地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:神山徹

11月7日、40回目となる宇宙カフェを開催しました。
今回のナビゲーターは独立行政法人産業技術総合研究所の神山徹(こうやまとおる)さん。
なんと、5月に打ち上げられたUNIFORM-1が撮影した写真解析を行っている方です。

cosmic01-1.jpg

まずはUNIFORMの簡単な説明から。
UNIFORMは「森林火災の早期発見」という使命を持って、5月にだいち2号とともに打ち上げられた小型衛星。
宇宙から地球の写真を撮り地上局へと送信しています。

この宇宙カフェでもパブリックビューイングをしたり、UNIFORMの電波を受信するアンテナ運用のお話を聞いたりしています。

cosmic02.jpg

今回のお話はUNIFORMそのもののお仕事のお話。

UNIFORMが撮る写真には2種類あって、一つは私たちが普段見ているのと同じ可視光カメラで撮影したもの。もう一つは熱赤外線カメラで撮影した温度が分かるものです。

熱赤外線カメラで地上の森林火災など温度の異常を捉えたら、ほぼ同時に撮影した可視光の画像と照らしあわせてその場所を割り出しているそうです。

9月末に噴火した御嶽山の様子もUNIFORMは写真撮影していました。
その写真解析のお話も聞くことが出来て、参加者のみなさんも興味津々。

最後には熱赤外線カメラで記念撮影!
20141107-02_BOLVIS.png

各々アツいものを持ったり、冷たいものを持ったり…
物によって写り方が違うのでおもしろかったです。

神山さん、遠いところお越しいただきありがとうございました!

 

さて、次回は11月27日(木)に開催いたします。
今度は「宇宙ミッションのこれから」について、中串先生とお話したいと思います。
詳細はこちら → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/11/1127-cosmic02.php

カテゴリ:活動報告

タグ:UNIFORM 宇宙カフェ 御嶽山 熱赤外線 神山徹

2014年11月12日 10:48

11月の宇宙カフェは特別編を含めて2本立て!

第1弾は…

第40回特別企画「UNIFORMが見る地球」です。

■UNIFORM-1って?

UNIFORM-1は、和歌山大学が代表機関をつとめるUNIFORMプロジェクトの第1号超小型衛星。
5月24日に打ち上げられた「だいち2号」に相乗りする形で打ち上げられました。

▼関連記事はこちら
5月24日の宇宙カフェはロケット打ち上げのパブリックビューイング2
6月6日の宇宙カフェは「UNIFORM-1」のその後のお話

 

■今回のお話はUNIFORM-1が送ってくれたデータから地球を読み解く

UNIFORM-1は現在宇宙から地球の写真を撮り、そのデータを地上局へと送信しています。
先日発生した御嶽山の噴火に際して、その翌日には噴火口を熱赤外線で撮影し、温度の上昇している場所を救助や災害対策に役立ててもらえるよう可能な限り早く関係各所への伝達を行いました。

今回はUNIFORM-1が撮影した写真の解析を行っている、神山徹さん(独立行政法人産業技術総合研究所)をお招きし、「熱赤外線」って何?どうして熱赤外線で温度の上昇を調べることができるの?というギモンにUNIFORM-1が見る地球の姿を通してお答えいただきます。

 

テーマ:UNIFORMが見る地球
ナビゲーター:神山徹(こうやま とおる)さん(産総研特別研究員)
日時:平成26年11月7日(金) 18:30〜20:00ごろ
場所:フリースペースT-LABO(和歌山市美園町5-4-2)
対象:中学生〜一般
参加費:200円(ドリンク付き)
定員:30名程度(先着順・要申し込み。当日残席があれば参加申し込み可能)
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

20141107宇宙カフェ.jpg

 

PDF版はこちら→20141107宇宙カフェ_40.pdf

カテゴリ:お知らせ

タグ:T-LABO UNIFORM 公開講座 宇宙カフェ 御嶽山 神山徹

2014年10月17日 09:00

1