地域とのコミュニケーション・ステーション

最新の記事

カテゴリ別記事一覧

月別記事一覧

XML

タグ:観望会

今年度初めの宇宙カフェは、いつもの和歌山市を飛び出して粉河の山崎邸で開催!

築まもなく100年を迎える山崎邸の2階にある傘の間で、宇宙に思いを馳せる…そんな回でした。

■山崎邸って?

yamazaki.jpg

JR粉河駅から徒歩3分くらいの距離にある古民家。
1917年に棟上げされ、今年で98年。
当時は紀北紀中を中心に綿ネルと呼ばれる綿織物の生産加工で全国でも有数の産地だった和歌山県。
その綿ネル生産向上を持ち、朝鮮半島方面への販売で財を成した山崎家の邸宅だったところです。

お家の中も、お庭もとってもよい雰囲気!

IMG_00192015.JPGIMG_0021.JPG

詳しくはこちら

■山崎邸の傘の間から宇宙を望む

今回宇宙カフェを開催したのは2階の傘の間。
上を見上げると傘の骨のような天井が広がっています。すごい…!
IMG_00072015.JPG

山崎邸が生まれた約100年前の宇宙。つまり100光年向こうの宇宙には何があるの?といった話や、中央の電気を太陽に傘の間の円(直径3.6m)を地球が回っていると仮定すると、100光年先はどのあたり?など、この場所ならではのお話が盛りだくさん。
話題は尽きることなく、あっという間に1時間半が過ぎて行きました。

■夜には玄関先で観望会

宇宙カフェのあと山崎邸内にある「創cafe」さんで休憩したあと、玄関先で観望会を行いました。

IMG_0023.JPG

IMG_0033.JPG

日の入した18時半過ぎからゆるゆると月や金星を観察。
暗くなってからは木星やふたご座、春の大三角などを観察したりお話を聞いたり。

IMG_0068.JPG

望遠鏡で見る月はすごくきれいでした!!

午後から夜まで長時間に渡った宇宙カフェ。
遠くからご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

また、快く会場をおかしいただきました山崎邸および創cafeさん、ありがとうございました。

次回はまた和歌山市内に戻っての開催です。
詳しくはこちらから→5月の宇宙カフェ〜私たちは見た!最北の島から皆既日食報告〜

4月の宇宙カフェのご案内です。

今月はなんと!いつもカフェを開催している和歌山市を飛び出して、
粉河にある古民家「山崎邸」で開催します。

 

■古民家の趣きのある空間で感じる宇宙のひととき

1917年に建てられ、まもなく築100年を迎える粉河の旧家山崎邸。
この100年の年月を基準にして宇宙を考えると、いつもの天文学の話とは違った感じ方になるはずです。

また、山崎邸の2階には宇宙カフェのために用意されたと勘違いしたくなる丸い天井の部屋があります。
今回の宇宙カフェはその丸い天井の部屋を会場にいつもと違う視点で宇宙を感じてみましょう。

なお、当日は天気が良ければ、月や木星を望遠鏡で楽しんでもらいます。木星は星空の中を12年間で1周しています。ということは、山崎邸が出来てから木星は8周しているということになります。

築約100年の山崎邸で"宇宙を感じる"ひとときをお過ごしください。

 

■詳細

テーマ:100年の時を越えて〜山崎邸から宇宙を望む
ナビゲーター:尾久土正己(和歌山大学観光学部教授/宇宙教育研究所)
日 時:平成27年4月25日(土)
    宇宙カフェ 15時〜16時30分
    カフェタイム 16時30分〜18時(山崎邸内、創-HAJIME-cafeをご利用いただけます)
    観望会 19時〜
場 所:山崎邸(紀の川市粉河853-3)
    マップはこちら http://goo.gl/xSxqqL
対 象:中学生〜一般
参加費:無料(ただし、カフェ利用は実費でお願いします)
定 員:20名程度 先着順・要申込み 当日残席があれば参加申し込みも可
申込み:メールまたはFAX
    「お名前」「ご連絡先(自宅・携帯電話)」をご記入の上、お申込みください。
    FAX:073-427-7616
    E-mail:machikado@center.wakayama-u.ac.jp

