

液体窒素を使って凍るもの、凍らないものをみんなで仕分けしていき、凍るものの共通点を見つけました!
続いて、葉っぱが凍る前と凍った後の変化をみんなも体験しました。

IMG_002520160625.jpgIMG_002820160625.jpg

はじめは握っても柔らかく曲がるだけですが、液体窒素にいれてから握ってみるとパリパリに割れて砕けてしまいました。
子供たちも、この葉っぱの変化を自分で体験して楽しんでいる様子でした。

■2時間目は、「デンプンをさがそう!」
ヨウ素液がデンプンに反応して紫色に変色するという事を利用して、デンプンを含むものを探していきます。

IMG_004320160625.jpgIMG_005220160625.jpg

「やっぱりこれ、紫色になったー」「全然色変わらへん」などヨウ素液の反応に対して子供たちの楽しそうな声がたくさん聞こえてきました。

最後に、ヨウ素液を使ってぬり絵をしました。

IMG_006220160625.jpgIMG_006520160625.jpg

オリジナルのぬり絵がたくさん出来上がり、とても楽しそうでした。

本日の土曜楽交はここまで。

次回は、7月2日(土)です。お楽しみに!

1