 

20150426宇宙カフェ.jpg

PDF版はこちら
20150426宇宙カフェ(圧縮)_v2.pdf

中秋の名月だった9月8日、宮井平安堂の宮井ホールで宇宙カフェを開催しました。

今回のナビゲーターは中串孝志准教授(宇宙教育研究所/観光学部)
そして特別ゲストに明石市立天文科学館の井上毅さんをお招きしました!

DSCN4889.JPGIMG_4258.JPG
(ゲストの井上毅さん(左)と中串先生)

実は今回の宇宙カフェは、ぶらくり丁周辺の複数の飲食店と和歌山市駅前・京橋を会場に行っていた「お月見カフェ」の1会場でした。
 

この「お月見カフェ」は和歌山大学観光学部科学文化ゼミ生の企画で、今回の宇宙カフェの企画も同ゼミ所属の学生が考えたものです。

 

▼いつもと違う!音楽の生演奏付き宇宙カフェ!

この日の宇宙カフェは、女声合唱やアルトサックス、ピアノの生演奏を間にはさみつつ、中串先生や井上さんのトークがあるという特別編成。
DSCN4830.JPG
(オープニングは女声合唱で「Fly me to the moon」)

第1部は音楽と中串先生の「ちょっとした月のお話」

DSCN4841.-1JPG.JPG

月の基本的な情報やクレーターがなぜできるのかなどお話してくださいました。
そのほか会場と座談会的に自由に話をする時間も。

第2部は冒頭にご紹介した、明石市立天文科学館の井上さんをゲストに、中串先生と井上さんのトークショー。
中秋の名月の不思議をお話いただきました。

音楽を聴きながら宇宙の話を聞くなんて、なんて贅沢なんでしょう!
いつもとは違う雰囲気に参加者の方もとても楽しそうでした〜。

中串先生、井上さんありがとうございました!
次回は10月16日、ナビゲーターは富田晃彦先生です。
詳細はこちら → http://www.wakayama-u.ac.jp/machikado/2014/09/1016-cosmic.php

 

▼お月見カフェ、ほかの会場は?

・名月観望会@京橋プロムナード
IMG_4271.JPG

尾久土正己教授が天体望遠鏡で月を見る「観望会」を実施。
雲ひとつないきれいな空に浮かぶ月の表面をみることができました!
観望会の様子を見て、バスを途中下車して立ち寄ってくれた方も。

・お月見団子カフェ@ぶらくりキッチン
IMG_4298.JPG

自分でお月見団子を作って食べながら、月の話も聞けるお月見団子カフェ。
大人も子どもも楽しめる企画でした!

・音楽カフェ@インターラーケン
IMG_4344.JPG
3組の音楽団体がそれぞれステージを披露。
会場は若いお客さんが多く、盛況でした!

・宇宙人カフェ@PLUG
IMG_4314.JPG

宇宙人による宇宙人のカフェ。
宇宙人は地球語が話せないというハンデ付き。
今回の企画の中で(よくもわるくも)一番話題になっていました(笑)

・キャンドルカフェ@こりすカフェ
IMG_4324.JPG

宇宙人カフェの隣で行われていたとってもオシャレなカフェ。
店頭では好きな色のロウを混ぜあわせてオリジナルのキャンドルも作っていました。
店内はキャンドルの灯りでほんのり照らされていて良い雰囲気でした。

・名月観望会@和歌山市駅前
IMG_4340.JPG

こちらの観望会はみさと天文台の方々のご協力で実現しました。
電車やバスから降りた人たちが興味深そうに望遠鏡を覗いていました。
こちらは約200人の方が立ち寄ってくれたそうです!

また来年、中秋の名月にはこのようなイベントができればなぁと思います。

1